「BPAフリー」と表示されたプラスチック食品容器は安全・安心と感じますか? 2017/7/31

「BPAフリー」表示マークの例

「BPA(ビスフェノールA)フリー」と書かれたマーク。皆さんはどういう意味かご存知ですか?プラスチック製品に使用されている化学物質BPAが人体への悪影響が懸念されたことがあったため、「BPAフリー(BPAを含まない)」と表記された商品が売られています。

前回の記事「食品用の器具や容器包装についても「ポジティブリスト制度」が導入されます。 」(7月21日)でプラスチックの一種ポリカーボネート(以下PC)の食器から環境ホルモンと疑われたBPAが僅かに溶出するとの報告例があったために、国(当時厚生省)が調査し「使用を規制(禁止)する必要はない」との判断を示したにも関わらず、全国各地の小・中学校の給食に使用されていたPC食器が、他の材質の食器に置き換えらたことを書きました。当時は哺乳瓶をはじめベビー用PC食器も多く使用されていたために、これらも他の材料に切り替わる事態になっていました。

PCは軽くて丈夫で割れにくく、耐熱性があり、加工しやすく、透明性もあるなど食品容器の材料として優れた点が多くあります。しかし、プラスチック材料は製造過程で使用する化学物質が溶出する可能性があります。BPA が溶出するかもしれないPC容器よりはBPA が溶出しない「BPAフリー」材料の容器を使用するほうが安心できるのでしょうか。

「BPAフリー」と表示した哺乳瓶や他の容器は、その材料の製造過程でBPAを使用していないから溶出しないだけで、BPAの代替物質として使用されている化学物質が溶出している可能性があることを意味するものでもあります。

BPAは食品容器に関連する化学物質の中で最も多くの毒性研究が行われ、リスク評価されているものの一つです。そのリスク評価に基づき設定された規格基準や製造基準のあるPC食品容器は本来安心して利用できると思えるのに、安全性の確認されていない「BPAフリー」材料の方が安全と思えるのが不思議です。

フルオレン-9-ビスフェノール(BHPF)の化学構造式

BPAフリーと表示してあっても別の化合物が溶出して、必ずしも安全とは言い切れないという研究を紹介します。中国ではフルオレン-9-ビスフェノール(BHPF)がBPAフリーと表示してある哺乳瓶や飲料用ボトルなど多様なプラスチック容器に使われているとのことです。

この研究は中国の北京大学のジエンイン・フー教授と岐阜薬科大学衛生学研究室・中西剛准教授を中心とする日中共同研究の成果の一部として、Nature Communications(掲載日2017年04月05日)に発表されたもので、Nature Japan の「注目のハイライト」としても取り上げられ、また、イギリスの一般読者向け科学雑誌「New Scientist」の特集にも取り上げられました。日本よりも欧米での反響が大変大きいようです。

共同研究チームは、市販のプラスチック製の飲料用ボトルに注いだ熱湯からBPAの代替物質であるBHPFを検出したことを報告しています。そしてBHPFの安全性に関する試験を培養細胞とマウスを用いて行い、BHPFに抗エストロゲン活性(エストロゲンの作用を阻害する活性)を認めています。また、妊娠マウスの子宮の重量や仔の体重も軽くなったと報告しています。

さらに、プラスチックボトル入り飲料水を習慣的に飲むボランティアの中国人学生100人の血液中BHPF濃度を測定し、低濃度(0.34 ± 0.21 ng/mL)ではありますが7人から検出し、曝露されていることを明らかにしています。

この論文はBHPFが、抗エストロゲン活性を有するという有害性を初めて見出したもので、人に対してどの程度の「リスク(危険度、毒性)」を持つのかについては、BHPFに関する毒性データがほとんどないことから、現時点では全く分かりません。

今後はBHPFの毒性に関する研究を重ねてリスク評価を行い、食品容器用プラスチックの製造でBPAの代替物質として安全に利用できるよう容器・包装材料の使用基準等が設定され、ポジティブリストに上げるような方向に進めていく必要があります。

岐阜薬科大学衛生学研究室ではBHPFに関する毒性研究に引き続き取り組んでいます。

        岐阜薬科大学 永瀬久光教授

PR情報

記事一覧

ORPが低い水は体に良い水?(1) 水の酸化還元電位(ORP)とは

高く積み上げられた知識体系、人類の財産ともいうべき科学は、暮らしのなかに浸透し、皆さんの生活の質の向上に寄与してきました。しかし、時に「なんとなく科…

2018/8/17

ノーベル文学賞作家、カズオ・イシグロと日本の巨匠

私は、昨年ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの研究をしております。 イシグロは、小津安二郎監督の影響を認めています。はじめて彼の映画を見たのは…

2018/7/24

遺伝の話(3)設計図は書き換えられながらも先祖伝来?

ヒトの体は37兆個の細胞からなるといわれますが、元々たった1つの受精卵から増えたものです。細胞の中にある染色体 DNA は細胞が2倍に増えるたびにコピーされて…

2018/6/30

遺伝の話(2):転写因子って何?

【前回記事】遺伝の話(1):親子そっくり 親から子供に遺伝する姿かたちの特徴として、顔の輪郭、眼の色、髪の毛色やくせ、鼻筋や鼻の穴の形、耳たぶの形、…

2018/6/20

遺伝の話(1):親子そっくり

「〇〇ちゃんの眼、クリクリってしてお父さん似だね。△△くんの鼻はすらっと高くってお母さんそっくり。」小さなお子さんをお持ちの家庭ではよく耳にする会話の…

2018/6/10

お薬に含まれる高分子の役割(3)高分子で拓く夢の新薬

お薬を飲んだ時、その有効成分の全てが患部に届くわけではなく、必要のない部位に作用して副作用を引き起こすこともあります。薬物の有効性と安全性を高める技…

2018/5/30

お薬に含まれる高分子の役割(2):錠剤に使われている高分子の働き

前回は低分子と高分子の違いや高分子の持つ多様性について紹介しました。今回は錠剤に含まれている高分子の働きについて、いくつかご紹介します。 その前に、…

2018/5/20

お薬に含まれる高分子の役割(1):高分子ってどんな物?

「生まれてこのかた、薬など飲んだことがない」という方はおそらくいらっしゃらないことでしょう。頭が痛い、お腹が痛い、熱がある、血圧が高い、私たちはいろ…

2018/5/10

飲酒で顔が急に赤くなる人は「発癌リスク」が高い(3)節度ある飲酒の勧め

飲酒で顔が急に赤くなる人の発癌リスクについてお話ししてきました。結論として、「節度ある飲酒の勧め」でまとめたいと思います。 ■前回記事 飲酒で顔が急に…

2018/5/1

飲酒で顔が急に赤くなる人は「発癌リスク」が高い(2)フラッシャーと食道癌

春酣とはいえ、肌寒い日と初夏の暑さを感じさせる日が交互にやってきて、お身体の調整がままならない方も多いかも知れません。季節柄、健康には充分気を付けた…

2018/4/20

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り
32 ℃/22 ℃
東京
曇りのち雨
26 ℃/20 ℃
大阪
晴れ後曇り
32 ℃/23 ℃
  • 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集