市バスで行く大高城、鳴海城、そして桶狭間古戦場の一日モデルコース 2017/9/7

有松12系統のバス@名鉄鳴海駅前

名古屋市緑区の歴史観光といえば、桶狭間、鳴海城、大高城、有松の四ヶ所がメインとなります。

この内、信長関係は、有松以外の三ヶ所(有松は江戸時代にできた町ですから)。それぞれに砦や寺など見どころはたくさんあるわけですが、何しろ三ヶ所の間は距離があり、交通機関を使わないわけにはいきません。そして公共交通機関となるとバスということに。

そこで名古屋市交通局が今年、平成29年4月から新たに作った路線が有松12系統というもの。JR大高駅からスタートして四ヶ所を回る路線です(逆順ルートも有り)。土日休日だけに走りますので、地下鉄などにもポスターが貼られ、現在大々的に売り出されています。開設前の3月にもご紹介しましたが、半年たった今、ちょっとだけ乗ってみましたので、その感想を。

「いくさの子」のイラストが目を引くポスター

新幹線で、あるいは飛行機+名鉄で全国から名古屋駅に着いた観光客をどう誘導するか。理想的にはまずJR東海道線で大高駅へ。大高城などを見てから、市バス有松12系統に乗り名鉄鳴海駅へ。鳴海城などを見て、また12系統に乗り名鉄有松駅へ。有松見学はパスし、バスを降りずにそのまま乗っていって、幕山バス停で降りれば桶狭間古戦場公園は目の前。とまあ、これが想定されたルートでしょう。帰りは逆方向へ走る12系統に乗って名鉄有松駅に向かい、有松観光をして名鉄で名古屋駅に戻るわけです。

ということなんですけど、これ、もっと宣伝しないと。5月に「緑区観光ルートバスマップ」が5万部作られて配布されたようですが、全国の人は名古屋市交通局のホームページからダウンロードするしか手がないわけで、なかなか知れ渡るのは難しそう。9月2日土曜の午後1時45分大高駅発の客は私と地元のおばあさんの2人でした。観光客らしき姿はありません。

大高駅が名古屋で一番古い駅だと知ってました?

今回下調べなしに利用してみましたが、市バスを乗りこなすのはかなり難しいことだと思い知りました。名古屋市の市バス時刻表検索アプリや名古屋乗換ナビといったスマホアプリを駆使するとなんとかなるのですが、地図が読めるとか、バス停の名前が頭に入っているとかでないとどれにどう乗ればいいのやら。市バスを乗りこなすのはかなり難しいです。

アプリも地元の方には便利でしょうけど、初めて使うのはかなり高難度。何よりまずスマホを使いこなせる人でないとだめですし。バスは毎時一本しかないので、それをうまくつかまえないと、観光スケジュールが狂ってしまいます。いやあ、なかなかハードルが高い。

名古屋乗換ナビ。地図の青い点がバス停

新設された12系統はこれまでなかった大高駅から名鉄鳴海駅を結ぶというのがウリです。そしてそこから桶狭間へ向かうことが出来るようになったわけです。ただ、12系統以外にも大高駅から桶狭間へ向かう緑巡回という路線が以前からあって、場合によってはこれを使うと12系統とは違うルートで古戦場公園へ短時間で着けたりします。

ただこのバスは大高駅をでてから20分後にまた大高駅へ戻って、そこから古戦場方面へ向かうという複雑なルートを取るようです。現地バス停ではそのあたりはさっぱりわかりません。バス停の時刻表には余白がまだあるので、そういう説明とか、もっと書いておいてくれればいいのに、とつくづく思いました。

この余白に何か説明文が欲しいところ

ということで、安心して楽しめる12系統を使った一日コースを考えてみました。

まず名古屋駅を9時2分に出る東海道線に乗ると16分に大高駅につきます。ここから850m、徒歩11分で大高城址へ。見学後、駅に戻って線路の東側の鷲津砦跡へ行きましょう。350m、徒歩6分です。丸根砦跡へも行きたいところですが、1キロ以上ありますから、断念して駅に帰り、10時45分の12系統に乗って名鉄鳴海駅へ。10分かかりません。

鳴海駅から鳴海城址までは400m徒歩5分ほどです。見学が終わったら10分ほど歩いて700m東の善照寺砦跡へ。そこから600m南の中島砦跡へやはり10分弱。鳴海駅へは500m6分で戻れます。順調に行けば11時53分のバスに乗れますが、それでは強行軍なので、ゆっくり楽しんで12時53分の12系統に乗りましょう。善照寺砦跡は公園ですから昼弁当を食べるのもいいですね。

有松12系統の時刻表。ここにももっと説明文があるといい

12時53分の12系統バスに乗り、幕山バス停を目指します。古戦場公園は桶狭間寺前バス停より幕山バス停が近いので、カーマホームセンターの前にある幕山でバスを降りると13時15分です。東100mに古戦場公園があります。地元説本陣跡、瀬名氏俊陣跡、長福寺、七ツ塚、釜ヶ谷などを午後、たっぷりと見て回ってください。

元気のある方は古戦場公園から徒歩で1キロ、13分歩いて高根山(有松神社)へ登ってください。さきほど行った善照寺砦跡も眺望できます。

桶狭間古戦場公園

高根山まで上がれば名鉄有松駅まで歩けます。かなり疲れそうですが… 幕山からの帰りのバスですが、大高行きの12系統は15時台で終わってしまいますが、16時以降は有松駅経由要町行きが毎時17分にありますので、それに乗って名鉄有松駅へ向かいましょう。なお有松駅は急行が止まりませんが、電車は1時間に6本ほどあり、名古屋駅までは30分ほどです。

こういうコースを全国に発信して、もっと観光客に来てもらいたいものです。特に大高城界隈はもうちょっと何か発信しないと。せっかく土日休日のみの12系統バス路線が新設されたのですから。なおドニチエコきっぷを使えば600円で乗り放題です。これはいいですね。

古戦場公園のバス時刻表。栄まで直通のバスもあるようだ
PR情報

記事一覧

信長の祖父、信定が攻めた貿易湊、津島の姿

若き信長は新興中小企業の三代目ともいうべき身分でした。信長の弾正忠家創業者ともいえそうな信長の祖父、信貞は経済力を獲得すべく1524年(大永4年)ごろまで…

2018/5/29

画期的な内容の「愛知県史 通史編 中世2・織豊」ほか、地元歴史本が続々刊行中

3月30日付けで「愛知県史通史編3中世2・織豊」が愛知県から発行されました。少し協力させていただきましたので、さっそく目を通すことができました。 通史…

2018/5/3

信長の家、弾正忠家の家系に関して、新しい解釈が登場

織田信長はいわゆる三英傑の中では比較的ちゃんとした血筋の人です。素性のまったくわからない秀吉、先祖が何者かわからない「松平」家康と比べると、信長の場…

2018/4/17

大須萬松寺に信長の父、信秀の墓が新しく作られました

名古屋市の繁華街大須にある亀嶽林萬松寺(名古屋市中区大須3−29−12)。この寺は織田信長の父信秀が自らの菩提寺として、那古野今川家から奪い取った那古野城…

2018/3/15

いままでにない、桶狭間合戦の戦況に関する新説が発表されました

5年ほど前に、インターネットに「かぎや散人」という人のホームページがありました。そこでは尾張時代の織田信長に関して、信長公記に書かれてある事柄の大部…

2018/2/15

歴史好きの目から見た名古屋城天守閣木造復元の問題点

1月28日に名古屋市中区の鯱城ホールで「名古屋城天守閣木造復元」シンポジウムが開かれました。参加してみましたが、入り口で反対派がビラを配り、会場でも反…

2018/2/5

「信長公記 天理本 首巻」から新たな若き信長像が見えてくる

前回、信長家臣太田牛一による信長の記録、信長公記には様々なバリエーションがあると書きましたが、太田牛一の自筆と考えられるもので15巻が揃って現存してい…

2018/2/2

信長を知るにはとにかく『信長公記』を読むしかない

この連載のネタ本であり、信長のことを語る上では欠くべからざる史料が信長公記です。信長公記は信長の死後に信長の家臣が書き起こした信長の一代記で、これな…

2018/1/6

10年をかけた岐阜城信長居館の発掘調査、ついに終了

岐阜城、信長公居館発掘調査、平成29年度現地説明会が12月9日にありましたので、行ってきました。こちらの発掘調査は岐阜市教育委員会によって10年かけて行われ…

2017/12/13

小牧山城でまた新たな大発見がありました。現地説明会は11月18日一日限りです!

信長の城として、歴史がどんどん書き換わっていると言ってもいい小牧山城の発掘調査、今年も大変なことになっています。 主郭地区第10次発掘調査で、北西の急…

2017/11/14

プロフィール

15

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
30 ℃/18 ℃
東京
晴れ時々曇り
29 ℃/19 ℃
大阪
晴れ時々曇り
31 ℃/21 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集