なんと無料で楽しめる! 岐阜市の信長公ギャラリーへお出かけください 2017/7/21

永禄十年に信長が岐阜に入って今年で450年、この事実はもはや揺らぎませんが、まだまだ一部では永禄七年と思っている方もいらっしゃるようです。岐阜市は永禄十年と認定して今年、信長公450プロジェクトと銘打ち、様々な450周年記念事業を行っています。これまでの半年はなんとなく地味な展開でしたが、メインイベントがいよいよ始まりました。それが450年の時を越え映像でよみがえる信長公居館「信長公ギャラリー」です。

7月13日から始まりましたから、もう行かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、12日に事前取材できましたので、その時の写真でこの施設をご案内しましょう。

メディアコスモス。岐阜大学医学部等跡地なのでものすごく広い

まず場所は金華山の西側にあるぎふメディアコスモス(岐阜市司町40番地5)です。ここは「知の拠点」の役割を担う市立中央図書館、「絆の拠点」となる市民活動交流センター、多文化交流プラザ及び「文化の拠点」となる展示ギャラリー等からなる複合施設だそうです。二年前にできた巨大建造物で、最近流行りのスタバも入る小洒落た図書館という体の公共施設です。この中に「信長公ギャラリー」が作られています。

原寸よりちょっと大きい高橋信長
ブランコでなく画像が揺れます

大きな門をくぐって入ると、大河ドラマ「国盗り物語」に出演した当時の俳優・高橋英樹の信長(当時29歳)がお出迎え。精巧にできていて、まるで本物のようで、話しかけると答えてくれます。でもこれ、AIじゃなくて、実はオペレータがいるのですが。

この「信長公ゾーン」の展示で一通り知識を得たら、隣の部屋へ。そこには岐阜城を上空から見るCGのバーチャル空中ブランコがあります。輪投げやゴム火縄銃で軽く遊んだら、回廊ゾーンへ進みます。

回廊。挟土作品はこの日、撮影不可でした

大河ドラマ真田丸のタイトルバックですっかり有名になった高山市在住の左官職人挾土秀平氏が作った作品が並ぶ回廊を通って、映像シアター「おもてなし劇場」へ。

ここでは裃姿のMCに導かれて、CGで再現された信長居館を見学することができます。声は木下藤吉郎秀吉という設定。CGそのものは岐阜市教育委員会が2年かけて作った学術物で、それを借り出してエンターテイメント性を加え編集されたもの。よくできています。信長の館に招かれたルイス・フロイスのような気分になれますよ。最後に信長が登場しますがその姿は…

発掘調査から再現された見事なCGです
シアターはこれだけの席数

シアターを出ると濃姫ゾーンです。この時期、奥方と言われる人物がいたことは確かですが、それが濃姫かどうかは今ひとつ不明ですが、まあそこは岐阜市のイベントですから濃姫でないとまずいわけですね。その華やかな部屋がCGで再現されています。またコントローラーを使って進んだり、視点を変えたりできるのも楽しいところ。スクリーンの他にPCが二台あり、そちらでも見ることができます。

部屋の天井の絵画も見事

そして出口のショップでは、お土産にトートバッグやTシャツなどの会場限定信長グッズが購入できます。

ということで入場料はというと、これがなんと無料。信長公450プロジェクト推進課の小森康博課長は「無料にすることで何回も来てもらえるし、子どもたちも来やすい。当初は混むので並ばなければならないでしょうけど、無料ならまたいつでも来てもらえる」とのこと。ちなみに駐車場も2時間無料です。

ということでここは十分楽しめますよ。是非お出かけください。前期展示は9月24日まで、展示物が変わる後期は10月6日から12月17日までです。10時から18時まで、休みは会期中4日あるだけです。

会場のみで販売される限定グッズもあります
PR情報

記事一覧

末森城は安土城の原型ではないか、そんなことを思いながら現地ガイドしました

私は鳴海中日文化センターで「若き信長の軌跡」という講座をやっていますが、テーマを信長の若い頃、つまり父親信秀の活躍した時代にして、お話をし、その現地…

2018/9/19

秀吉功路!「人生大出世夢街道」の現地見どころをご紹介(先回の続き)

前回記事はこちら 『今度は秀吉功路!名古屋市が中村区で「人生大出世夢街道」事業をスタート』 人生大逆転の信長に続いて、人生大出世の秀吉で武将観光を進め…

2018/8/25

今度は秀吉功路! 名古屋市が中村区で「人生大出世夢街道」事業をスタート

名古屋市が進める武将観光ですが、信長攻路の整備が一段落して、次は27年のリニア中央新幹線開業で注目される駅西、中村区を新たに武将で開発しようという話に…

2018/8/21

信長が攻めた金山城、その麓に可児市戦国山城ミュージアムがオープン

今回は津島の話を一回お休みして、新しくオープンした可児市戦国山城ミュージアムと可児市観光交流館のお話です。 可児市といっても戦国山城ミュージアムがあ…

2018/8/4

信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その2

信秀・信長が持っていた巨大経済力の源泉である貿易川湊・津島。信長時代の痕跡を求めて2018年6月に鳴海中日文化センターの講座として行ったツアーのご紹介、そ…

2018/7/19

信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その1

6月のはじめに、鳴海中日文化センターの私の講座の皆さんと、信長時代の津島の痕跡を求めて現地ツアーをしてきました。津島市も様々な市内観光コースを提案して…

2018/6/26

信長の祖父、信貞が攻めた貿易湊、津島の姿

若き信長は新興中小企業の三代目ともいうべき身分でした。信長の弾正忠家創業者ともいえそうな信長の祖父、信貞は経済力を獲得すべく1524年(大永4年)ごろまで…

2018/5/29

画期的な内容の「愛知県史 通史編 中世2・織豊」ほか、地元歴史本が続々刊行中

3月30日付けで「愛知県史通史編3中世2・織豊」が愛知県から発行されました。少し協力させていただきましたので、さっそく目を通すことができました。 通史…

2018/5/3

信長の家、弾正忠家の家系に関して、新しい解釈が登場

織田信長はいわゆる三英傑の中では比較的ちゃんとした血筋の人です。素性のまったくわからない秀吉、先祖が何者かわからない「松平」家康と比べると、信長の場…

2018/4/17

大須萬松寺に信長の父、信秀の墓が新しく作られました

名古屋市の繁華街大須にある亀嶽林萬松寺(名古屋市中区大須3−29−12)。この寺は織田信長の父信秀が自らの菩提寺として、那古野今川家から奪い取った那古野城…

2018/3/15

プロフィール

15

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
雨のち晴れ
24 ℃/18 ℃
東京
雨のち曇り
19 ℃/15 ℃
大阪
曇り一時雨
25 ℃/17 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集