自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その2) 2017/5/20

コバイケイソウ

前回、形状が山菜と有毒植物が似ているために起こる事故について紹介しましたが、今回も引き続き注意すべき植物を紹介します。

(前回記事: 5/10 自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その1) )

2010年4月岐阜で発生した事件です。「有毒植物を誤食、3人が食中毒症状:県生活衛生課は27日、有毒植物のコバイケイソウを食べ、大垣市と不破郡垂井町の50代の男女3人が、嘔吐(おうと)や血圧低下などの食中毒症状を訴え、同市の病院に入院した、と発表した。(中略)患者のうち1人が26日、郡上市で山菜採りをした際、オオバギボウシと誤って採取。同日夜、別の患者宅において4人で酢味噌(すみそ)あえや天ぷらにして食べたところうち3人が間もなく症状を訴えたという。食べた量は分かっていない。同課では、コバイケイソウとオオバギボウシの若芽は、葉柄の有無や葉脈の走り方に違いはあるがよく似ていることから、山菜採りでは注意してほしいと呼び掛けている。(岐阜新聞2010年4月28日)」

ウルイというのはオオバギボウシの若い葉で山菜として食されたり、植物容器として使われたりします。確かにこの2種の若い葉はそっくりです。自然のプロでも間違うこともあります。そのエピソードを一つ紹介しましょう。本田靖春「評伝 今西錦司」(山と渓谷社)からの引用です。

『伊谷は本谷山の頂上付近で「先生これ食べられますよ」といいながら摘んだギボシを、リュックサックから取り出して女性に手渡した。(中略)今西は、持参の酒をちびりちびりやりながら、「この苦さがいい」と相変わらず健啖家ぶりを発揮する。(中略)ややあって、膳を片づけないうちにとんでもない異変が持ち上がる。伊谷の舌がしびれてきて、煙草の味がしなくなったと思う間に、激しい嘔吐感に襲われたのである。今西も同様であった。二人は表に駆け出して、食べたばかりのものをどっともどした。』

今西錦司先生は、みなさんご存じの通り、岐阜大学の学長を務められたこともある生態学者、文化人類学者で日本の霊長類研究の創始者として知られています。文中の伊谷とあるのは、伊谷純一郎先生であり、今西錦司先生の跡を継ぎ、日本の霊長類研究を世界最高水準のものとしたことで知られています。自然のプロというべき人たちの文字どおり苦い思い出となってしまったのです。

山菜は「ほろ苦さ」が好まれますが、アルカロイドは苦いものが多く、苦いのは体に良いというのは間違いであることを知っておくべきです。

誤食事件を起こす要因のひとつに名前の類似性があります。つまり有用植物と中毒を起こす植物に間違いやすい名前がついているケースです。 

園芸植物や帰化植物に和名をつけるときに命名者は知恵を絞るのですが、わかってもらうためにみんなが良く知っている植物の名前を入れたりすることがたびたびあります。たとえばカロライナジャスミン。花期には黄色の花が咲き、あちらこちらで栽培されるようになりました。ジャスミンというとジャスミン茶がすぐに思い浮かべることができますね。カロライナジャスミンの花も良い香りがします。

カロライナジャスミン

ところがこの植物はジャスミン茶のジャスミンと近縁関係にはありません。それどころか全草にアルカロイドの一種を含み、お茶として花を使って死亡事件に至ったこともあります。園芸植物に名前をつけるときにはくれぐれも注意を払ってもらいたいですね。

岐阜薬科大学教授(薬用資源学)
田中稔幸

PR情報

記事一覧

地球温暖化を考える 〜第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源〜

我が国の2014年のエネルギー自給率は僅か6.0%です。 東日本大震災前の2010年は19.9%(2010年)であったので、原子力発電所の稼働停止等により大幅に低下して…

2017/6/20

地球温暖化を考える 〜第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?〜

『地球温暖化』という言葉は、テレビ、新聞、インターネットなどで毎日のように報道されています。2017年6月1日には、「トランプ大統領が、パリ協定からの米国…

2017/6/12

自然と正しくつきあうために 正当にこわがること

身の回りの「毒」と正しくつきあっていくスキルはなんでしょうか。それは化学物質が持っているリスクを正しく理解することにあります。 リスクはもはや日本語…

2017/5/30

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その2)

前回、形状が山菜と有毒植物が似ているために起こる事故について紹介しましたが、今回も引き続き注意すべき植物を紹介します。 (前回記事:5/10 自然と正しく…

2017/5/20

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その1)

寒かった冬が終わり、サクラの花が咲き誇る時期になると多くの植物が一斉に活動をはじめます。それは同時に有毒植物を誤食して食中毒のシーズンが始まったこと…

2017/5/10

自分を襲った病気が『糖尿病』であったことは幸運なのか?

前回記事(「4/20 糖尿病だからといって落ち込まないでください」)で、生活習慣が主に原因の糖尿病患者さん(主に2型糖尿病)に対する生活習慣に対する指導は、…

2017/4/30

糖尿病だからといって落ち込まないでください

前回のブログで、高血圧の薬のことを書きましたので、今回は同じ生活習慣病の糖尿病のお薬について書きます。主に食べ過ぎや運動不足によって起こる生活習慣に…

2017/4/20

なぜお薬が貴方の人生をかえるのか〜寿命に効く薬とは?

高血圧の薬について薬局の窓口で患者さんに説明をしておりますとき、私はたまに「これは○○さんの寿命に効きますよ」と説明することがあります。いきなり見ず知…

2017/4/10

〜土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか〜

東京都の豊洲市場の土壌汚染問題が大きな社会問題となっていますが、土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか、また国等では健康被害を防止…

2016/11/30

生物多様性は人類を救う

地球は46億年前に誕生し、その後40億年前に生命が誕生した。以降、生物が進化を続けることにより、現在の「命の星」地球が誕生した。 その間、生物は5回…

2016/11/20

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

ピックアップ

  • リポビタンD 中日ドラゴンズボトル50本が当たる!
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇りのち一時雨
29 ℃/--
東京
曇り
26 ℃/--
大阪
曇りのち雨
27 ℃/--
  • 名神, 東名阪道, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

スポーツ速報

試合速報・結果

公式戦 6/27 一覧 /

チーム名 スコア チーム名
中日
0(試合前)0 阪神
ヤクルト
0(試合前)0 巨人
DeNA
0(試合前)0 広島
ソフトバンク
0(試合前)0 日本ハム
西武
0(試合前)0 ロッテ

共同通信社提供

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集