見えた!皆既月食 2018/2/6

1月31日の皆既月食は、最初から最後まで全経過が見られる好条件だった

 1月31日は、全経過が見られる月食としては3年4か月ぶりとなる皆既月食が起こった。当初不安視されていた天気は、何とか良い方向に転んでくれて東海地方でも薄雲がかかりながらも見えたところが多かった。

東の空に浮かぶ満月。20時30分にはすでに半影月食が始まっていた

 午後7時ごろ東の空には美しい満月がかかっていた。「何とか行けそうだ」と期待が盛り上がってくる。午後7時50分から半影月食が始まった。時間が過ぎるにつれ満月の左下がゆっくり薄暗くなってゆく。

21時10分。月が半分以上欠けた。欠けて見えないはずの部分がぼんやり赤く見えていた

 ときおり雲が流れてくるものの、天気はおおむね良好。月も順調にかけて行き、午後9時には半分強欠けていた。双眼鏡で見ると欠けて見えない部分もうっすらと赤く色づいていることがはっきりとわかる。欠け始めに比べるとあたりも暗くなった。

21時50分。いよいよ皆既の始まり。

 午後9時50分、いよいよ皆既の始まりだ。月全体が赤く染まっているが、半影に近い月の南側が明るく、本影の中心に近い北側が暗い。そのグラデーションが何とも美しい。あたりはかなり暗くなったが、薄雲がかかっているせいか、星はあまり見えない。

22時10分。満月は完全に本影の中に入り込んだ。どちらかといえば透明感なる赤。

 午後10時10分。満月は完全に本影に隠れた。皆既月食の最大の魅力である赤い満月夜空に浮かび上がる。若干薄雲があるものの、鮮やかで透明感のあるオレンジ色に近い赤。せっかくあたりは暗くなったのに、オリオン座の三つ星さえも良く見えない。
 
そうこうしているうちに、赤い月はどんどん輝きを失っていった。ついに雲が押し寄せてきた。とりあえずこれまでと、ひとまず退散。

23時40分。雲の薄い部分からときおり欠けた月が見えた

 結局、その後雲は取れず鮮やかな赤の皆既中の月は見えずじまい。でもまあよくぞここまで天気が持ってくれたことに感謝。
 
次の皆既月食は、半年後の7月28日の未明に起こる。

PR情報

記事一覧

1月6日 部分日食を見よう

日食は、太陽の前を月が通り過ぎることによって太陽が欠ける現象で新月の時に起こる。日食は1年間におおむね半年間隔で2回起こるが、今年は3回起こる。その1回…

2019/1/5

長寿の星カノープスを見よう

何度新年を迎えても、星座たちは何の変化もなくいつもと同じように輝いている。オリオン座を中心に、三つ星を北西の方向に延ばすとおうし座があり、南東の方向…

2018/12/29

今年もたくさん流れる?!12月14日ふたご座流星群が極大

1月のりゅう座流星群、8月のペルセウス座流星群とともに三大流星群のひとつとして知られるふたご座流星群が、12月10日から18日にかけて活動する。しし群やペル…

2018/12/13

12/2(日)〜 明け方の東の空で月と最大光度の金星がランデブー

●12月2日金星が最大光度 木枯らしが吹き抜ける12月。こたつの中で丸くなっていないで、思い切って日の出40分ほど前の5時50分ごろに戸外に出てみよう。身が引き…

2018/12/1

秋の星座のキーワードは「幸せ」?

●秋の夜空には水に関係する星座がいっぱい 10月になると星空も、夏のギラギラした星座たちが、ようやく西に傾き、代わってしっとりと落ち着きのある秋の星座た…

2018/10/30

10月9日『10月りゅう座流星群』が極大

10月りゅう座流星群とは、あまり聞きなれない名だが、母天体のジャコビニ・チンナー彗星の名で呼ばれているジャコビニ流星群のこと。2009年の国際天文学連合総…

2018/10/8

四大惑星が創る巨大アーチそろそろ見納め

7月から宵の南天に大きなアーチを形創るように並んでいた4つの太陽系惑星、金星、木星、土星、火星たち。9月の声とともにそろそろ見納めが近づいてきた感がある…

2018/9/12

今年は最高の条件!8/12夜にペルセウス座流星群が極大

●8月12日深夜ペスセウス座流星群が極大 花火大会と同じように夏の風物詩として定着した「ペルセウス座流星群」が8月12日から13日かけてピークを迎える。いった…

2018/8/11

7/31に火星が超大接近!東の夜空を見上げてみよう

●7月31日火星超大接近 猛暑お見舞い申し上げます。なぜ今年はこんなに暑いのか?7月31日に火星が大接近するからなのか?なんて少し調べてみたが何の因果関係も…

2018/7/28

7月の宵空(午後8時ごろ)に並ぶ4大惑星

5月は木星、6月は土星と毎月のように惑星の話題が尽きないが、7月は火星の大接近、8月は金星の東方最大離角とまだまだ続く。そんな話題の惑星たちが、7月の宵空…

2018/7/7

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
10 ℃/1 ℃
東京
晴れ
11 ℃/2 ℃
大阪
晴れ
12 ℃/4 ℃
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集