私たちの課題 2016/7/25

【静観】
みなさん、こんにちは。今日は、いま私が最も重視しているというか、考えている問題について一緒に話し合ってみましょうか。

【楚羅】(そら)
先生でも、まだ考えることがあるんですか?

【静観】
もちろんありますよ。人間、死ぬまで勉強ですからね。

【嵯智】(さち)
これで良いと思った時点で進歩は終わりになるって言いますからね。

【柚里】(ゆり)
先生でも前に向かって勉強していらっしゃる訳ですから、私たちなんか、そうなんだ! って、わかったような顔をして、結論出しちゃダメですね。

【楚羅】
ところで、先生がいま考えてることって、どんなことなんですか?

【静観】
そう言われるほど新しい話ではないんですが、気功を多くの人たちに楽しんでもらい、それで健康に役立てて頂くためにはどうすれば良いのかなぁってことを考えてるんですよ。

【嵯智】
それって、いわゆる気功を学び深めていく手順としての「かんかんかんさいれん」ではだめなんですか?

【柚里】
なーに、その「かんかんかん…」っていうの。

【楚羅】
それは、ワタクシめがお話しましょう。えっへん。

【静観】
おっ、頼もしい。

【楚羅】
えー、気功の練功にはですねー、放鬆(ほうしょう)、意守、貫気、採気、練丹などといった方法がありましてね、それは、体を緩める、気を感じる、体内で気を貫くように動かす、外から気を採り入れる、丹田の気を練るということでありまして、その意味を表す漢字を続けると「緩、感、貫、採、練」になるのでありまして、ようするに「かんかんかんさいれん」と申しますのは、気功の練功の手順のことなのであります。こんな風でよろしいでしょうか?

【静観】
素晴らしい! よくまとまっていましたよ。

【嵯智】
で、多くの人に気功を広めるのには、その手順ではだめなんですか?

【静観】
いいえ、だめということではないんですが、それは自主的に気功をしようと思ってしている人には大事な手順にはなるんですが、そうではなく、気功をしようと思っていない人たちにも知っておいて頂きたい、身につけておいて頂きたいものがある、それは何だろう、どうまとめればいいんだろうといったことなんですよ。

【楚羅】
気功をしようと思っていない人たちにも身につけておいて頂きたいって、どういうことですか?

【静観】
そうですねぇ、例えば、義務教育なら、誰もが行く訳で、好き嫌いは別にして、基礎学力から一定の応用まで、カリキュラムに従って勉強する訳ですから、気功で言えば、「かんかんかんさいれん」の手順で身につけていけるのですが、気功の練功は義務教育ではありませんので、誰もが学べる訳ではありません。

それでも、気功には自分の健康を維持増進するためみ、みんなに身につけておいてもらいたい内容があるんです。積極的に気功を学ぼうとしていない人たちにも身につけておいて頂きたい技があるんですよね。

人間が生きていく上で誰もがしているような、例えば、ご飯を食べたり、お風呂に入ったり、トイレに行ったり、洗濯したり、靴を履いて歩いたりなどと同じように、生きていく上で必要な「自分の心身のバランスを調える技」としての気功を身につけておいた方が良いのではないのかなぁといったことなんですよ。

【嵯智】
つまり、特に積極的に気功教室に通って、気功を学ぼうとしていない人たちにも、生きていく上で身につけておいた方がよい技があり、それをどう普及していけば良いのかってことですよね。

【静観】
その通りです。

【嵯智】
で、先生は、どんな風に考えていらっしゃるんですか?

【静観】
誰もが身につけておいた方が良い技として、いま考えているのは、次の4点です。

1つは、肩の力を抜き、背骨と体内をゆるめる「スワイショウとふぁんそんテクニック」
2つ目は、足腰を強化し、丹田力をつける「タントウ」
3つ目が、体内の緊張や痛みを緩和する「気功流軟酥の法」
4つ目が、体内に生気と気力を蓄える「採気法」の四つなんですよ。

【楚羅】
スワイショウとタントウは気功の技の中の基本の基本ですよね?

【嵯智】
上虚下実の自然体をつくる基本ね。

【柚里】
上虚下実って?

【嵯智】
今度は私が…。

【静観】
お願いします。

【嵯智】
上虚というのは、上半身がリラックスした状態のことで、言わば、肩の力が抜けている状態のことでね、下実というのは、下半身がどっしりした状態のことで、腹が据わった状態、足が地に着いている状態のことなんですね。

そして、その上虚下実の状態が自然体ということであって、いつでもその状態になれる技がスワイショウとタントウなんですよね。こんな風でよろしいでしょうか。

【静観】
はい、その通りです。

【楚羅】
そのスワイショウとタントウの基本の他に、先生は「ふぁんそんテクニック」も加えてましたよね。それにはどんな理由があるんですか?

【静観】
その話は少し難しいし、スワイショウとタントウの話ももう少ししておきたいので、また次回にということで、今日は終わりにしませんか? みなさんは、一日一度はスワイショウとタントウを続けていって下さいね。

【全員】
はーい!

PR情報

記事一覧

気功実習体系・11〔皮膚呼吸〕

胴体などでの皮膚感覚や皮下の感覚、体内感覚が体感できて来た人は、気功の醍醐味である体内での気の運気(気を巡らせること)や自然界の気を採気し、丹田に収…

2018/11/5

気功実習体系・10〔逆式腹式呼吸法〕

気功で用いる呼吸法ですが、気を巡らせる貫気法などは胸式呼吸でも腹式呼吸でも、その練習に合わせて自由にすれば良いのですが、自然界(宇宙)の気を体内に採…

2018/10/29

気功実習体系・9〔順式腹式呼吸法〕

気功の三要素に調身、調心、調息というのがあり、呼吸を調えるという課題は気功にとって大事な要素なのですが、だからと言って、呼吸法の練習をメインに練功す…

2018/10/15

気功実習体系・8〔丹田充実法〕

丹田という場合、一般的には下腹の中を指していますが、気功では丹田を三つに分けているのです。丹田は気(エネルギー)を蓄え育てるところという意味なので、…

2018/10/1

気功実習体系・7〔気功流手当て・2〕

前回の続きですので、1に引き続いて実習して下さい。此処から先の手当ては、体内感覚を体感するための体性感覚を開発していく取り組みになりますので、体内に…

2018/9/17

気功実習体系・6〔気功流手当て・1〕

◆ラクに坐り、両手を合わせ、ゆっくり手を擦り合わせましょう。 掌の皮膚一枚だけをそっと擦り合わせるようにして下さい。 ◆手の動きを止め、掌の皮膚の感覚を…

2018/9/10

気功実習体系・5〔ふぁんそん掌と気のボールづくり〕

気のボールづくりは、気の感覚を初めて体感するという感動的な体験になり、そこが気功の入り口だと言っても過言ではありません。 その〔気のボールづくり〕の…

2018/9/3

気功実習体系・4〔坐式での背骨ゆらし・前後〕

この前後ゆらしの実習においては、背骨の揺れと同時平行的に体の前側の皮膚の感覚と体内の感覚を体感する練習も加えています。特に、前側の皮膚の感覚の体感は…

2018/8/27

気功実習体系・3〔坐式での背骨ゆらし・左右〕

この技は如何に背骨をゆるめていくかという様々な取り組みの中で形作られてきた技法で、ふぁんそんテクニックの中では〔すわり金魚〕と名付けている技法です。 …

2018/8/20

気功実習体系・2〔踏み込みタントウ〕

妙な作品名になりましたが、ただタントウする(杭のように立つ)だけではなく、片足ずつ足の裏に体重を落とし、足の裏で床を踏みつけていくという足の使い方の…

2018/8/6

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師

1993年から、栄中日文化センターにて「癒しの気功法」の講座を担当させて頂いています。

他に、鍼灸院「和気」(名古屋市中村区)にて鍼灸(はり、おきゅう)の治療をしています。

また、愛知県立名古屋盲学校の非常勤教諭として、専攻科の学生たちに鍼灸と気功の技を指導しています。

昨年の9月から、月に一度、京都の妙心寺大心院にて東日本大震災復興支援のための「元気のつどい」という気功の講習会もしています。

和歌山県出身、日本福祉大卒です。趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなどです。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
19 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
16 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
19 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集