[岐阜大会・決勝直前スペシャル]大垣日大×中京学院大中京 2017/7/26

東海3県ではきょう26日、三重県で決勝、岐阜県で準決勝、愛知県で準々決勝3試合が行われました。三重県では津田学園が三重を4-3で下し、嬉しい夏の甲子園初出場を決めました。『中日新聞プラス』では昨年、津田学園の佐川竜朗監督にインタビューし、人となりや野球部の寮などについて話をうかがっています(→記事はこちら)。今年、悲願成就となりました。

さて、あす27日は、13時から岐阜大会の決勝が予定されています(長良川球場)。大一番を前に、試合の見どころを解説します。

■岐阜大会決勝 大垣日大×中京学院大中京
(7月27日 13時・長良川球場)

昨夏の決勝と同じ顔合わせになりました。昨年は3-2で中京学院大中京(当時は中京/今年4月に校名変更)が競り勝っています。両校はその後も公式戦で3度対戦しています。昨夏以降の対戦成績は下記のとおりです。

・2016年7月 中京 3-2 大垣日大(夏の岐阜大会決勝)
・2016年9月 中京 8-6 大垣日大(秋季県大会2回戦)
・2016年11月 中京 10-3 大垣日大(私立高校親善大会準決勝)
・2017年4月 大垣日大 12-2 中京学院大中京(春季県大会決勝)



★決勝戦の注目選手! 古田星投(中京学院大中京3年・投手)

古田星投(中京学院大中京3年/2017年7月撮影)

実は昨年もこのコーナーで、決勝直前スペシャルの際に古田を紹介しています(→記事はこちら)。当時は彗星のごとく現れた存在で、勢いも味方し、大会のクライマックスで好投しました。一方で今年は、不動のエースとして決勝を迎えます。

特筆すべきは、大垣日大に対しての相性の良さやツキ。昨夏は試合後半の4回を投げ、追いすがる大垣日大打線を前に1失点で踏みとどまり、優勝の瞬間にマウンドにいました。昨秋の県大会では6失点しましたが、8回までは3点で凌ぎ、チームも勝利。その後の私学大会でも試合後半にリリーフし、4イニング弱を無失点で締めました。古田本人は“過去”に浸っていない様子で、「ここ(最後の夏の決勝)まできたらあまり関係ない」と気を引き締めていますが、強打線を封じられる素地は十分です。

唯一、今春県大会では3回7被安打3失点と打たれましたが、野球に浮き沈みはつきもの。不調の時期ゆえ「球が高く浮き、ストレートがシュート回転して真ん中に入ってしまっていた」(古田)。これを修正すべく、球のリリースに意識を集中した近距離での投球練習などを続け、停滞期を乗り越えました。ここへきて一気に状態を上げています。

昨年に比べ、マウンド姿や球筋などすべての面で大人になりつつある古田。準決勝・大垣商戦の試合後、橋本哲也監督は「今日は古田のピッチングに尽きる。疲れもあるだろうが、そんな様子を見せず、堂々と投げ込んでくれた。明日もエースで真っ向勝負」と話し、背番号1に命運を託している様子。明日もコース・高低をしっかりと突く投球で、2年連続の聖地切符を手繰り寄せます。

★対する大垣日大は・・・

宮坂元規(大垣日大3年/2016年4月撮影)

大垣日大は昨年の夏と秋、ともに中京学院大中京に敗れたことで、名将・阪口慶三監督をはじめナインの闘志に火がつきました。冬場の鍛練を経て地力が一気にアップ。春季県大会の中京学院大中京戦では12得点をたたき出しました。あす、甲子園をかけた大一番で、再びライバルに襲いかかります。

投手陣は、今年の連載第3回で紹介した2年生エース・修行恵大(→記事はこちら)と、昨夏のマウンドも経験している石川隼也(3年)が軸。打線はセンスのある都筑雄紀(3年)や、力のある石川、宮坂元規、沼尻崚(同)のほか、1年生の内藤圭史も怖い存在です。今大会では岐阜総合学園戦や市岐阜商戦で打線爆発とはならず、ロースコアの厳しい展開を強いられましたが、それを乗り越え、競り合いにも強くなっています。

 * * *

試合のポイントは、中京学院大中京・古田が大垣日大打線をどこまで抑え込めるかでしょう。日々、野球道に打ち込んできた両校選手の激突にご期待ください。

PR情報

記事一覧

先輩球児から[5] 〜東邦OBの大学野球コーチ対談(後篇) − We are 東邦!!

『中日新聞プラス』での“先輩球児”へのインタビュー。今回は、東邦高校(愛知)OBの大学野球コーチによる対談の後篇をお届けします。 登場人物は前篇と同様、…

2018/7/19

先輩球児から[4] 〜東邦OBの大学野球コーチ対談(前篇) −大学野球へのいざない

『中日新聞プラス』での“先輩球児”へのインタビュー。第4弾は特別編として、東邦高校(愛知)OBの大学野球コーチのお2人に、対談形式で登場していただきました…

2018/7/18

先輩球児から[3] 〜荻田圭(東京大野球部OB・西濃運輸マネージャー)

東海地方ゆかりの“元高校球児”インタビュー。第3弾は、東京大学の野球部でプレーし、現在は社会人野球・西濃運輸(岐阜県大垣市)でマネージャーを務める荻田圭…

2018/7/13

先輩球児から[2] 〜丹羽力人(土岐商・2005年甲子園出場エース)

東海地方ゆかりの“元高校球児”インタビュー。第2弾は、2005年夏に土岐商(岐阜)のエース・4番打者として甲子園に出場した丹羽力人さんです。高校時代は最速147…

2018/7/12

先輩球児から[1] 〜武藤大将(県岐阜商・2006年甲子園出場の4番)

今年、『中日新聞プラス』の高校野球特集では、東海地方ゆかりの“元高校球児”たちにインタビューに行ってきました。高校時代を振り返ってもらい、現役球児へ向…

2018/7/11

岐阜大会[第90回→第99回]ダイジェスト

高校野球地方大会は今週末、岐阜大会が開幕を迎えます。ただ、降り続く雨の影響で、順延になることも考えられます。中止情報や順延後の日程などは、高校野球連…

2018/7/6

愛知大会[第90回→第99回]ダイジェスト

高校野球地方大会は今週末、この地方の先頭をきって愛知大会が開幕します。30日にパロマ瑞穂野球場で開会式と西愛知大会2試合があり、翌7月1日は県内10球場で東…

2018/6/28

高校野球の夏が到来!2018年版観戦ガイドもスタートします!

本格的な夏が近づき、いよいよ高校野球シーズンがやってきました。 今年も、夏の大会に合わせた『中日新聞プラス』での観戦ガイドを連載します(おかげさまで、…

2018/6/25

2017年東海3県夏の大会総括(非公式ベストナイン&好ゲームレビュー)

高校野球地方大会は30日までに、宮城を除く48地区の優勝校が決まりました。東海3県では中京大中京(愛知)、大垣日大(岐阜)、津田学園(三重)が嬉しい甲子園…

2017/7/31

[愛知決勝直前スペシャル]栄徳×中京大中京で決勝戦!/注目選手:釜谷竜哉(栄徳)、伊藤康祐(中京大中京)

高校野球愛知大会は28日、準決勝2試合を行い、栄徳と中京大中京が快勝しました。決勝は甲子園最多白星(春夏133勝)の全国記録を持つ名門・中京大中京に、甲子…

2017/7/28

プロフィール

42

達人に質問をする

野球ライター

1984年生まれ、岐阜県出身。東海地区のアマチュア野球(高校/大学/社会人)を取材し、野球雑誌などで記事を発表している。年間のアマチュア野球観戦試合数は120を超える。

数々の野球部を訪れ、ひたむきな球児や情熱的な指導者、工夫した練習法などを取材。ここ数年のうちで東海地区からプロ入りした選手はほぼアマチュア時代から追いかけており、中日ドラゴンズで活躍する濱田達郎投手(愛工大名電高出身)や、西武ライオンズの高橋朋己投手(西濃運輸出身)らもその一人。

無名の好選手を“発掘”するのも得意で、評判の選手がいると聞けば練習試合まで駆けつける。プロ球団スカウトとも交流が深い。

野球場に足を運ぶこと自体の楽しさにも魅了され、学生時代を含めれば10年以上、球場通いを続けてきた。高校野球の地方大会は特に多くのドラマを見てきた部分。今年の夏に思いを馳せる。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(20:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
36 ℃/27 ℃
東京
晴れ時々曇り
35 ℃/27 ℃
大阪
晴れ
37 ℃/28 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集