【お悩み相談室その55】「例の件」という上司の口癖に困っている 2017/9/10

赤ちゃんが笑うと、みんなが笑う。
赤ちゃんが泣くと、みんなが笑う。
赤ちゃんが眠ると、みんなが笑う。
赤ちゃんは、笑いを作り出す天才ですね。

それでは、お悩み相談その55です。

〔悩み〕
私の上司は、「例の件、どうなってる?」といつもぼかした言い方をするのが癖になっています。何とかならないものでしょうか?(南出章一 28歳・会社員)

〔回答〕
こんな相談をするということは、あなたも「例の件」が何を指しているのか分からず、トラブルが起きて困っているということなんでしょうね。

深刻そうな顔をして「例の件、どうなってる?」と言うので、てっきりA社との共同プロジェクトの件かと思い、「それがなかなかうまく進まないんですよ」とあなたが答えると、上司はきょとんとした表情でこう言うのでしょう。

「は? 今日の昼の弁当は、どこの店に注文するのかって聞いているんだよ」それなら最初から、そう言ってくれという話ですよね。

しかし、上司と言っても十人十色。みな一人ひとり異なった個性を持つ人間なのです。あなたの上司からその口癖を取り上げたら、何一つ残らないということも考えられます。したがって、「『例の件』などとぼかさずに、はっきり言ってくださいよ」と責めるのはあまりにも酷ですので、思いとどまりましょう。

そうは言っても、このままでは著しく作業効率が落ち、時にはとんでもないミスをしでかすことにもなりかねませんね。そこで、「例の件」に整理番号をつけるようにしてみてはどうでしょうか。

「きみ、例の件、どうなってる?」
「Bの248号の『例の件』なら、順調にいっています。それともCの381号の『例の件』のことですか?」

Bの248号やCの381号が何のことか分からず、業を煮やした上司はきっとこう言うはずです。

「明日の飲み会のことを尋ねてるんだ! 番号ではなく、内容をはっきり言いたまえ!」

それ以降は、徐々に「例の件」が減少し、内容をはっきりと口にしてくれるようになるのではないでしょうか。

PR情報

記事一覧

【お悩み相談室その56】注文どおりの料理が出てくるかどうか不安

「店頭の商品にいろんな宣伝文を書いたんだけど、お客がさっぱり来ないんだ」 こうぼやく店主には、宣伝文に誤字を書くようアドバイスしてみましょう。書いた…

2017/9/17

【お悩み相談室その55】「例の件」という上司の口癖に困っている

赤ちゃんが笑うと、みんなが笑う。 赤ちゃんが泣くと、みんなが笑う。 赤ちゃんが眠ると、みんなが笑う。 赤ちゃんは、笑いを作り出す天才ですね。 それでは、…

2017/9/10

【お悩み相談室その54】魚の群れの「SOS」がとても気になる

きついきつい山登り。あえぎながらこう思います。「こんなとき、上りエスカレーターがあったらなあ」 ようやく山頂に到着。眼下に広がる絶景を見ていると、新…

2017/9/3

【お悩み相談室その53】「血圧を下げるおまじないを教えて」と頼まれた

新作落語ファン「古典落語なんてマンネリでちっともおもしろくないよ。すぐに眠くなってしまう」 古典落語ファン「何、言ってるんだ。ちょっとぐらい寝ても話…

2017/8/27

【お悩み相談室その52】優柔不断な性格なので着ていく服に迷い遅刻してしまう

未婚のカップル100組に、夫婦別姓の賛否を問うと、1組だけが「どちらでもよい」と答えたそうです。ちなみにそのカップルは、男女とも「佐藤」という姓だったと…

2017/8/20

【お悩み相談室その51】上司と応援球団が違うので職場の雰囲気が悪くなる

笑中お見舞い申し上げます。毎日、暑い日が続きますね。「寒いギャグ」を飛ばし合って涼みましょう。 それでは、お悩み相談その51です。

2017/8/13

【お悩み相談その50】予報が的中した時にガッツポーズをとるのは、まずいのか?

子どもに、将来何になりたいかアンケートをとってみると、男の子の場合にはサッカー選手、野球選手、宇宙飛行士などがいつも上位にきます。なぜでしょうか? …

2017/8/6

【お悩み相談その49】時代劇の日本語の乱れがあまりにもひどすぎる

「昨年の首位打者が、20打席連続ノーヒットの大スランプですね。何か脱出するための方法はないのでしょうか?」野球放送で、アナウンサーの問いかけに、解説者…

2017/7/30

【お悩み相談その48】おてもやん風フラダンスが受けてしまった

「馬の耳に念仏」「豚に真珠」「猫に小判」をシャッフルしてみましょう。 「馬の耳に真珠」「豚に小判」「猫の耳に念仏」「馬に小判」「豚の耳に念仏」「猫に…

2017/7/23

【お悩み相談その47】バス停で待っているのに、バスが無視して止まってくれない

「人」という字は、人と人とが支え合ってできているとよく言われます。 しかし、あれはどう見ても、左の人が右の人にもたれかかって楽をしているように思われ…

2017/7/16

プロフィール

34

達人に質問をする

お笑い作家

「寒」いギャグを飛ばしているうちに、「一」番「光」り輝く日が「来」るだろうという願いを込めて、「寒来光一」と名付けた。

1999年、「読む漫才」をテーマに、執筆活動を開始。3年後に脱サラして、本格的に執筆活動に取り組み始める。

著書は、ジョーク集『ああ、笑いの投稿者たち』『人生によく効く笑いのクスリ』、エッセイ『寒来光一のいいっちゃもんノート』、読む漫才集『それでも地球は笑っている』など。

座右の銘は「一笑一会」。モットーは「寒いギャグで、地球温暖化防止を」。

ブログ「寒来光一の日替わり笑話」の更新を、10年間フウフウ言いながら、辛うじて毎日続けている。

日本笑い学会会員。福岡県北九州市在住。宮崎県延岡市出身。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
29 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
30 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
28 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集