心に余裕がもてると うまくいく 2018/1/11

2018年の幕開けです。皆さん、どのような新年を迎えられましたか?

こうしてたずねていただき、ありがとうございます。誰もが思うでしょう。今年はどんな年になるのだろう?と。大きな結果、数字を残せたら「満足」となりますが、何もなければ落ち込むのが私たちです。

人間というのもは、なぜここまで数字や形にこだわるのでしょうか。

私の元にいただくメールの中で圧倒的に多いのが「人間関係で悩む」という方です。そのくらい人間関係を築くことは難しいのですね。


●なぜ人間関係がうまくいかないのか?

さてなぜ人間関係がうまくいかないのでしょう。それはどこかで嫌な人を過剰に意識しすぎているのかもしれません。

そもそも人間には自分にとって好きな人、合う人は「50」です。反対に嫌いな人、合わない人も「50」いるということを知ってほしいのです。世の中には+(プラス)があるということは必ず−(マイナス)があるのです。

陰があるということは必ず陽があります。裏表、好き嫌い これはセットでついてくるものなのです。それを好きな人が100いる職場と求めるから「ここは違う」と思ってしまうのです。

●心のしくみをしりませんか?

今度は心の仕組みを仏教の視点からお話ししましょう。

人間には煩悩というのがあります。煩悩というのは「欲」の心から生まれてくるものです。さらにその中に「我欲」という欲があります。これは「自分の考えていることが正しい。私の理想通りの人生を歩みたい」という自己中心的な心のことなのです。

「我」が強くなると、常に周りを批判してしまいます。そして常に自分を守ることしかできません。だから人間関係も悪くなってしまうのもわかりますね。

私たちには性分がありますから、好きな人から注意されてもそんなに怒ることはないのですが、自分にとって都合の悪い人、嫌いな人から注意されると反発してしまうのです。

親鸞聖人(しんらんしょうにん)は

人、指をもって月を指(おし)う、持って我(われ)を示教す、指を看視して月を視ざるがごとし

とお示しくださいました。

あなたにとって尊敬できない人が「あの月きれいだね」と月に指をさしました。すると私はその人が嫌いだからといって指す指だけにとらわれてしまっている。親鸞聖人は「なぜ月を素直に見ようとしないのか」と教示してくださいました。

仕事中、キツイ言葉で怒られた。それは仕事に対して怒られたのです。あなたが否定されたと思うからすべてが嫌になるのです。

仕事と嫌な出来事を別に見ていきませんか?

家庭でもそうです。嫌な言葉を浴びせられた。もうその人は悪人に見えるでしょう。しかし、相手も心に余裕がないのです。その余裕のなさにあなたまでが流されるのはもったいないことです。

「この人、今余裕がないのだな」と悲しみましょう。

嫌いな人の対処法

●嫌いな人ほど挨拶しましょう。

人間は無意識に嫌いな人は避けていきます。そこで、顔を合わせて一番に挨拶をしましょう。もちろん顔は笑顔で。人間というのは寄ってくる人は可愛いものです。避けるからますますお互いが険悪となるのです。ただ機嫌をとっていると思われないように気をつけましょう。

●「そうなんだ」とやわらかい言葉をかえす。

嫌いな人から何か言われると反発もしたくなります。そうではなく「なるほど」とそのままの言葉を受け止めたらいいのです。

そして、心の中で「この人はこういう言い方でしか伝えられない人なんだ。残念だな」と思いましょう。笑

そしてあなたが他人に対し、同じことをしないということに気をつけましょう。

大切なのはあなたが
あなたの人生を大切に生きていけるのか?
ということです。

その姿から必ず成長していきますよ。

このことで「怒り」だけをためてしては孤立してしまいます。逆境から学ぶ「独立者」であってほしいものです。

それが心に余裕のもてた人なのですね。



今年もどうぞよろしくお願いします。

2018年1月 川村妙慶 拝


★PHP2月号で 原稿書いています。

2017年末  僧侶 作家  川村妙慶

PR情報

記事一覧

今年 一年のお礼

●私を生きよう! 僧侶の川村妙慶です。こうしてたずねていただき、ありがとうございます。 2018年から2019年へと移り変わる瞬間です。 皆さんにとっ…

2018/12/31

やる気はあるのに発揮できない

ようこそおたずねくださいました。おおきに。 すっかり秋から冬を迎える季節ですね。 寒暖差もあります。皆さんお元気ですか? 今ではハイキングを楽しまれる…

2018/11/21

急に寂しくなったとき どうしたら?

ようこそおたずねくださいました。おおきに。 すっかり秋ですね。 さて読者のさとりっちさまよりこんなメールをいただきました。 ---------------------------…

2018/10/23

自分の性格は直せるのか?

ようこそおたずねくださいました。 しばらくの間、更新できず申し訳ありませんでした。 その中でも「中日新聞で、妙慶さんの心を耕す講座の紹介みました」とメ…

2018/9/22

儲からない 理由

ようこそおたずねくださいました。 おおきに あなた様はお元気ですか? 八月に入っても暑いですね。 くれぐれも皆さん、体調には気をつけてくださいね。 お盆…

2018/8/9

なぜ素直になれないのか?

この人なら素直になれるのに、なぜあの人には素直になれないのでしょうか?皆さん、そんな経験はありませんか? 私もあります。先日、兄とささいなことで口論…

2018/7/13

心が豊かになる人生

ようこそおたずねくださいました。 おおきに あなた様はお元気ですか? 今、皆さんは何に興味がありますか?政治、経済、外交? それだけではないですよね。 …

2018/6/8

孤独は寂しいことなのか?

今、孤独の不安を訴える人が増えています。高齢化社会にともない、長生きはできても、その中で人間関係が希薄化されてしまうと、孤独という不安は誰でもつきま…

2018/5/15

過去のトラウマから抜け出せるには

早いもので4月!春ですね。長い冬を経験したからこそ、春の喜びをいただけます。しかし嬉しいはずの春が、移動、環境の変化で面白くなくなったということもあ…

2018/4/12

お経は何のためにあるの?

家族が亡くなったとき何をしたらいいのか? ようこそおたずねくださいました。3月に入り、少しづつ春の気配を感じますね。先日、読者さまからメールをいただ…

2018/3/8

プロフィール

16

達人に質問をする

真宗大谷派僧侶・アナウンサー

京都在住(福岡県出身)
20歳で真宗大谷派(東本願寺)の僧侶となる。と同時に社会経験をと、関西を中心にアナウンサーとして活躍。

15年前から立ち上げたHPでは
2007年ヤフー人名検索1位になり話題になる。「川村妙慶の日替わり法話」は一日3万件のアクセス。

現在 中日文化センター「心が元気になる講座」講師。

NHK京都、大阪文化センター講師。FBS読売文化センター講師。KBSラジオ「ほっかほっかラジオ 妙慶のちょっといい話」レギュラー。

産経新聞「明日へのヒント」・京都新聞「暖流」日経ヘルスプルミエ
連載中。

全国へ講演で回る。また著書も多数出版。

近著に「女の覚悟」講談社・「大丈夫!何とかなるから 」KKベストセラーズ、「妙慶の怒りをおさめる35の話し」こう書房 他

☆川村妙慶のテレフォン法話
075-431-7603(なむあみ)

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
9 ℃/--
東京
晴れ
10 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
10 ℃/--
  • 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集