信長の尾張支配研究に重要な、天白元屋敷遺跡発掘調査の見学会 2015/1/13

奥に見えるのが守山高校ですから、その広さが分かるはず

小牧山城のお話をちょっとまたお休みして、今回は去る1月10日に名古屋市内、守山区中志段味の「天白元屋敷遺跡発掘調査」の見学会と説明会に行ってきたご報告を。

現地説明会の様子

名古屋市の最高峰、東谷山のある志段味地区は長く手付かずの自然、里山風景が残っていた場所でしたが、ここ20年ほど区画整理事業が続けられ、よくある住宅地の風景へと大きく変貌しています。

またこの地区は古代に尾張氏が住んだとされ、国史跡の志段味古墳群があることでも知られています。名古屋市も30年のオープンを目指し、歴史の里として古墳など史跡公園の整備を進めています。

この地域の一角の中志段味字天白、字元屋敷という地区(県立守山高校の東あたり)に弥生時代末期からの集落遺跡が発見されましたが、それが天白元屋敷遺跡とよばれるものです。ここ二年の調査面積だけでも1万6225平米という広大な面積の遺跡です。

一級河川庄内川沿いのこのあたりは、東谷山と高座山(春日井市高蔵寺町)の間から庄内川が平野へ流れだした扇状地に位置しており、遺跡は古代から中世、戦国期にかけての川湊の跡ではないかと考えられています。

庄内川は尾張中心部を流れ伊勢湾まで続いており、古くから物資の流通路でした。この遺跡のあたりから上流は急流になりますから、船で来ることのできる最も上流に位置する流通拠点ではなかったのか、と考えることができます。

出土した瀬戸美濃陶器の天目茶碗など

発掘調査では奈良時代と南北朝時代の埋蔵物が最も多く出土しており、その多くが陶器であって、半分以上が美濃や瀬戸のもの。それから想像できるのは、ここから遠くない多治見方面や瀬戸方面の陶器が、この川湊に集められて出荷されていったということでしょう。

幅6〜8mの区画溝で囲まれた、南北約110m、東西約100mの大型区画がわかり、そこには大型建造物の跡も発見され、お経の書かれた木片の固まりなども出土しています。

お経の書かれた薄い板の固まりも出土

この辺りを中世頃に支配していたのは「水野氏」という一族で、この遺跡も水野氏に関連する史跡ではないか、と考えることもできそうです。さて若き信長と水野氏の関係といえば、知多半島緒川(東浦町)の水野信元(家康の叔父)が思い浮かびますが、その水野信元一族のルーツはこの辺りにあるという話もあります。

この遺跡は資料がほぼ無く、信長との関連もわかりませんが、信長が瀬戸焼を保護したことはよく知られており、となれば、当時何らかの関係があったであろうことは想像に難くないところです。

愛知東邦大学非常勤講師の高木傭太郎氏は、信長が小牧山城に移転したことも、ここへの陸路と関係があるのでは、また美濃攻略における焼きもの地帯の掌握の論点にも関連するのでは、さらには信長の茶への理解とこの遺跡の主は関連するのでは、と、この遺跡の重要性を指摘しています。このように信長による尾張支配の研究にとっては、かなり重要な遺跡ではないでしょうか。

さらに発掘による調査が進んでもらいたいところですが、残念ながら中志段味土地区画整理組合から委託を受けた名古屋市の外郭団体「名古屋まちづくり公社」が文化財保護法や土地区画整理法で義務づけられた保護手続きを行っておらず、結果として今年度末で調査は終了、来年度には破壊されて調整池にされてしまうとのこと。

信じられないことですが、すでにこれまでも約4割の土地が不法造成されて、埋蔵されていた土器などが破壊されているそうです(中日新聞既報)。手続きミスと公社は述べていますが、近くに大型スーパーも進出予定で、なんだか納得しにくい話しですね。

庄内川堤防からの眺め

古代の志段味古墳群は昨年10月26日に国史跡の指定をうけて保護される中、信長に関連するかもしれない中世の遺跡が「役所の手続きミス」で破壊されるということは、どうにも残念で悲しい話です。一般公開はされていませんので、現地に行っても近くを見ることはできませんが、北側の庄内川堤防道路から、遠景を眺めることは可能ですので、お時間ある方はおでかけください。

PR情報

記事一覧

信長の祖父、信定が攻めた貿易湊、津島の姿

若き信長は新興中小企業の三代目ともいうべき身分でした。信長の弾正忠家創業者ともいえそうな信長の祖父、信貞は経済力を獲得すべく1524年(大永4年)ごろまで…

2018/5/29

画期的な内容の「愛知県史 通史編 中世2・織豊」ほか、地元歴史本が続々刊行中

3月30日付けで「愛知県史通史編3中世2・織豊」が愛知県から発行されました。少し協力させていただきましたので、さっそく目を通すことができました。 通史…

2018/5/3

信長の家、弾正忠家の家系に関して、新しい解釈が登場

織田信長はいわゆる三英傑の中では比較的ちゃんとした血筋の人です。素性のまったくわからない秀吉、先祖が何者かわからない「松平」家康と比べると、信長の場…

2018/4/17

大須萬松寺に信長の父、信秀の墓が新しく作られました

名古屋市の繁華街大須にある亀嶽林萬松寺(名古屋市中区大須3−29−12)。この寺は織田信長の父信秀が自らの菩提寺として、那古野今川家から奪い取った那古野城…

2018/3/15

いままでにない、桶狭間合戦の戦況に関する新説が発表されました

5年ほど前に、インターネットに「かぎや散人」という人のホームページがありました。そこでは尾張時代の織田信長に関して、信長公記に書かれてある事柄の大部…

2018/2/15

歴史好きの目から見た名古屋城天守閣木造復元の問題点

1月28日に名古屋市中区の鯱城ホールで「名古屋城天守閣木造復元」シンポジウムが開かれました。参加してみましたが、入り口で反対派がビラを配り、会場でも反…

2018/2/5

「信長公記 天理本 首巻」から新たな若き信長像が見えてくる

前回、信長家臣太田牛一による信長の記録、信長公記には様々なバリエーションがあると書きましたが、太田牛一の自筆と考えられるもので15巻が揃って現存してい…

2018/2/2

信長を知るにはとにかく『信長公記』を読むしかない

この連載のネタ本であり、信長のことを語る上では欠くべからざる史料が信長公記です。信長公記は信長の死後に信長の家臣が書き起こした信長の一代記で、これな…

2018/1/6

10年をかけた岐阜城信長居館の発掘調査、ついに終了

岐阜城、信長公居館発掘調査、平成29年度現地説明会が12月9日にありましたので、行ってきました。こちらの発掘調査は岐阜市教育委員会によって10年かけて行われ…

2017/12/13

小牧山城でまた新たな大発見がありました。現地説明会は11月18日一日限りです!

信長の城として、歴史がどんどん書き換わっていると言ってもいい小牧山城の発掘調査、今年も大変なことになっています。 主郭地区第10次発掘調査で、北西の急…

2017/11/14

プロフィール

15

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
30 ℃/--
東京
曇りのち晴れ
25 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
28 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集