【お悩み相談室その64】「しゃぶしゃぶ」を言い間違える上司に注意すべきか? 2017/11/12

マイナス思考はまずい。プラス思考でなければ。しかし、あんまりそう思い詰めると、かえってストレスがたまりますよ。何でも「ほどほどに」が1番ですね。

それでは、お悩み相談その64です。

〔悩み〕
どうやら上司が、「しゃぶしゃぶ」のことを、「じゃぶじゃぶ」と思い込んでいるようです。真実を教えてやるべきでしょうか?(町賀稲夫 32歳・会社員)

〔回答〕
人間には、誰しも思い込みというものがあります。エべレ―ター(正しくはエレベーター)、アボガド(正しくはアボカド)、ヒッチタンカ(正しくはヒッチハイク)、ナンノコッタ(正しくはパンナコッタ)などなど、例を挙げればきりがありません。

この上司も、数十年の人生を「じゃぶじゃぶ」と思い込んで過ごしてきたのでしょう。それをいきなり否定してしまうと、絶望に打ちひしがれて立ち直れなくなります。ここは、さりげなく誤りを気付かせていくことが肝心です。

「この『しゃぶしゃぶ』、本当においしいですね」と、「しゃぶしゃぶ」のところを、ほんの少し強調しながら言ってみましょう。しかし、これで思いが伝わるほど世の中は甘くありません。上司は、ちょっと遠慮がちにこう言ってくるのではないでしょうか。

「言おうか言うまいか迷ったんだけどな。きみが将来恥をかいたらかわいそうだから、思い切って言っておくよ。これは、『しゃぶしゃぶ』じゃなくて、『じゃぶじゃぶ』と言うんだぞ」

こうなったらもうしめたものです。こちらは、もっと遠慮がちに声を潜めて、実は上司の方こそ間違っていることを指摘するのです。もちろん上司は、大きなショックを受けて落ち込むことでしょう。その時には、こう慰めてみてください。

「いや、誰だって間違いはあるもんですよ。ほら、『ゴボウも筆の誤り』(注:正しくは『弘法も筆の誤り』)って言うじゃないですか」

上司の目がきらりと光り、いつもの輝きを取り戻してくるはずです。

PR情報

記事一覧

【お悩み相談室その87】迷い込んできたスズメが出ていこうとしない

「課長、申し訳ございません。今回のトラブルの全責任はこの私にあります。どんな処分でも受け入れる覚悟は持ち合わせています」 たかが天丼とカツ丼を間違え…

2018/4/22

【お悩み相談室その86】根気がないのか日記を長く書き続けることができない

ロボットは、日々進化を遂げています。 ものまね名人コロッケが、ロボットの動きをまねするネタを見たことがありますが、そのうち、コロッケの声色をまねする…

2018/4/15

【お悩み相談室その85】歓迎会で「社長がついだ酒は飲めない」と新入社員に拒絶された

映画を見ていると、ついうとうと。 そんな時に、クライマックスを見逃してしまうと、悔やんでも悔やみきれません。そんな悲劇を防ぐためにも、「クライマック…

2018/4/8

【お悩み相談室その84】パスタ店で、メニューの番号だけで注文したら怒鳴られた

「南極点に人類で初めて到達したのは誰?」 「アムンゼン」 「ピンポ〜ン。でも、アムンゼンはなぜそこが南極点だということが分かったんだろう?」 「『ここが…

2018/4/1

【お悩み相談室その83】上司の「ここだけの話」にうんざりしている

ダイエットを成功させるには、似顔絵入りの名刺を作りましょう。その時、やせた顔を描いておくのです。そうすれば、名刺の顔に似せようとして、ダイエットを必…

2018/3/25

【お悩み相談室その82】きびだんごをやると言っても、キジが家来になろうとしない

「これからの会社には、イエスマンばかりいてもダメだと思うんだよなあ」 思いがけないやさしい声に、つい油断してこう答えたのがまずかったようです。 「は…

2018/3/18

【お悩み相談室その81】引っ越し先に別の人が入居していたらどうする?

「おじいちゃんが子どもだったころはね。テレビもエアコンも冷蔵庫も洗濯機もパソコンも炊飯器もビデオも掃除機も、電化製品なんかなあんにもなかったんだぞ」 …

2018/3/11

【お悩み相談室その80】泣くポイントがほかの人と違うのは変人の証拠?

チュートリアル、ブラックマヨネーズ、フットボールアワー、オリエンタルラジオ、サンドウィッチマン、トータルテンボス、スピードワゴン、トレンディエンジェ…

2018/3/4

【お悩み相談室その79】社長提案で、単位を何でも1万倍にして言うことになった

人間が生きていくために必要なのは、「衣食住」と教わりました。しかし、これではせいぜい75点。「衣食住笑」ではじめて100点満点と言えるのです。 それ…

2018/2/25

【お悩み相談室その78】本をのぞき見されるのが我慢ならない

毛利元就(もとなり)の3本の矢の話は、よく知られています。 「この矢を1本ずつ折ってみよ」 元就の3人の息子は難なく折った。 「今度は3本まとめてじゃ!…

2018/2/18

プロフィール

34

達人に質問をする

お笑い作家

「寒」いギャグを飛ばしているうちに、「一」番「光」り輝く日が「来」るだろうという願いを込めて、「寒来光一」と名付けた。

1999年、「読む漫才」をテーマに、執筆活動を開始。3年後に脱サラして、本格的に執筆活動に取り組み始める。

著書は、ジョーク集『ああ、笑いの投稿者たち』『人生によく効く笑いのクスリ』、エッセイ『寒来光一のいいっちゃもんノート』、読む漫才集『それでも地球は笑っている』など。

座右の銘は「一笑一会」。モットーは「寒いギャグで、地球温暖化防止を」。

ブログ「寒来光一の日替わり笑話」の更新を、10年間フウフウ言いながら、辛うじて毎日続けている。

日本笑い学会会員。福岡県北九州市在住。宮崎県延岡市出身。

ピックアップ

  • 中日ボイス
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち雨
20 ℃/17 ℃
東京
曇りのち一時雨
22 ℃/15 ℃
大阪
曇りのち雨
20 ℃/18 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集