【聞珈杯】(もんこーはい) 2016/12/7

カップコーヒーとコーヒーの粉が入った聞杯

いつもありがとうございます。

今回は、当店が11月から始めた新しい「香りのサービス」を紹介させていただきます。コーヒーで最も重要な成分といえば、コーヒー豆を焙煎することによって生成する香気成分です。コーヒー生豆を加熱処理すると、いろいろな香気成分が生成されます。コーヒー豆の香り成分は800種類くらいの香りからなっているそうです。

その成分は焙煎豆中に発生する炭酸ガスと共に広がる香りと、カップから放出する香りと、エキスの中の脂肪に含まれる香味成分でなっています。

前々回にお書きしましたが、コーヒーの香りには「フレイグランス」と「アロマ」と「フレーバー」の三種類あり、それぞれ違った香りが楽しめます。

聞杯からフレイグランスの香りを聞く

その中でも、一番いろいろな香味を発生するのは、新鮮なコーヒー豆を挽いて、炭酸ガスと共に発生する「フレイグランス」という香りです。これは、コーヒーミル(グラインダー)で毎日コーヒーを挽いている方はすでに感じていることでしょうが・・・

豆売りの時に、「挽いてください」とご注文いただくと「挽いた時に出るこの香りを当店に残して頂くのはありがたいが、ミルを持てばこの香りを楽しんでいただけるのに・・・」といつも残念に思っています。

コーヒーは挽いた時に一番香りが放出されます。炭酸ガスは約4割放出されるといわれています。残りの6割は徐々に放出されていくのです。どんなに良い焙煎豆であっても、挽いてしまえば約2時間で半分程度の香りになってしまいます。

「まずはどんなミルでも持ってください、コーヒーの楽しさが倍以上広がりますよ!」と、私はいつも勧めています。コーヒー本来の香りを堪能するために、健康のために、まず一台ミルを持ってください。身体に良く、味も良く、とっておきのフレイグランスが楽しめますよ。

カップからのアロマの香りと、聞杯のフレイグランスの香り

その次は、挽いたすぐの粉にお湯を注いだ時に発生する「アロマ」という香りがあります。新鮮で挽きたてのコーヒーは蒸らした時にプクッと豆が膨らみ(炭酸ガスの効果による)、素晴らしい香りを放ちます。しかし、挽いてから時間が経っていたり、焙煎後1か月以上たった古い豆は、炭酸ガスが抜け酸化も進んでしまいますので、膨らまず香りも抜けてしまいます。

アロマの香気は、お湯を差し、鼻を近づけたときに感じる香気成分です。アロマはコーヒーを抽出している間、ずっと芳香していて、最終的にはカップの中にその香りを溜めるのです。しかし、抽出中に出るアロマと比べると、カップから漂うアロマの量はとても少なく貧弱なものです。

いろいろな聞杯がある・・・

もう一つの香り「フレーバー」は、カップより口に含んだときに感じる香気成分です。飲み込んだ後に鼻孔に広がる香りがフレーバーです。フレーバーは香りであっても、実は味「香味」なのです。試しに、鼻をつまんでコーヒーを飲んでみてください。一味足らないことに気が付くと思います。フレーバーはコーヒーには欠かせない重要な、「香り」という「味」なのです。

自分で豆から挽いて抽出して飲む方は、「フレイグランス」、「アロマ」、「フレーバー」の3種類の香りをすべて楽しむことが出来ますが、カップコーヒーを飲むだけの人は、カップから香るアロマ(抽出の時のアロマと比べるとかなり少ないのですが・・)と飲むときに鼻孔に広がるフレーバーの香りしか楽しむことが出来ませんね。

【聞珈杯】・・・手を添えてフレイグランスの香りを聞く

【聞珈杯】
珈琲の香りには、豆を挽くときに薫る「フレイグランス」、カップから香る「アロマ」、飲んで鼻孔に広がる「フレーバー」の三種類があります。それぞれの香りには、心を落ち着かせるセラピー効果(鎮静作用)があります。また、心筋梗塞を予防する効用もあるといわれています。特に、豆を挽いた時の香りは華やかで心安らぎます。一杯一杯丁寧にお淹れしたコーヒーと共に、まずは香りをお聞きくださいませ。

名古屋地区はモーニングサービスのメッカで、サラダや茶わん蒸し(?)などなど、各店争ってモーニングの充実に努めています。当店も少しだけモーニングを提供していますが、その時間が終わった後には、【聞珈杯】という香りのサービスをさせていただきます。

お客様には大変評判が良く、粉を持って帰る方も多くいます。特に、年配の方には「心筋梗塞予防」がヒットしているようです。「オリジナル聞杯を作っては?」などのお声も聞こえています。

季刊誌「四季の珈琲」43号

また、九州の喫茶店の本を数冊出版されているライターの小坂章子さんが、聞香杯を気に入っていただき、「いなほ書房」から出ている季刊誌「四季の珈琲」43号で、さっそく記事にしていただきました。そんな、とても嬉しいことが起きているのです。

コーヒーの香り三種類を同時に楽しみたい方、興味のある方は是非、香りを堪能しに来てください。心安らかに落ち着いた時間が楽しめると思いますよ。

PR情報

記事一覧

「大坊勝次さんと珈琲の話でも・・報告」

いつもありがとうございます。 7月31日、待夢珈琲店で旧大坊珈琲店店主大坊勝次さんの講演会を催しました。8月1日は名古屋栄中日文化センターの珈琲教室まで来…

2017/9/22

珈琲店、喫茶店を開業するために本当に必要なこと〜  Part2

前回記事「珈琲店、喫茶店を開業するために本当に必要なこと〜自家焙煎咖啡「ZI:ZO」開店〜」 いつもありがとうございます。 珈琲店、喫茶…

2017/8/19

珈琲店、喫茶店を開業するために本当に必要なこと〜自家焙煎咖啡「ZI:ZO」開店〜

いつもありがとうございます。 今回は恵那市にオープンした自家焙煎珈琲店「ZI:ZO(じーぞ)」が開店するまでの話を例にとり、喫茶店や珈琲店をオープン…

2017/7/17

桜井美佐子さんと珈琲の話でも・・、川口 茜漣・坂本 泰漣 二人展、報告

いつもありがとうございます。 6月5日と6日に、東京田町の珈琲店ダフニ店主桜井美佐子さんをお呼びして講座をしていただきました。5日の会場は当店と旧店…

2017/6/26

抽象画と珈琲〜書家 川口茜漣

いつもありがとうございます。お陰様で、待夢珈琲店は平成29年5月28日に開店40周年を迎えました。これもひとえに皆様方のおかげと心より感謝申し上げます。40年…

2017/6/2

本当の「自家焙煎」とは? 講座『桜井美佐子さんと珈琲の話でも・・』も開催!

いつもありがとうございます。 GWも終わり一気に暑い日になりましたね。6月過ぎると珈琲屋にとっては一番嫌な季節となります。湿度が高く蒸し暑く、焙煎後の…

2017/5/21

次に来るコーヒー第4の波?『デカフェ・コーヒー』

いつもありがとうございます。今回は、3月から商品化した「デカフェ」のお話をさせていただきます。 デカフェとは、カフェインを除去したコーヒーの事で、要…

2017/4/22

金憲鎬(キム・ホノ)作陶の色鮮やかなオリジナル聞杯

いつもありがとうございます。 早いもので桜の季節になりました。と同時に花粉症の季節でもありますね。珈琲教室の生徒さんに達にも、花粉症で珈琲の豊かな香…

2017/3/30

コーヒーの名著 Part3

いつもありがとうございます。 少し間が開きましたが、今回はとても希少で貴重な「ミニ本シリーズ」をご紹介いたします。 発行元は、「珈琲と文化」の季刊誌を…

2017/3/2

珈琲の神になった「珈琲美美 森光宗男」

いつもありがとうございます。今回は悲しいお話をしなければなりません。何回か前にこのブログでもご紹介した、私の心の師、博多の珈琲美美森光宗男氏が他界さ…

2017/1/28

プロフィール

19

達人に質問をする

日本コーヒー文化学会 理事、日本スペシャルティーコーヒー協会会員(SCAJ)、SCAJ公認 コーヒーマイスター(NO.169)、前・金沢大学講師 (文部科学省公認)

1977年岐阜県瑞浪市に「待夢珈琲店」開店、コーヒーの歴史書や専門書を読みあさり、独学で焙煎を覚え、自家焙煎の珈琲専門店をスタートさせる。

その後、世界のコーヒー産地を自らの足で回り、納得のいく優良な豆を買い付け、良質で新鮮な体に良いコーヒーを提供しています。

また、現在、中日文化センターの珈琲教室をはじめ、基礎クラスから専門クラスまで12講座をこなしています。

産地歴訪はエチオピア3回、イエメン4回、ブラジル、インドネシア、ケニア、タンザニア、ペルーなど。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
雨
15 ℃/13 ℃
東京
雨
12 ℃/10 ℃
大阪
雨のち曇り
15 ℃/13 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集