超新星爆発と藤原定家 その2 2015/1/28

安倍泰俊が調べ、藤原定家によって明月記に記された、客星のページ

藤原定家の命により、時の陰陽師、安倍泰俊は、過去における客星出現の事例を洗い出し報告。定家は、それを明月記に記した。そのなかにカニ星雲の元となった超新星爆発が含まれていたのだ。(赤枠)

カニ星雲の元となった客星(超新星爆発)の項

赤枠の文は以下のようになる。

後冷泉院・天喜2年四(五)月中旬(1054年5月20日〜29日以後の丑の時、客星觜・参の度に出ず。東方に見わる。天関星に孛す。大きさ歳星の如し。

これを現代文に訳すと、

1054年6月中旬以降の夜中に、超新星がオリオン座(觜・参)の上の東方に見え、おうし座ζ(ゼータ)星のそばで輝く。その明るさは木星(歳星)と同じだった。

オリオン座の北、おうし座の右の角の先のζ星(天関星)のそばに超新星は現れた

明月記によると、天喜2年(西暦1054年)参(オリオン座の三ツ星)の北の觜(オリオン座の頭)のさらに北の、天関星(おうし座の右の角の先)のそばに、客星が現れたとある。そこは、まさにカニ星雲が淡い光を放っている位置である。

つまり、日本の古典「明月記」からカニ星雲の元となった超新星爆発の年代が特定できたというわけだ。

このできごとは後に、中国の宋書天文史・客星の項目にも同じような記述が見つかった。それによると、客星は23日間昼間でも見え、22ヵ月後に見えなくなったと言う。また、北アリゾナで11世紀に使われたとされるアメリカインディアンの廃墟からも、この超新星を描いたとされる壁画が見つかっている。

このように、一見天文学とはかかわりのない文学作品からも、天文学上の貴重な現象が発見されることがしばしばある。つまり昔の人々は、星空に畏敬の念を抱き、天文現象と生活をともにしていたと言うことがよくわかる。

すばる望遠鏡が撮影したカニ星雲
PR情報

記事一覧

2017年11月13日 朝焼けの中で金星と木星が超大接近!

明るくて目立つ惑星たちが、互いに接近して、私たちの目を楽しませてくれることがあるが、11月13日、朝焼けが始まった東の低空で、金星と木星が超ニアミスをす…

2017/11/8

今年は最高の条件!21日(土)-22(日)はオリオン座流星群を見よう!

●ハレー彗星を母天体に持つオリオン座流星群 オリオン座流星群は、あの有名なハリー彗星を母天体の意持つ流星群。オリオン座流星群が、10月21日から22日にかけ…

2017/10/20

今年は10月4日!「中秋の名月」の日は必ず「仏滅」って知ってた?

今年もまた秋風とともに月の光が美しい季節が廻って来た。中秋の名月の風習は、奈良時代に中国から渡って来たと言われるが、日本人は十五夜に限らず月を愛でる…

2017/9/29

見えた!神秘のコロナ〜アメリカ皆既日食〜

★劇的な日食 日食とは、月が太陽と地球の間に入り込むために、月が太陽を隠してしまう現象である。つまり、日食は太陽-月-地球が一直線に並ぶ新月のときに起こ…

2017/8/29

8/13(日)の明け方がピーク!夏の風物詩ペルセウス座流星群を見よう!

★8月13日ペルセウス座流星群が極大 ペルセウス座流星群は、1月のりゅう座ι流星群、12月のふたご座流星群とともに、流星群の中で最も活発な流星群のひとつである…

2017/8/11

今年最大の天文ショー!8月8日の部分月食を見よう

8月8日の明け方、2015年4月4日に皆既月食が起こって以来、2年4ヶ月ぶりに月食が日本で見られる。今回は部分月食だ。 月を食べると書いて「月食」。いったい誰…

2017/7/29

晴れるかな?明日7月7日は七夕です

★もうすぐ七夕祭 現在は、七夕は7月7日にお祭りするのが当たり前になっているが、実は7月7日の七夕は言ってみればリハーサル。本番はその後にやってくる。 「…

2017/7/6

6月上旬ころ 巨大惑星木星・土星が見ごろに

4月8日には木星が、6月15日には土星が衝となり、夜9時ごろ南の空を仰ぐと、南西には-2.2等の木星が、南東の空には0等の土星が光って、夜空を一層にぎやかにして…

2017/6/2

かみのけ座って知ってる?

5月の宵、南の空には、うみへび座がのたりのたり這い上がって、その全貌を見せている。その長さは100゜にもおよぶ。長さはもちろん、1303平方度という面積も全…

2017/5/7

宵の南東の空で木星が明るい

4月1日の宵の西空で、おうし座の1等星アルデバランが、四日月に隠される現象が起こった。当日はあいにくの曇り空だったが、雲間から月がちらほら。肝心の月に隠…

2017/4/8

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
雨のち晴れ
15 ℃/--
東京
雨のち晴れ
14 ℃/--
大阪
曇り一時雨
15 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集