信長を知るにはとにかく『信長公記』を読むしかない 2018/1/6

現在の成願寺はUFOみたいなモダンな建物となっている

この連載のネタ本であり、信長のことを語る上では欠くべからざる史料が信長公記です。信長公記は信長の死後に信長の家臣が書き起こした信長の一代記で、これなくして信長は語れません。というか現在知られている信長の生涯やエピソードは、ほとんどがこの本をネタ元としているといっていいでしょう。著者の太田牛一は一般にはオオタギュウイチと読んでいますが、ギュウイチなのかウシカズなのか、当時何と呼ばれていたかは不明です。通称は又助で大永7年(1527年)生まれ、信長より7歳年上とされています。自分でも書いていますが、現在の名古屋市北区味鋺(当時の山田郡安食村)の出身で、若い頃は北区成願寺町に今もある成願寺で修行していたとも言われます。信長には弓の腕を買われて士官し、弓衆の一人となっていますが、どうも最初は信長ではなく柴田勝家のもとにいたようで、勝家が中心となって清州城を攻めた中市場の戦いに足軽として参加しています。

そんな太田牛一が自らについて信長公記に書いているのは、東濃・堂洞合戦の折にうまく弓を射て信長から直接ほめられたという話で、この頃はまだ戦闘員として信長に仕えていたようですが、その後は官吏としての仕事が中心になりました。そして信長の死後は丹羽長秀の右筆になり、その後は豊臣秀吉・秀頼にも仕え、家康の時代になってからも文筆に励み、関ケ原合戦の10年後である慶長15年(1610年)84歳の頃まで、書いたものが残っています。

信長公記を活字にした出版物は、桑田忠親校注本が1965年、奥野高広校注の角川文庫本が1969年に初版発行されている

牛一は筆まめで、日々、とにかくたくさんのメモを残したようで、そのメモを整理して信長が上洛してからの15年の信長の記録を毎年一巻、全15巻の「信長記」として書き残しました。これが今「信長公記」とよばれるものです。この牛一の信長記は印刷出版されず、牛一自筆の本を、本人や人々が書き写すことで冊数が増えて広がっていきました。といっても手書きですからその数は知れていて、現存するものは数えるほどです。特に全巻がそろった自筆本はわずか二冊しかみつかっていません。

信長公記の現代語訳は榊山潤訳が1980年、中川太古訳が1989年の初版発行

ここで疑問なのは信長記でなく信長公記と呼ぶのはなぜか、ということでしょう。牛一の信長記を読んだ小瀬甫庵という牛一より37歳年下の作家・ライターが、信長記というタイトルの本を江戸時代初期の元和8年(1622年)に活字で刊行し、これが商業出版物として大ヒット。江戸時代を通じて版を重ねました。甫庵の書いた信長記(甫庵信長記と呼ばれることが多い)は、牛一の信長記をベースに甫庵の主観や儒教思想を入れながら、面白おかしく書かれた小説的なもので、広く読まれました。現代においても司馬遼太郎の歴史小説(例えば竜馬が行く)を史実と思っている人が多いように、牛一の信長記でなく甫庵信長記が当時の人にとっては信長の史実になってしまいました。そして当時の人に限らず、明治以降も歴史家を含め多くの人が甫庵信長記で信長を語ってきました。

甫庵信長記の校注本は1981年に初版が出ている

そういう甫庵信長記と混同しないよう、昨今では太田牛一のものを信長公記と呼ぶようになりました。牛一は信長公記の奥付で「正直に書いた」としており、彼の知り得たことだけではありますが、相当に正しいことが書かれているとして、信長の研究では一級資料に近いものとして扱われています。とはいえ、牛一は織田の家臣の中でそう上級の人ではありませんし、いわゆる右筆でもありませんでしたから、知りうる情報が完全であったわけではありません。また信長に都合の悪いことはほとんど書かれていません。さらに出版物として書かれたものではないので、決定版はなく、書かれた時期や、書くことを頼まれた人向けの仕様など、内容が若干異なる多くのバージョンが残っています。

例えば信長の乳兄弟といわれる池田恒興を祖とする「池田家」から先祖の活躍を知る資料として書いて欲しいと請われて、池田家向けの信長公記が書かれました。それには池田家にとってちょっと不都合な話は書かれていなかったりするわけです。また受け取った池田家では牛一自筆本をベースに書き写して複製本を作りますが、その時、書き写した人が間違えたり、意図的に書き換えたり、書き加えたりすることもありました。そうしたものが現代まで残ったりしていますので、これこそが決定版、という信長公記は存在していません。色々なバージョンがあり、それらの研究が進められています。

信長公記の詳しい研究書が「織田信長という歴史 『信長記』の彼方へ」 金子拓 著

ということで、現在、存在が確認されている信長公記は東大の金子拓先生の著作によれば72ありますが、これは全巻揃っていないものや、かつてあったが今は所在不明となってしまっているものも入れての数字です。この信長公記のバリエーションに関する話だけで本が一冊書けるくらいですから、ここではこれ以上詳しくは書きませんが、信長公記がどういうものかはまずわかっていただけたかと思います。ということでこのお話は、次回に続きます。

PR情報

記事一覧

末森城は安土城の原型ではないか、そんなことを思いながら現地ガイドしました

私は鳴海中日文化センターで「若き信長の軌跡」という講座をやっていますが、テーマを信長の若い頃、つまり父親信秀の活躍した時代にして、お話をし、その現地…

2018/9/19

秀吉功路!「人生大出世夢街道」の現地見どころをご紹介(先回の続き)

前回記事はこちら 『今度は秀吉功路!名古屋市が中村区で「人生大出世夢街道」事業をスタート』 人生大逆転の信長に続いて、人生大出世の秀吉で武将観光を進め…

2018/8/25

今度は秀吉功路! 名古屋市が中村区で「人生大出世夢街道」事業をスタート

名古屋市が進める武将観光ですが、信長攻路の整備が一段落して、次は27年のリニア中央新幹線開業で注目される駅西、中村区を新たに武将で開発しようという話に…

2018/8/21

信長が攻めた金山城、その麓に可児市戦国山城ミュージアムがオープン

今回は津島の話を一回お休みして、新しくオープンした可児市戦国山城ミュージアムと可児市観光交流館のお話です。 可児市といっても戦国山城ミュージアムがあ…

2018/8/4

信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その2

信秀・信長が持っていた巨大経済力の源泉である貿易川湊・津島。信長時代の痕跡を求めて2018年6月に鳴海中日文化センターの講座として行ったツアーのご紹介、そ…

2018/7/19

信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その1

6月のはじめに、鳴海中日文化センターの私の講座の皆さんと、信長時代の津島の痕跡を求めて現地ツアーをしてきました。津島市も様々な市内観光コースを提案して…

2018/6/26

信長の祖父、信貞が攻めた貿易湊、津島の姿

若き信長は新興中小企業の三代目ともいうべき身分でした。信長の弾正忠家創業者ともいえそうな信長の祖父、信貞は経済力を獲得すべく1524年(大永4年)ごろまで…

2018/5/29

画期的な内容の「愛知県史 通史編 中世2・織豊」ほか、地元歴史本が続々刊行中

3月30日付けで「愛知県史通史編3中世2・織豊」が愛知県から発行されました。少し協力させていただきましたので、さっそく目を通すことができました。 通史…

2018/5/3

信長の家、弾正忠家の家系に関して、新しい解釈が登場

織田信長はいわゆる三英傑の中では比較的ちゃんとした血筋の人です。素性のまったくわからない秀吉、先祖が何者かわからない「松平」家康と比べると、信長の場…

2018/4/17

大須萬松寺に信長の父、信秀の墓が新しく作られました

名古屋市の繁華街大須にある亀嶽林萬松寺(名古屋市中区大須3−29−12)。この寺は織田信長の父信秀が自らの菩提寺として、那古野今川家から奪い取った那古野城…

2018/3/15

プロフィール

15

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
30 ℃/--
東京
曇り
23 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
29 ℃/--
  • 東名, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集