美濃金山城は犬山城か!? ついに発掘調査が始まりました 2017/10/28

御殿があったと思われる発掘場所。展望が素晴らしい位置にある

岐阜県可児市兼山。1656年までは金山と書かれたようです。木曽川の上流にあって、人道支援の杉原千畝で有名な八百津町のすぐ下流という位置にあり、2005年に可児市に編入されるまでは日本で二番目に小さい町、可児郡兼山町でした。そんな小さな町ですが戦国時代には、この町の位置は美濃にとって、飛騨や信州に対する抑えの要地であり、木曽川水運(特に木材)のたいへん重要な湊町でした。そのため、天正年間までには現在の古城山(標高277m、比高160m)に鳥峰城も築かれました。

城址からは木曽川や町並みを見下ろすことが出来る

ここには当初、斎藤道三と関係があると言われる斉藤大納言正義がおり、その死後はおそらく長井道利が入っていたのではと考えられています。ただそれを裏付ける資料はありません。長井隼人佐道利は斎藤道三の子供(庶子)とか弟とか言われ、一般には義龍、龍興に仕えていたとされますが、どうも独立勢力であったように思えます。永禄8年4月に金山の南、御嵩町顔戸にある八幡社の棟札に名前がでてきますので、その頃までは長井がこのあたりに勢力を張っていたのではと考えられ、永禄8年8月の堂洞合戦の折に、関の城主として参戦してきますが、それはこの鳥峰城を追われていたからかもしれません。このあたりの詳細は中日新聞クラウドファウンディング「夢チューブ」でご予約いただける、「現代語訳 信長公記天理本 首巻」を読んでいただければと思います。(記事:信長公記天理本の現代語訳をクラウドファウンディングで発行!

広い本丸部分。写真奥に天守があった

ということで、正確には不明なのですが、永禄8年(1565年)4月以降に信長は鳥峰城を落として、重臣の森可成を入れています。そして鳥峰城の名を変え金山城としたのです。2016年8月のこの連載で、堂洞合戦のあとに金山を落としたと書きましたが、このように、どうもそれ以前と考えるべきだと思うようになりました。金山へは犬山から木曽川を渡ることなく陸路進めますから、美濃と言えども攻めやすかったのでしょう。

天守部分の発掘現場。写真奥が石垣の際

森可成は本能寺で死んだ森蘭丸(乱丸)の父親で、永禄8年に生まれた蘭丸は金山城が出生の地では、とされています。信長は本能寺の変の少し前、天正10年3月9日、甲斐遠征の途中でこの城に泊まっています。金山城主は可成の次男森長可、六男忠政と移り、関ケ原合戦の翌年、1601年に廃城とされ、現在に至っています。

北側から見た天守石垣。手前に転がるのは崩れた石

廃城時の城主は犬山城主の石川光吉(貞清)で、その時、金山城の天守は解体され、部材は犬山まで木曽川を流されて、犬山城へ移築されたという話が残っています。ただこれにははっきりした資料がありません。以前にも書いたと思いますが、現犬山城天守は金山城天守を移築した上で改築されて現在の姿になったのではないか、という疑問ですね。

犬山城は二層二階の大入母屋の上に望楼を乗せた形となっていて、1609年築の名古屋城(層塔型)より古い様式です。解体修理時の調査で望楼部分は1600年以降に増築されたものと判明していおり、大入母屋部分は1576年築の丸岡城よりは構造的に新しく、用材から見ると望楼より数10年以上前のものです。また石垣は1600年頃の技法と考えられるとのことです。これらを統合すると、1576年以降に建てられた金山城を1601年に壊して、犬山城として新しい石垣の上に再建され、望楼部分が増築されたと考えると辻褄が合いそうです。

犬山城の写真の望楼部分を隠してみた。金山城はこんな姿かも

今回、可児市教育委員会によって、金山城天守部分の発掘調査が行われ、説明会が10月21日にありました。天守跡には昭和29年に神社が建てられていましたが、今回その社殿を移転させて発掘調査が行われたのです。その結果、初期段階では北側の岩盤の上に石垣を組み、そこへ半地下構造の天守と思われる建物が建てられ、南側の御殿との間の敷石があったことが判明しました。その後に盛り土などがされ、建物は南側に拡張されて建て直されたであろうことも分かってきました。そして立て直された建物のサイズは、犬山城にかなり近いようです。現在、否定的な見解が多い移築説ですが、この当時は現代同様、たいへん木材が不足しており、多くの城が移築で作られていますので、可能性はかなり高いのではと思います。

出丸駐車場から本丸への登り口

ということで、山城攻めにはいい季節ですので、金山城へぜひ行ってみてください。崩されてはいますが天正期の石垣もかなり残り、城の縄張りも見事に残っています。発掘あとは残念ながら埋め戻されているはずですが。兼山の町を見下ろせる眺望も素晴らしく、山城を堪能できます。出丸部分まではクルマで上がれますので、そこから本丸までは20分ほどで楽に登れます。なお麓にある金山歴史民俗資料館は、リフォームのため来年度まで休館中です。

PR情報

記事一覧

信長の祖父、信定が攻めた貿易湊、津島の姿

若き信長は新興中小企業の三代目ともいうべき身分でした。信長の弾正忠家創業者ともいえそうな信長の祖父、信貞は経済力を獲得すべく1524年(大永4年)ごろまで…

2018/5/29

画期的な内容の「愛知県史 通史編 中世2・織豊」ほか、地元歴史本が続々刊行中

3月30日付けで「愛知県史通史編3中世2・織豊」が愛知県から発行されました。少し協力させていただきましたので、さっそく目を通すことができました。 通史…

2018/5/3

信長の家、弾正忠家の家系に関して、新しい解釈が登場

織田信長はいわゆる三英傑の中では比較的ちゃんとした血筋の人です。素性のまったくわからない秀吉、先祖が何者かわからない「松平」家康と比べると、信長の場…

2018/4/17

大須萬松寺に信長の父、信秀の墓が新しく作られました

名古屋市の繁華街大須にある亀嶽林萬松寺(名古屋市中区大須3−29−12)。この寺は織田信長の父信秀が自らの菩提寺として、那古野今川家から奪い取った那古野城…

2018/3/15

いままでにない、桶狭間合戦の戦況に関する新説が発表されました

5年ほど前に、インターネットに「かぎや散人」という人のホームページがありました。そこでは尾張時代の織田信長に関して、信長公記に書かれてある事柄の大部…

2018/2/15

歴史好きの目から見た名古屋城天守閣木造復元の問題点

1月28日に名古屋市中区の鯱城ホールで「名古屋城天守閣木造復元」シンポジウムが開かれました。参加してみましたが、入り口で反対派がビラを配り、会場でも反…

2018/2/5

「信長公記 天理本 首巻」から新たな若き信長像が見えてくる

前回、信長家臣太田牛一による信長の記録、信長公記には様々なバリエーションがあると書きましたが、太田牛一の自筆と考えられるもので15巻が揃って現存してい…

2018/2/2

信長を知るにはとにかく『信長公記』を読むしかない

この連載のネタ本であり、信長のことを語る上では欠くべからざる史料が信長公記です。信長公記は信長の死後に信長の家臣が書き起こした信長の一代記で、これな…

2018/1/6

10年をかけた岐阜城信長居館の発掘調査、ついに終了

岐阜城、信長公居館発掘調査、平成29年度現地説明会が12月9日にありましたので、行ってきました。こちらの発掘調査は岐阜市教育委員会によって10年かけて行われ…

2017/12/13

小牧山城でまた新たな大発見がありました。現地説明会は11月18日一日限りです!

信長の城として、歴史がどんどん書き換わっていると言ってもいい小牧山城の発掘調査、今年も大変なことになっています。 主郭地区第10次発掘調査で、北西の急…

2017/11/14

プロフィール

15

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
33 ℃/20 ℃
東京
晴れ
32 ℃/20 ℃
大阪
晴れ
32 ℃/20 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集