鉄道“超”基礎知識(6) 番号 特急用7,8、急行用5,6 2018/5/31

特急「ワイドビューしなの」は、383系を使用している。百位の3は直流電車、十位の「8」は特急用を示している。

しばらく間が空いてしまいましたが、鉄道“超”基礎知識の6回目として、前回に引き続き鉄道車両の番号について記します。今回は、電車を中心としたJRの形式名の付け方の基本です。

○百位 1-3:直流、4,5:交直流、7,8:交流、6,9:予備・試作
○十位 0-2:通勤用・近郊用・一般用、5-7:急行用、8:特急用、9:試作車

これは、国鉄時代に決められた車両称号規程をもとに記しています。例えば、JR東海に在籍する在来線特急用車両には、次の3形式があります。

・373系…特急「ふじかわ」「伊那路」
・383系…特急「しなの」
・キハ85系…特急「ひだ」「南紀」

JR東海の在来線は直流電化か非電化で、交流電化されている路線はありません。ですから、電車の百位は1-3、気動車は百位がないものとなっています。また、いずれも十位が「7」と「8」ですよね。

あれれ、「7」は急行用と先に記しましたので、何だか変ですよね。国鉄の車両称号規定は何度も変遷を経ているのですが、電車を定めた最後の改訂は昭和34(1959)年のことでした。当時、急行や準急が全国網をもっていて、「特急」と呼ばれる「特別急行」は、ごく一部で運転されているだけのまさに特別な存在でした。ですから、急行用には5,6,7の3つを割り当てながら、特急は「8」だけにしたものと思われます。

しかし、JRの定期急行列車はすでになく、かろうじて臨時列車として残っているだけです。一方、全国の幹線系には特急列車網ができています。さらに、JRになっていますので、国鉄時代の規則に縛られる必要は無くなりました。
そこで、どうやらJR東海は「8」とともに「7」も特急用に使用することにしたようです。

ちなみに、JR西日本は予備だった百位の「6」を交直両用の特急車681系、683系(サンダーバード、しらさぎ等)に使用していますし、JR東日本も651系、E657系(ひたち等)などに使用しています。JR東日本も急行用の「5」を特急車に使用しているわけですね。

さらに、JR四国は国鉄方式を採用せず、1000系、2000系といった私鉄風な4桁形式にしました。このように、JRになって30年以上を経た今日、車両称号規程は必ずしも守られていませんが、いまもってJR各社の形式名の基本になっているのも事実です。

寝台特急「サンライズエクスプレス」は、285系。特急用直流電車であることが、形式名からわかる。

もう一つの例として、いまや唯一の定期寝台列車となった、サンライズエクスプレスを取り上げてみます。

東京駅と香川県の高松駅・島根県の出雲市駅を結ぶ夜行列車で、昨今、出雲市行の「サンライズ出雲」は、出雲大社へと向かう若い女性に人気だといいます。使用しているのは、JRになってから新製した寝台列車用車両で、285系という形式名です。先の一覧に照らし合わせると、百位の「2」は直流電車であることを表し、十位の「8」は特急車であることを表していることが判ります。

かつて国鉄が開発した寝台電車は581系と583系でした。交直両用車だったのです。それに対して、JR東海とJR西日本が共同開発した285系は直流専用車ですから、これだけでも国鉄時代といまとの使用地域の違いが感じられますよね。

ところで、一位の「5」は何でしょうか?

これは、できた順番からきている数字です。281系関空特急「はるか」、283系紀勢本線「オーシャンアロー」がすでにあったため、続いて登場したサンライズエクスプレス用は285系となりました。

ちなみに、形式は奇数番号で呼ぶことが多いです。偶数番号は、奇数番号の相方になっていることが一般的で、例えば281系「はるか」の場合、関西空港側の先頭車がクハ281なのに対して、新大阪側の先頭車はクロ280となっています。

しなの鉄道坂城駅の駐車場脇に静態保存されている、もと急行形電車169系。

最後に急行用車両について記します。
上の写真は、長野県の第三セクター「しなの鉄道」で近年まで走っていて、いまは同鉄道の坂城(さかき)駅の旧側線に保存展示されている169系です。静態保存の多くは先頭車1両だけですが、ここは中間車も含めた3両編成で保存されているのも大きな特徴です。

オレンジと緑のツートンカラーは「湘南色」と呼ばれる、湘南地方のみかんとその葉をイメージした色だそうです。国鉄時代の急行用直流電車に使用されていた塗装ですが、その後、近郊形電車にも採用され、東海道本線全線に加えて中央本線でも活躍していましたので、懐かしく感じられる方も多いことと思います。

形式名の169系は、百位の「1」が直流、十位の「6」が急行用を表しています。山岳線区用の急行電車として活躍した165系を、信越本線の難所・碓氷峠(横川〜軽井沢間)を通過できるようにした形式がこの169系です。

しなの鉄道は、長野新幹線(現・北陸新幹線)が開業するにあたり、並行在来線となる信越本線を第三セクター化してできた鉄道ですので、まさに同地ゆかりの車両というわけです。

今回は、ちょっと難しかったでしょうか。これらについて、決して覚える必要は無いのですが、知っているとより楽しめる事柄として、何かの参考になれば幸いです。

PR情報

記事一覧

7/3-16 名古屋レール・アーカイブス資料展と上映会 於:金山

貴重な鉄道資料の保存と活用を目的に活動しているNPO(特定非営利活動)法人名古屋レール・アーカイブス(略称NRA)は、7月3日(火)〜7月16日(月・祝)の2週間にわ…

2018/7/5

あおなみ線や高山本線を走った蒸気機関車が本線運転を終了

5年以上前、当コラムをはじめてすぐの2013年2月13日付で「名古屋市で2/16-17に走るSLを知ろう」という一文を記しました。同月16-17日の2日間、あおなみ線で蒸気…

2018/6/9

鉄道“超”基礎知識(6) 番号 特急用7,8、急行用5,6

しばらく間が空いてしまいましたが、鉄道“超”基礎知識の6回目として、前回に引き続き鉄道車両の番号について記します。今回は、電車を中心としたJRの形式名の付…

2018/5/31

名古屋の鉄道を一望にできるトレインビューホテル

ささしまライブ24には、もう行きましたか? あおなみ線ささしまライブ駅に直結した、昨年10月にまち開きが行われた新しい街です。 愛知大学、中京テレビ、JIC…

2018/5/16

JR西日本の新幹線・特急に3日間乗り放題で2万円!

■「おとなび会員パス」について JR西日本が、新幹線や特急も含めて3日間乗り放題のきっぷを発売します。ただし、対象は50歳以上が加入条件の「おとなび会員」で…

2018/4/18

明治村で御料車2両を特別展示(4月23日まで)

愛知県犬山市の明治村では、明治元年から150年となる今年「明治150年記念事業」を開催します。その記念事業をスタートした3月17日(土)に、同村内の鉄道局新橋工…

2018/3/20

「青春18きっぷ」で乗れる特急列車が増えた!

JRグループの普通列車・快速列車乗り放題のフリーきっぷとして知られる「青春18きっぷ」が、今年も発売されます。今年の発売期間と利用期間は、次の様に発表さ…

2018/2/28

チュウキョ〜くんの鉄道フェスタが2月4日に開催される

昨年12月28日付当コラムで、2月4日(日)にささしまライブにある中京テレビ本社で開催される「チュウキョ〜くんの鉄道フェスタ」について紹介しました。 フェス…

2018/2/14

明治村の鉄道7…岩倉変電所、新大橋、東京駅警備巡査派出所

明治村にある鉄道関係の展示施設を順に紹介してきましたが、今回はその最終回です。今回紹介する施設はすべて明治村5丁目にあり、駐車場から一番近いところに位…

2018/1/31

明治村の鉄道6…尾西1号・六郷川鉄橋・名電1号

明治村には、これまでに紹介してきたほかにも鉄道関係の保存車両や設備があります。今回は、それらを紹介します。

2018/1/12

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年間のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを立ち上げて代表取締役に就任。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退したため、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、多数のCD-ROMやDVDタイトルの企画制作にも関わる。監修した「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)が話題となってTV番組タモリ倶楽部に出演したこともある。

最新著書は「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ後時々曇り
37 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
35 ℃/--
大阪
晴れ
37 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集