堂洞合戦のマンガが出ます! 私の講座「桶狭間合戦の真相に迫る!」も受付開始です 2017/3/4

堂洞合戦を描いたマンガ「夕雲の城」 作者は岐阜県池田町在住の渡辺浩行氏

信長の美濃攻め、とくに中濃、堂洞合戦は、信長公記でもしっかり書き込まれています。しかし、信長公記でも最近は天理本と呼ばれる別バージョンのものが、注目をあつめるようになりつつあります。天理本にはよく知られている陽明文庫本(角川書店から出版されているもの)にない記載が多くあり、4月から始まる私の「桶狭間合戦の真相に迫る!」という講座でも天理本を参考に進めようと思っています。また信長公記は他に、陽明本によく似た個人蔵本と呼ばれるものなど、様々なものがあります。

天理本の史料としての評価は様々で、信用できるという学者もいれば、小瀬甫庵の信長記に影響されているので信用できないという説もあります。ただ内容が陽明本に比べてとても詳細で面白いのは間違いないところ。戦いから100年以上あとの江戸時代に書かれた軍記物によって多くが語られている堂洞合戦では、天理本信長公記や個人蔵本をよく確認すると、これまでに知られてなかったことが色々と見えてきます。

定員40人をはるかに超える人が集まり、急遽会場を移動して開催された講座

そんな話の講演会が2月26日に美濃加茂市でありました。講師は堂洞合戦の地元、岐阜県加茂郡富加町教育委員会の山内正明さん。この連載を読んでいただいている方はおわかりと思いますので、ここで細かくは書きませんが(リンクを付けましたので過去の記事をご参考にしてください)、堂洞合戦に関して5つの新しい情報が天理本には書かれていると山内さんはいいます。

その@ 猿啄城攻めの時に、先駆けて上がった大ぼて山に信長が本陣を設営したか
そのA 加治田城から度々救援要請があったので信長は出陣した
そのB 長井隼人が攻めて来なかったのは信長別働隊が置かれていたのと、すでにかなり堂洞砦を攻められてしまっていたから
そのC 堂洞砦の岸勘解由勢は600人ほど
そのD 信長が戦いを指揮していたのは高き塚

夕田茶臼山古墳 田んぼからの高さが27m
山頂の古墳部分は木が切られているが、信長の時代もこうであったと思われる

特にDの高き塚というのは堂洞砦主郭部分から西南西に430mほど離れたところにある、標高127m・比高27mの夕田茶臼山古墳(富加町夕田地区の北洞)ではないか、と考えているそうです。山ではなく塚と書いてあるので、これはそう考えるのが正しそうです。夕田茶臼山古墳は岐阜県最古という3世紀前半の前方後円墳で、数年前に発掘調査が行われ、今は整備されて、簡単に一番上まで登れます。そこからは稲葉山城のある金華山も見えます。残念ながら堂洞砦方面は木が茂っていて見えませんが、当時の里山は木が生えていない丸裸がふつうでしたから、そこから堂洞砦攻撃がよく見えたはずです。

西を望むと遥かに岐阜金華山が見える

ということで、こうした話を盛り込んで作られたストーリー漫画「夕雲の城」と歴史解説が掲載された本が刊行されることになりました。

そしてその刊行記念イベントが3月11日の土曜日13時からタウンホールとみか(岐阜県加茂郡富加町滝田1555)で行われます。信長公記研究の第一人者、東京大学史料編纂書准教授の金子拓氏の講演と山内氏らのトークセッションがあり、入場無料ですので、ぜひおでかけください。当日は500円で「夕雲の城」が購入できます。さらに翌日の12日の日曜日にも「織田信長の東美濃攻略の意義を考える」という講演が用意されています。問い合わせは富加町教育委員会0574-54-2177です。

当日受付順だが、定員は570名なので入れないということはないはず
マンガはみのかも定住自立圏第二次共生ビジョン関連事業として作られており、他にこうした展覧会もある

それから大事な告知ですが、私が講師を務めて4月から、桶狭間に近い名鉄鳴海駅前の鳴海中日文化センターにて「『桶狭間合戦』の真相に迫る!」というタイトルで、毎月第二土曜午後三時半から講座を行います。

内容としては、天理本信長公記や様々な史料を読みながら、合戦の謎を参加者の皆さんと議論しながら進める6回講座としたいと思っています。最終回では外へ出て義元の進軍ルートを進んでみます。ぜひご参加ください。こちらは0120-538-763へお問い合わせをお願いします。

これチラシです。ホームページができたらまた告知します
PR情報

記事一覧

信長の祖父、信定が攻めた貿易湊、津島の姿

若き信長は新興中小企業の三代目ともいうべき身分でした。信長の弾正忠家創業者ともいえそうな信長の祖父、信貞は経済力を獲得すべく1524年(大永4年)ごろまで…

2018/5/29

画期的な内容の「愛知県史 通史編 中世2・織豊」ほか、地元歴史本が続々刊行中

3月30日付けで「愛知県史通史編3中世2・織豊」が愛知県から発行されました。少し協力させていただきましたので、さっそく目を通すことができました。 通史…

2018/5/3

信長の家、弾正忠家の家系に関して、新しい解釈が登場

織田信長はいわゆる三英傑の中では比較的ちゃんとした血筋の人です。素性のまったくわからない秀吉、先祖が何者かわからない「松平」家康と比べると、信長の場…

2018/4/17

大須萬松寺に信長の父、信秀の墓が新しく作られました

名古屋市の繁華街大須にある亀嶽林萬松寺(名古屋市中区大須3−29−12)。この寺は織田信長の父信秀が自らの菩提寺として、那古野今川家から奪い取った那古野城…

2018/3/15

いままでにない、桶狭間合戦の戦況に関する新説が発表されました

5年ほど前に、インターネットに「かぎや散人」という人のホームページがありました。そこでは尾張時代の織田信長に関して、信長公記に書かれてある事柄の大部…

2018/2/15

歴史好きの目から見た名古屋城天守閣木造復元の問題点

1月28日に名古屋市中区の鯱城ホールで「名古屋城天守閣木造復元」シンポジウムが開かれました。参加してみましたが、入り口で反対派がビラを配り、会場でも反…

2018/2/5

「信長公記 天理本 首巻」から新たな若き信長像が見えてくる

前回、信長家臣太田牛一による信長の記録、信長公記には様々なバリエーションがあると書きましたが、太田牛一の自筆と考えられるもので15巻が揃って現存してい…

2018/2/2

信長を知るにはとにかく『信長公記』を読むしかない

この連載のネタ本であり、信長のことを語る上では欠くべからざる史料が信長公記です。信長公記は信長の死後に信長の家臣が書き起こした信長の一代記で、これな…

2018/1/6

10年をかけた岐阜城信長居館の発掘調査、ついに終了

岐阜城、信長公居館発掘調査、平成29年度現地説明会が12月9日にありましたので、行ってきました。こちらの発掘調査は岐阜市教育委員会によって10年かけて行われ…

2017/12/13

小牧山城でまた新たな大発見がありました。現地説明会は11月18日一日限りです!

信長の城として、歴史がどんどん書き換わっていると言ってもいい小牧山城の発掘調査、今年も大変なことになっています。 主郭地区第10次発掘調査で、北西の急…

2017/11/14

プロフィール

15

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り時々雨
25 ℃/--
東京
曇りのち雨
24 ℃/--
大阪
曇り時々雨
25 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集