「デスラビッツ」部長(神崎晃さん(38))の野望 2016/7/31

夏だね! ギラギラ照りつける太陽、地面から蒸し返す熱気、こもる湿気がボクたちメルヘンのいきものにとっては命取りの季節、みんな元気で過ごしてるかな?

今日は、そんな「夏がキビしいいきものつながり」の、ステキなメルヘンお兄さんのお話だよ。

ボクが大好きな「デスラビッツ」は、「えみちゃん」「ゆずちゃん」「かりんちゃん」の夢見るキラキラ中高生(2013年の結成だから、その頃はまだ小中学生)3人組と、夢にまで出てきそうな地獄コスチュームを身にまとったオトナ「(運営レコード会社の)部長」で結成された異色グループ。

左から 「部長」 「ゆず」「えみ」 「かりん」 。ゆるキャラ1体と3人のかわいい女の子のユニットだよ!

(どうせ、オトナが話題作りのための飛び道具で、あんな格好してふざけてるのでは・・・)って思いながらライブを観たらビックリするよ。

ヘヴィメタルの激しさにアイドルソングの可愛らしさが組み合わさった、すごく覚えやすくて初めて聴いても楽しくなれる曲を、幼い声でもカッコいい抜群の歌唱力を持った女の子たちと本格ハードコアのデスボイス(ヴゥォォォォォ〜!!! みたいな感じをイメージしたらだいたい合ってる)担当の部長とで、ポップとハードのキャッチボールをしてるような(ボク自身でも表現が良くわからないくらいステキだということ)スゴイ音楽。

人それぞれ捉えかたは違うだろうけど、ボクが誰かに説明する時には「マキシマム ザ ホルモンとBABYMETALの真ん中みたいな感じ」って説明してる。

そして、デスラビッツを語る時に外せないのが曲と曲の合間のトークの面白さ。勘違いメガポジティブの部長を、3人のメンバーとお客さんで罵るスタイルのやり取りがとっても楽しくって、デスラビッツがステージに出てくる最初から最後までがショーになってるの。

歌ってる時のお客さんの動きや掛け声も含めて、ファンが一緒に作っている「デスラビッツ軍ショー」って気がするよ。

3人の可愛らしい声と部長のデスボイスがマッチして、ヘビメタなのに思わず聴き入ってしまうステージ

そしてこれも、「デスラビッツならでは」だと思うのだけど、デスラビッツの曲の激しい部分(主に部長パート)なんかは、普通のライブハウスだったらお客さんがダイブ(人の上に乗る)したり、モッシュ(前に押し寄せる)したり、とても暴れたいポイントだと思うのだけど、ボクが見た限りではデスラビッツのライブでそういう光景は一度もなくって、むしろ座ってじっくり曲を聴くポイントがあったり、女の人やキッズでも前の方で安心してライブを観ていられたり、とにかくファンの人たちがとても優しいんだよ。

ファンの気質っていうのは、アーティストに左右される(パンキング持論)から、きっとデスラビッツが出してる空気がそんな感じなんだと思うね。

ボク個人的には、デスラビッツの音楽は、日本を飛び出して世界で活躍してる「BABYMETAL」みたいな人気に、いつなってもおかしくないって思ってる。そんな憧れの存在だったんだ。

こんな他にないコンセプトを思いついたのは誰なのか、そしてデスラビッツの象徴(本人談)「部長」さんはどんな人物なのか、きっとみんなも知りたい(多分)と思って、このまえ会いに行ったんだよ。

こんな怪しいコスチュームだけど部長はとっても気さく。そして素顔は超イケメン好青(中)年

−−−−−

部長
「(手もみしながら)部長に話を聞きたいってのは、なにか色々と良くわかってるねパンキングふふん♪」

パンキング
「いや、あの・・・そういう訳では・・・でも、デスラビッツはスゴいなってずっと思ってて、アイドル&コスチュームおじさんの構図とか、曲やステージの方向性とか、あんなおもしろいことは誰が?」

部長
「部長が作りました!」

パンキング
「ってことは公式プロフィールの通り、レコード会社の部長さんが3人組アイドルを担当することになって・・・」

部長
「そう、星の数ほどアイドルさんいらっしゃるからね。その中に埋もれないようにって部長が立ちあがったの。」

パンキング
「ああ! そこはホントの話だったんだね。そもそも部長、ずっと前から今のレコード会社でデビューするのを狙ってたの?」

部長
「いや、部長はね、今の会社(ジーアングルレコーズ)の前にはパチンコ屋の店長から始まって、制作会社だったりデザイン会社だったり、最後は広告代理店にいたり、色んなところを転々とした破天荒な人生だったんだよ・・・」

パンキング
「破天荒な生き様だろうな、とはなんとなく思ってた・・・ 今の会社は平社員から?」

部長
「あ、最初から部長」

パンキング
「最初から部長って・・・そんじゃ前の会社ではなかなかのポジションにいたんじゃないの? 広告代理店ってどこ?」

部長
「ゴ(超)ニョ(大)ゴ(手)ニョ」

パンキング
「((((;゚Д゚)))))))!!! ・・・それは確かに・・・最初から部長コースだね・・・」

部長
「とにかくそんな風に職を転々としながら、ずっと趣味でハードコアをやってたんだ。音楽が大好きでね。だけどハードコアはお金にならないからね・・・そろそろ落ち着いて安定した職に就こうと思って、そうしてたどり着いたのが今の会社で」

パンキング
「お話にいろんな矛盾があるけど、ずっとハードコアやってて前職のエリートサラリーマンから転身してきたってのはわかった」

部長
「この会社でも最初は、制作やブッキング、打ち合わせ・・・って普通の仕事をしてたんだけどね。落ち着いて定職について土日休みの生活になるはずが、アイドル活動のおかげで土日一切なし・・・」

パンキング
「そのヤバいコスチュームでいこうと思ったのはなんで?」

部長
「部長はハードコアの現場ばかり行ってたからね。ハードコアはお客さんがダイブしたりモッシュしたりで暴れるから、自分の身やお客さんを守るためにもこの格好は仕方ないんだ!」

パンキング
「はあ・・・なるほど・・・ そんな恵まれた体格(部長は身長190cmくらいありそうな超イケメン)で学生時代はなんかスポーツとかやってなかったの?」

部長
「本当は格闘技とかやりたかったけどね。身長ある分、足腰に負担がかかるみたいで、膝と腰のヘルニアのおかげでスポーツ界隈は諦めたよ。今も腰と首が限界でライブは命がけだね。
学生時代はBUCK-TICKやLUNA SEAから始めて、コーンやマリリン・マンソンのコピーバンドやったりして、音楽ばかりやってんだ」

こんな暴れん坊スタイルだけど部長は格闘技はやらない

パンキング
「音楽一本! すごいね! ってことは、やっぱりデスラビッツの曲は部長が軸を作るの?」

部長
「そう、部長が曲のたたきを作るんだけど、それを優秀なサウンドプロデューサーに渡すと、出来あがってくるのは全然違う曲なんだよ・・・3人のメンバーの『もっとポップがいい』『キラキラしたのがいい』『叫ぶのやだ』『激しいの嫌い』って意見を上手に汲み取っちゃうから。部長、本当はバッキバキのハードコアで行きたいのに」

パンキング
「それ、素晴らしい融合じゃないか・・・」

部長
「確かに、それが良くも悪くも『JAPANESE DEATH POP』というジャンルを先駆けてることになってるらしいから文句は言えない。。。今回、CD買っていただいた方に『部長が作ったまんまの曲』をダウンロードできる特典をつけたんだけどね、変なことにそれが『ボツ曲』ってなってるんだよ。これはおかしいんじゃないかと部長はいつも思っているんだ・・・」

パンキング
「部長もアーティスト志望だったんでしょ? 曲の中に部長のしっとりソロパートを増やしたり、なんだったらバラードのソロ曲とかやりたいって思う時はないの?」

部長
「ある! もちろんある! ・・・でも制作チームが「ノー」って言うし、ファンのみんなも部長への憧れが強すぎて、素直に応援してくれないと思うんだなー。だからそれはまだまだ先だね」

パンキング
「ステージ上だけじゃなくって、部長の扱いは普段からそんな感じなんだね・・・」

部長
「メンバーは部長のことを神々しい男性として見ているから、緊張の裏返しであんな風にいじるんだよ!! まぁ。。。ちょっと真面目な話をすると、彼女たちと歳はずいぶん違うけど、チームメイトだと思ってる。部長が怒る時も、反対に怒られる時もあって、部長の人生の半分も生きていない彼女たちから勉強させられることは沢山あるんだ。決して上から目線じゃなくって、知らないことは教えてあげる、間違ったことは気付かせてあげるというフラットなスタンスでやっているから、お互い理解し合って円滑に成り立っているのだと思うね。これは書かないで(※書いた)」

パンキング
「やっとなんだかちゃんとしたお話が!! その流れでデスラビッツの野望を教えてよ。真面目な野望を」

部長
「3人には、アイドルという括りに縛られない、テレビや雑誌・・・色んなメディアに出てくるようなタレントに育って欲しいね。そうやってお茶の間で見られるような活躍をして、国内での認知が高まったら、いずれは世界に。そうなると、部長はもうお役御免で必要ないから、その時にようやく本当の目標だったラーメン屋になることが出来る。ラーメン屋をチェーン店に育てて、不労所得で生活することを目指してアイドルをやり始めたわけだからね」

パンキング
「ダメだこの人。だけどパンキング隊のおねえさんたち言ってたよ。『部長さんって、グッズやCDを買おうと並んでるお客さんが、無理してお金を使いすぎないようにいつも気を配ってる優しい人だよ』って」

部長
「いやぁ、それはホント無理して欲しくないんだ。アイドルと接触するために、ファンの人たちに大きなお金の負担をかけちゃうの、部長は好きではなくてね。だからこの前、ちょっとした問題提起でね、沢山買ってくれた人の特典を『部長との交流シリーズ』にしたんだよ。『特典券300枚…部長と一泊二日の温泉旅行に行く権利』とかね。それなのに最近、特典券50枚の『部長とサシ飲みする権利』をゲットしたファンの方が出てきちゃって。なんだか申し訳ない気分でありながらも(部長に入ってくるバックマージンは何パーセントになるんだ!?)って楽しみな気持ちもあって・・・」

パンキング
「いい話なのに台無しじゃないか!!」
−−−−−

将来ラーメンチェーン店を展開して楽をしたい部長は、CDとラーメンをセットにするっていう、他にない・・・というか、あり得ないやり方を編み出した

デスラビッツのグッズ販売のあたりから良く聴こえてくる、部長さんの

「無理しないでねー」
「(CDを)積まなくていいよー」 【※同じCDを何枚も買うこと】

っていう声。いつもふざけたこと言っているけど、思っていた通りの誠実で優しい人だった。
お話聞いてそんなところが沢山、垣間見えたよ。こういう上司がいる会社だから、きっととってもいい会社なんじゃないかな。ふざけたことを真面目にやってるデスラビッツ、絶対今後注目株だよ!

「3人の少女とデスマスク部長(神崎晃さん(38))」
「3人のおねえさんと着ぐるみ(中の人はいない)」

ボクたちパンキング隊とちょうど正反対(?)のユニットだから、いつか、メンバー交換大会みたいな楽しいイベント、一緒にやらせて欲しいなー。

部長さん、よろしくお願いします♡

8/20(sat) SUMMER SONIC 2016 TOKYOに出演決定!!
2ndアルバム「第二次うさぎ大戦」も絶賛発売中!
アイドルの固定観念を壊し続けてきたデスラビッツならではの問題作ここに完成!
全12曲 / 1,852円+税

PR情報

記事一覧

アイドルロックシンガー葉月 「82+72=∞」  

気付いたらもう木枯らしが吹く季節・・・前回の更新が8月だから・・・いや本当申し訳ございません、またまたお久しぶり。ボク、パンキングです。 この秋は色々…

2016/11/19

王者たるゆえん 「OS☆U」

ご当地アイドルって呼ばれている「ローカルアイドル」。東京都を拠点にしているグループを除くと、全国46道府県で700組以上もいるんだって。 「愛知県のご当地…

2016/8/21

「デスラビッツ」部長(神崎晃さん(38))の野望

夏だね!ギラギラ照りつける太陽、地面から蒸し返す熱気、こもる湿気がボクたちメルヘンのいきものにとっては命取りの季節、みんな元気で過ごしてるかな? 今…

2016/7/31

アモレカリーナ名古屋とパンキング隊と世界平和

こんにちは!ぼくパンキングです。 梅雨まっただ中で、すっかり暑くなって、もう夏も目の前って感じだね。ボクも屋外のライブに出るときには真剣に気をつけな…

2016/6/26

「星乃ちろる」全力ポジティブの秘密

お・・・おひさしぶり。ぼくパンキングです。 前回の更新から約3ヶ月の間、それはもう忙しくって、パンキング隊のおねえさんたちと一緒に、ライブに出たりラ…

2016/4/23

「PANKINGOOD!!」がCDになったよ!

さてさて、今日はみんなにご報告がありまして。 パンキング隊のおねえさんたちが歌ってくれてるオリジナルソング「PANKINGOOD!!」が、とうとうCDになりまし…

2016/1/26

ネタだけでは終わらない! とっても深かった話 「アイドル教室」

みんな、遅ればせながらあけましておめでとう! 今年もボクたちパンキング隊や、日本を元気にするために頑張ってるアイドルさんたちの紹介を沢山できるように…

2016/1/23

「カレーが食べたい!」

パンキング隊のおねえさんたちが歌ってくれてるボクの曲「しんぶんのぶんしん」そして「PANKINGOOD!!」、それから東京のALLOVERが歌ってくれてる「PANKING×PUNK…

2015/12/23

ハイパーチームワーク!「アイドルカレッジ」

ステージで歌って踊ってトークをして、観ている人たちを元気にしてるアイドル。芸術や音楽でも、スポーツでも、お笑いでも、パフォーマンスを見せることで人を…

2015/11/15

おかえり!!!!ゆり丸ちゃん

とっても個性的でキレ味良くって、観てると元気が出てくるパフォーマンス&楽曲で全国的な人気を博していた二人組だったのに、「所属事務所の方針」っていうオ…

2015/10/18

プロフィール

34

達人に質問をする

こんにちは!ぼく、しんぶんのぶんしん「メクリー」のパンキング!
ぼくは夢に向かって頑張ってる子たちが大好き!応援したくなっちゃうんだ。

このブログでは、みんなを元気にするために頑張ってるぼくが大好きなアイドルさんたちの活躍を紹介したり、ライブレポートをやっちゃうよ。

そして・・・読者のみなさんのところにも、サプライズ出張で幸せを届けに行っちゃいまーす。

★スマートフォンアプリ「しんぶんのぶんしんメクリー」とは・・・?

中日新聞の朝刊からポテっと転がり落ちてきた不思議なタマゴを育てるスマートフォン用の無料アプリです。

中日新聞の題字にかざして“ごはん”を与えたり、朝刊の記事の中から出題されるクイズに答えたり、ミニゲームでアイテムを集めるなど、「こどもでも楽しみながら新聞に興味を持てる」と、ユーザー拡大中!

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
16 ℃/4 ℃
東京
晴れ後時々曇り
14 ℃/4 ℃
大阪
曇り時々晴れ
15 ℃/6 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
中日こどもウイークリー ママリポーター募集
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集