ウサイン・ボルト選手〜プラス1歩が勝負〜 2012/8/4

スタートのときのプラス1歩

ウサイン・ボルト選手の動きの分析から、プラス1歩のたいせつさを教えられました。陸上100mで、選手たちが走る距離は実際には100mではありません。100mにおよそ1歩を加えた距離を走るのです。

陸上100mではスターティングブロックを使用することが規則で決められています。しかも、スターティングブロックはスタートラインのうしろに置かなければいけないのです。

こういった規則のために、両足をスタートラインからうしろに離れたところに置いてスタートすることになります。スタートラインから足までの距離は、およそ1歩分です。おわかりでしょうか。100m競走では、選手たちは100mに1歩を加えた距離を走っているのです。100mの記録は、100mプラス1歩の合計時間だというわけです。

ロンドンオリンピックの陸上男子100mの優勝者は、1つの条件さえクリアできれば、ウサイン・ボルト選手で間違いないといわれています。その条件とは、プラス1歩が速いということです。私も、その通りだと予想しています。

時速38キロで走るボルト選手は、100mを誰よりも速く走ることができます。ところが、スタートのときのプラス1歩が遅いという欠点を持っているのです。

プラス1歩の速さは反応時間で決まります。反応時間は、ピストルの発射音を聞いてからスターティングブロックに力を加えるまでの時間のことです。ちなみに反応時間が0.1秒以内だとフライングになります。0.1秒は人間の反応時間の限界だと考えられているからです。
北京オリンピック陸上男子100m決勝でのボルト選手の反応時間は、0.165秒でした。残りの選手たちの反応時間は0.14秒ほどなので、ボルト選手の反応時間の遅いことがわかります。

ロンドンオリンピック陸上男子100mでのボルト選手の見どころは“プラス1歩”にあります。プラス1歩が速ければ、金メダル獲得は確実でしょう。でも、ボルト選手はプラス1歩が速くしようとしてフライングすることがあるのです。フライングぎりぎりの速さでプラス1歩の時間を短くできれば、9秒58の世界記録更新もありうるような予感がします。

話は変わりますが、一般の20歳代の男女がボルト選手と競走したら、どれくらい差がつくと思いますか。計算したところ次のようになりました。

ボルト選手がゴールしたとき、一般の男性は67m地点、女性は48m地点を通過するところです。ボルト選手はとんでもない速さで走っていることをお分かり頂けたと思います。

PR情報

記事一覧

減量の極意〜睡眠ダイエット〜

「寝る子は育つ」といいますが、睡眠は発育に効果があるだけではありません。実は、睡眠は脂肪を減らして減量する効果もあるのです。 脂肪がたまって太るいち…

2012/11/12

減量の極意〜二の腕を引き締める〜

体のたるみの主な原因は、筋肉が弱くなることです。筋肉が弱くなると体を引き締める力も弱くなり、たるみが現れてきます。体を引き締めたければ、筋肉を強くす…

2012/11/4

減量の極意〜太ももを引き締める〜

ウォーキングを続けると皮下脂肪や内臓脂肪が減って、体が細くなります。たいていの人は、細くなったことで満足しています。しかし、細くなればよい、というわ…

2012/10/21

減量の極意〜お腹を引き締める〜

見栄えをよくしたい、細身の衣服を着たい、モデルスタイルになりたい・・・・、さまざまな夢を描いてお腹を引き締めたいと願っている人は数多くいます。この記…

2012/10/11

ひざ痛予防

アスリートたちの鍛え抜かれた肉体は、見るからに頑強そうです。確かに、少々乱暴に扱っても壊れることのない強い体の持ち主たちです。ところが、「えっ、本当…

2012/10/2

ジョギングで貧血!!

「ジョギングで貧血になる」ということをご存知ですか。 ジョギングは、ウォーキングと同様に、肥満・高血圧・脂質異常を予防し、心臓や血管を丈夫にする効果…

2012/9/21

減量の極意〜1日5食がよい〜

「体重を増やしたくない!でも、食事の量を減らすのは嫌だ!」 食べる量を減らさないで体重を減らしたい、とは何と身勝手な願いでしょうか。体重を気にしてい…

2012/9/10

減量の極意〜筋トレを加える〜

鍛え抜かれたアスリートたちの体に余分な脂肪が少ないのは、筋トレを行っているからです。筋トレは、自分の体重やダンベルなどのような重さを筋肉にかけながら…

2012/8/31

減量の極意〜余分な体脂肪を減らす〜

アスリートの中には、体重を減らすことを義務づけられる者がいます。たとえば柔道やウェイトリフティングのように体重制がある種目では、体重が規定よりオーバ…

2012/8/26

骨を丈夫にするには「ジャンプ」を毎日しましょう!

脚の骨が弱いと、関節に変形がおきて痛んだり、骨折したりします。 高齢者の場合、脚の骨が弱いことが寝たきりの原因になることもあります。足の骨が折れると…

2012/8/19

1〜10 / 15件 次の10件

プロフィール

18

中京大学スポーツ科学部教授および中京大学大学院体育学研究科教授。

現在、中京大学スケート部部長として、所属している浅田真央、小塚崇彦選手らフィギュアスケート選手の教育にもあたっている。ハンマー投げ金メダリスト室伏広治選手は湯浅ゼミの出身者。

「運動中に水を飲むとスタミナが落ちる」と教え込まれ、一滴の水も飲まないで運動を続けた人は多いと思います。

もちろん、これは間違いです。運動中の水分補給は持久力の維持に必要なことです。一部の指導者の経験だけに基づいて指導されていたかつてのスポーツ界では、こういった間違いがまかり通っていました。

しかし、1964年の東京五輪をきっかけに、科学的根拠に基づいたトレーニング法に関心を持つ研究者が増えてきました。こういった人たちがスポーツ科学を学ぶ後継者を育ててきました。私もその後継者の一人だと信じています。

私がスポーツ科学を学び始めて45年になります。この間、私が大切にしてきたことはこのブログの内容でもある、スポーツ科学の目を通してトップアスリートたちの心技体を解き明かすこと、そしてトップアスリートから元気になる秘訣を学ぶことです。

幸いにも、数多くのトップアスリートたちと触れ合う機会に恵まれ、もったいないほどの成果を得ています。

このブログを通して、トップアスリートたちから贈っていただいた成果を多くの人たちにおすそ分けできればと思います。

ピックアップ

  • 中日ボイス
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
26 ℃/--
東京
曇り
20 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
25 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集