親子で楽しめる「長浜鉄道スクエア」 2017/7/30

本物のD51とED70を間近に見学ができる

「長浜鉄道スクエア」を知ってますか?滋賀県の米原駅から北陸本線で3駅9分の長浜駅から、米原方面に歩いて3分。とてもアクセスしやすい場所にある、楽しみながら鉄道の勉強ができる施設です。

長浜といえば、秀吉に慕われた茶々、二女の初、大河ドラマの主人公になった三女の江の浅井三姉妹の出生地であり、秀吉が初めて築城した長浜城がある地です。

また、近年は旧城下町を活かした街づくりに成功した「黒壁スクエア」でも知られています。昨年、ユネスコ無形文化遺産に登録された「山・鉾・屋台行事」33件のうちの1件「長浜曳山祭の曳山行事」もあります。

これらの影に隠れて意外に知られていないのが、日本の鉄道の発展に重要な役割を果たした地ということです。

長浜は、琵琶湖の東端に位置していることから、明治15年にはやくも鉄道駅ができました。鉄道を一気に完成させることは難しいため、琵琶湖に日本初の鉄道連絡船を運行することとして、その前後の鉄道建設を優先したためです。

その最初の開通区間は、今の北陸本線です。これは、若狭湾に面する敦賀と長浜を結べば、日本海側と関西を最短で結ぶことができるためでした。さらに、翌年には東海道本線の長浜〜関ヶ原間が開業します。東海道本線が米原を経由するようになるのは、7年後の明治22年でした。それまでは、琵琶湖の鉄道連絡船が、東海道本線の一部だったのです。

北陸本線は勾配が厳しいため、幹線としての輸送力を確保しようと、強力で優秀な性能を誇ったD51形蒸気機関車が配属されていました。さらに戦後、輸送力を増やすために、幹線では初となる交流電化を昭和32年に行いました。

このことを記念して、長浜鉄道スクエア内にある「北陸線電化記念館」には、D51 793とED70 1が保存展示されています。上の写真の通り、柵もない場所で間近に見学できます。さらに、どちらの機関車も運転席を見学できるようになっているのも嬉しいことです。ちなみにED70 1は、北陸本線が交流電化されるに際して設計・新製された交流電気機関車です。

旧長浜駅舎は、現存する最古の鉄道駅舎

明治15年に鉄道と船の乗り換え駅として開業した長浜駅は、いまもその場所に駅舎が現存しています。その旧駅舎が長浜スクエアの入口となっているのです。当時すでに開業していた駅舎はことごとく建て替えられていますので、現存する最古の駅舎として鉄道記念物に指定されています。

明治15年は1882年ですから、今年で築後135年となります。いまは正面に向かって右側に北陸本線が通っていて、駅は約200m北(写真では奥)に位置しています。その間にある駐車場が、明治15年開業時の駅構内の跡地というわけです。

長浜駅が現在地に移転したのは明治36年のことでした。すでに東海道本線は米原経由となり、北陸本線も米原まで延伸していました。つまり、船との乗り継ぎを考えなくてよくなったので、より市街地に近い場所に移転したということでしょう。

その後も旧駅舎が解体されなかったことで、いまの長浜スクエアが誕生します。

旧長浜駅舎では、駅舎前の展示物にも注目です。
上の写真の駅舎出入口右下には、赤い色のレールが見えます。これは長浜駅29号分岐器ポイントと呼ばれる、長浜駅開業時に敷設されたポイントの一つです。ポイントは可動部分があるため痛みやすいのですが、このポイントは使われる機会が多くなかったため、使われる場所が変わったものの約80年間も使われ続けたそうです。

明治15年製という、日本の鉄道ができてからまだ10年しか経っていない時期でありながら国産で、鉄道局神戸工場製の刻印があります。これらのことから、鉄道記念物に指定されています。

同ポイントの右にある敷地境界部分と、駅舎出入口の左側には石積みが見えています。これらは、北陸本線のトンネル出入口にあった扁額や石碑で、伊藤博文・黒田清隆・後藤新平といった、明治時代の総理大臣や鉄道院総裁による揮毫がみられます。

「おもちゃ鉄道と遊覧鉄道展」の展示物

長浜鉄道スクエアには、旧長浜駅舎と北陸線電化記念館に加えて、長浜鉄道文化館もあります。資料類を展示している場所で、鉄道模型運転コーナーなども設けられています。

今夏、この長浜鉄道文化館で、

おもちゃ鉄道と遊覧鉄道展

が開催されています。
鉄道関連のおもちゃや絵本を展示しているコーナーには、昭和時代の鉄道グッズがこれでもかと並んでいます。子どもはもちろんのこと、大人は懐かしい!と見入ってしまいますし、若者はそのレトロ感に惹き付けられるということです。実際、筆者もつい一つ一つの展示物を見入ってしまいました。

また、「遊覧鉄道」は全国にある乗って楽しむことができる鉄道型の施設を、パネル展示で紹介しています。妙高サンシャインランド、赤沢自然休養林、百合が原公園、足尾銅山観光、まむろ川温泉梅里苑、みさき公園、三島市立公園楽寿園…などなど多数紹介されていますが、これらがどこにあるどんな鉄道型施設かが即座に判る人はほとんどいないと思います。

そんなコアな展示を担当しているのは、実物からおもちゃまで、鉄道をキーワードにした幅広い事業を展開している「せんろ商会」の岡本憲之さんです。これらに関連する書籍も執筆している方なので、ご存じの方もおいででしょう。

この「おもちゃ鉄道と遊覧鉄道展」は、9月30日(土)まで開催しています。年代を問わず、一人から家族連れまで楽しめる同展開催中に、長浜へ行ってみてはいかがでしょうか。

PR情報

記事一覧

7/3-16 名古屋レール・アーカイブス資料展と上映会 於:金山

貴重な鉄道資料の保存と活用を目的に活動しているNPO(特定非営利活動)法人名古屋レール・アーカイブス(略称NRA)は、7月3日(火)〜7月16日(月・祝)の2週間にわ…

2018/7/5

あおなみ線や高山本線を走った蒸気機関車が本線運転を終了

5年以上前、当コラムをはじめてすぐの2013年2月13日付で「名古屋市で2/16-17に走るSLを知ろう」という一文を記しました。同月16-17日の2日間、あおなみ線で蒸気…

2018/6/9

鉄道“超”基礎知識(6) 番号 特急用7,8、急行用5,6

しばらく間が空いてしまいましたが、鉄道“超”基礎知識の6回目として、前回に引き続き鉄道車両の番号について記します。今回は、電車を中心としたJRの形式名の付…

2018/5/31

名古屋の鉄道を一望にできるトレインビューホテル

ささしまライブ24には、もう行きましたか? あおなみ線ささしまライブ駅に直結した、昨年10月にまち開きが行われた新しい街です。 愛知大学、中京テレビ、JIC…

2018/5/16

JR西日本の新幹線・特急に3日間乗り放題で2万円!

■「おとなび会員パス」について JR西日本が、新幹線や特急も含めて3日間乗り放題のきっぷを発売します。ただし、対象は50歳以上が加入条件の「おとなび会員」で…

2018/4/18

明治村で御料車2両を特別展示(4月23日まで)

愛知県犬山市の明治村では、明治元年から150年となる今年「明治150年記念事業」を開催します。その記念事業をスタートした3月17日(土)に、同村内の鉄道局新橋工…

2018/3/20

「青春18きっぷ」で乗れる特急列車が増えた!

JRグループの普通列車・快速列車乗り放題のフリーきっぷとして知られる「青春18きっぷ」が、今年も発売されます。今年の発売期間と利用期間は、次の様に発表さ…

2018/2/28

チュウキョ〜くんの鉄道フェスタが2月4日に開催される

昨年12月28日付当コラムで、2月4日(日)にささしまライブにある中京テレビ本社で開催される「チュウキョ〜くんの鉄道フェスタ」について紹介しました。 フェス…

2018/2/14

明治村の鉄道7…岩倉変電所、新大橋、東京駅警備巡査派出所

明治村にある鉄道関係の展示施設を順に紹介してきましたが、今回はその最終回です。今回紹介する施設はすべて明治村5丁目にあり、駐車場から一番近いところに位…

2018/1/31

明治村の鉄道6…尾西1号・六郷川鉄橋・名電1号

明治村には、これまでに紹介してきたほかにも鉄道関係の保存車両や設備があります。今回は、それらを紹介します。

2018/1/12

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年間のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを立ち上げて代表取締役に就任。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退したため、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、多数のCD-ROMやDVDタイトルの企画制作にも関わる。監修した「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)が話題となってTV番組タモリ倶楽部に出演したこともある。

最新著書は「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
38 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
36 ℃/--
大阪
晴れ
37 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集