【第31回】ご当地スーパーで知るローカル食品の魅力 2017/3/19

春、どこか遠くに出かけたい季節の到来です。そこで提案ですが、今度の旅先では、ご当地スーパーに寄ることを計画に入れてみてはいかがでしょう? 

地方のスーパーでの買い物の利点は3つ! 
1.旅のお土産になるような商品がお手頃価格で入手可能
2.土産品店には売っていない、地元の人が毎日食べている本当の「ご当地食」に出会える
3.知られざる食の歴史に、商品を通して触れることができる


今回は、こんな素敵な3項目に当てはまる魅力に満ちたご当地品を紹介します。

【1.ご当地スーパーで買える土産最適品】

東北のベストセラー米菓
山形なのに「オランダせんべい」


米どころのお菓子らしく、米の味を生かした薄焼きサラダ味の山形のおせんべい。パッケージには、なぜか風車と木靴の女の子。その名も「オランダせんべい」と謎めいた命名の由来は、山形弁で「私たちの」を意味する「おらだ」が転じて「オランダ」になったのだとか。昭和37年の発売から55年、現在も年間2億枚を売る、東北限定のおせんべいです。

オランダせんべい 150円/坂田米菓


【2.地元スーパーならではのご当地食】

南の離島飲料
沖縄の「ゲンキクール


石垣島で製造され、その周辺でしか入手困難な貴重な、島イチオシの乳酸菌飲料。ただし、乳酸菌飲料の酸っぱさよりも、フルーツガム的懐かしい甘さと風味で、一回驚いたあとに、きっとハマる美味しさです。島の子どもはもちろん、大人には泡盛の「ゲンキクール割り」が人気。

ゲンキクール 248円/八重山ゲンキ乳業

ところで、沖縄のパック入り飲料の容量の不思議にお気づきでしょうか?
1リットルではありません。
なんと半端な946ml。
じつはこれ、1/4ガロンなんです。


【3.ご当地食で知る日本の歴史】

マルハチ印に残された
北海道の開拓の歴史


鮭の半身と野菜を豪快に鉄板で焼き、味噌だれで味付けをする、北海道の漁師めし「チャンチャン焼き」。味がよく手軽と評判の味噌だれと、北海道・函館のスーパーで出会いました。

と、気になったのは、丸枠に八の字のマルハ印。このマーク、尾張徳川の旗印で、現在も名古屋市の市章として使われているものです。メーカーの服部醸造に聞いてみると、なんと服部家のご先祖様は、名古屋尾張藩に仕えていたことが判明。明治維新で生活の基盤を失った尾張の武士たちは、尾張徳川家17代当主・徳川慶勝の命により、北海道・八雲町を開拓。自給自足の生活のなかでつくった味噌に、マルハチの印をつけて現在も販売する姿勢に、誇りを感じずにはいられません。

チャンチャン焼たれ 330円/服部醸造

ちなみに、八雲の発展に尽力した尾張徳川家19代当主・徳川義親は、あの北海道土産“木彫りの熊”の生みの親として知られる人物として知られています。


【ご当地スーパーで知るローカル食品の魅力】

こんな魅力にあふれたローカル食品のお話、ここに書ききれないほど、たっくさ〜〜〜んあります。
というわけで、この続きを知りたくなった方に、4月からの講座のお知らせです。

話ばかりではなく、実際にご当地食を試食しながら、知識欲と食欲の両方で満足していただけます!
ご予約はお急ぎを!!

※掲載の商品はすべて税別価格です。

PR情報

記事一覧

【第35回】八ヶ岳南麓の“太陽と水のユートピア”「ひまわり市場」

山梨県のスーパー「ひまわり市場」で地元の人々を笑顔にしているのは、富山県岩瀬浜漁港から直送されるキトキトの魚や確かな腕の職人が握る上質な寿司。さらに…

2017/7/14

【第34回】逗子の名家・鈴木家のおもてなし 地元を愛し地元に愛されるスーパー「スズキヤ」《後編:一族の魅力》

食料品などの小売り店として創業115年の「スズキヤ」。鎌倉、逗子、葉山エリアに欠かせない地元を代表するスーパーマーケットとして、地域の生活を支えています…

2017/6/23

【第33回】逗子の名家・鈴木家のおもてなし 地元を愛し地元に愛されるスーパー「スズキヤ」《前編:商品の魅力》

古くから閑静な住宅地として知られる鎌倉、逗子、葉山は、今も変わらぬ憧れのエリア。ハイソで世界の美食を知る人々が多く住むといわれる地域で、食料品などの…

2017/5/25

第32回 変わらぬ人気と変わるご当地食 〜進化するご当地定番商品たち〜

新年度が始まり1ヶ月、違う環境で新たなる生活をスタートしている方も、少し慣れてきたころでしょうか?今までと違うことを始めたり、変化するということは、…

2017/4/27

【第31回】ご当地スーパーで知るローカル食品の魅力

春、どこか遠くに出かけたい季節の到来です。そこで提案ですが、今度の旅先では、ご当地スーパーに寄ることを計画に入れてみてはいかがでしょう? 地方のスー…

2017/3/19

【第30回】知って、食べて、ファンになる! スーパーマーケット探索ツアー&ご当地食材で彩るフレンチコース

醤油を買うとしましょう。 スーパーの醤油コーナーから選んだ1本はどんな醤油ですか? きっと“いつもの”ですよね? では、“いつもの”の隣にある商品を買わな…

2017/3/16

【第29回】農家発信のご当地食に大注目! スーパーマーケット・トレードショー2017

2月15日から17日までの3日間、千葉の幕張メッセで開催された『スーパーマーケット・トレードショー2017』(※以後SMTS)。その出展品の中から、ご当地スーパー…

2017/2/21

【第28回】スーパーマーケット・トレードショー2017  「フード30選」を審査! 発見“使える”ご当地食

スーパーのバイヤーや食品メーカーがソワソワし始めたら、もうすぐ『スーパーマーケット・トレードショー』(※以後SMTS)。スーパーマーケットを中心とする流通…

2017/1/31

【第27回】食のガラパゴス・飛騨高山の奇跡! 「駿河屋」が生み出す“KING OF ご当地食”

「フレッシュフーズ駿河屋アスモ店」 住所:岐阜県高山市岡本町2-45-1 電話:0577-34-7288 営業時間:10:00〜21:00 独自な食文化をもつ岐阜県飛騨地方のス…

2016/12/25

【第26回】駅直結! 琵琶湖観光の仕上げに寄りたいスーパー「モンデクール長浜」

江戸時代、北国街道の宿場町として栄えた、城下町・長浜。長浜城のほか、その昔ながらの町並みを生かした観光スポットや琵琶湖観光を目的に、年間に訪れる人の…

2016/11/26

プロフィール

18

達人に質問をする

スーパーマーケット研究家

65年東京生まれ、名古屋在住。一女の母。

サラリーマンの夫の転勤で国内外の転居を繰り返す中、スーパーの研究を始める。2012年に出版した著書が話題となり、出演したテレビ番組で紹介した岐阜県高山市の隠れた日常食「あげづけ」が大ブレーク。現在は、テレビコメンテーターのほか新聞や雑誌の連載、講演活動をこなしつつ、子育ての隙をみて、自腹で全国のご当地スーパーを行脚。埋もれた日常食の発掘とその魅力を伝えている。

著書/『日本全国ご当地スーパー掘り出しの逸品』『日本全国ご当地スーパー 隠れた絶品 見〜つけた!』(講談社)

ピックアップ

  • リポビタンD 中日ドラゴンズボトル50本が当たる!
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り
30 ℃/--
東京
曇り
32 ℃/--
大阪
曇り時々晴れ
32 ℃/--
  • 名神, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

スポーツ速報

試合速報・結果

公式戦 7/22 一覧 /

チーム名 スコア チーム名
広島
6(終了)3 中日
DeNA
1(終了)3 巨人
ヤクルト
6(終了)2 阪神
ソフトバンク
2(終了)0 ロッテ
楽天
8(終了)7 オリックス
西武
4(終了)0 日本ハム

共同通信社提供

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集