自分だけの究極のジャンプを〜BMXフリースタイル・パーク・高木聖雄選手〜 2018/6/2

「Standard愛知」編集長の森川誠です。今回ご紹介する地元のアスリートは、東京オリンピックから新たに追加される自転車競技の新種目、BMXフリースタイル・パークの高木聖雄選手です。BMXフリースタイル・パークは、ジャンプ台などのセクションが設けられたパーク≠ニ呼ばれるエリアの中で、1分間×2回の持ち時間でジャンプなどのトリックを競う競技です。そして、今回ご紹介する高木聖雄選手こそ、長年日本の第一人者としてフリースタイル・パーク界を牽引してきた選手です。

高木選手とBMXの出会いは偶然でした。子どもの頃から自転車で走り回るのが大好きで、自作のジャンプ台をママチャリで飛んで遊ぶのが大好きな少年だったといいます。ある日その愛用のママチャリが壊れてしまいました。

「中学生の時、いつものようにジャンプの練習をしていたら自転車が壊れてしまったんです。それで新しく買ってもらった自転車がたまたまBMXでした」

そう話す高木選手は、高校生になる頃には本格的に競技に取り組むようになります。ただ、練習といっても当時は十分に練習できるような場所はありませんでした。

ないモノは自分で作るーそれが高木選手の流儀です。海外のトップ選手がどんなジャンプ台でどんな技を練習しているのかを自分で調べ、見よう見まねで練習環境を作っていきました。現在、高木選手が練習拠点としている大垣市上石津町にあるレジーセクション≠烽サの1つで、オーストラリアで見たこのジャンプ台は、転倒しても怪我のリスクが少ないと知り、クラウドファンディングで費用を集め、2年がかりで作り上げたものです。そして現在ではこのレジーセクションには、日本中から多くのBMXライダーが練習に訪れるようになっています。

「僕は自分が上手くなるだけではなくて、BMX界全体の環境を整えて盛り上げていきたいという思いがあります。現在、日本でプロクラスで戦っている選手でも、BMXで食べている選手はほとんどいません。BMXを職業としても成り立たせたいですね」

自分のためだけでなく、BMX界の発展のために頑張る姿も、高木選手が日本の第一人者として尊敬を集める理由なのでしょう。

こうして日本のトッププロとして活躍を続けてきた高木選手ですが、自身が20歳の時に描いた人生設計では28歳で競技からは引退する予定でした。ところが、その28歳を迎えた昨年、高木選手の人生設計を大きく狂わせる出来事がありました。BMXフリースタイル・パークが東京オリンピックの新種目として行われることが発表されたのです。

「いずれオリンピック種目になるだろうとは思ってましたが、こんなに早く、それも母国開催の東京でというのは全くの想定外でした。自分の人生設計が嬉しい方向に狂いましたね」

そう話す高木選手の人生設計には、新たに「東京オリンピックでメダル獲得」という大きな目標が書き込まれることになったのです。

「クレイジーな奴が一番尊敬される世界」と高木選手が言うフリースタイル・パークでは、それぞれの選手が考える「カッコ良さ」を追求した技を繰り出し、観客はその技に熱狂します。ところが「競技」となれば、審判がその技の難易度や完成度を判定して得点をつけます。そして選手それぞれが考える「カッコ良さ」と「得点」が一致しないことも少なからずあります。高木選手自身、カッコ良さを追求するのか、得点を求めるのか、悩んだこともあるといいますが、「自分は世界一を目指してやってきました。東京オリンピックまでの2年間は、メダルを獲得のためだけにワガママに突き進みたい」と迷いなく決意を語ってくれました。

「自分は日本で誰もできない技を持っています。そして誰にも負けない情熱を持っています。同じ技でもクオリティーの高さを見て欲しいですね。東京オリンピックでは、自分の考える究極形を決めてメダルを獲ります!」

BMXフリースタイル・パークの初代オリンピックチャンピオンの座を狙う高木選手に、ぜひ注目してみて下さい!

《お知らせ》
Standard愛知 5−6月号 愛知県内の書店で発売中です

PR情報

記事一覧

人間教育を貫く<三河の雄〜岡崎城西高校ゴルフ部〜>

「Standard愛知」編集長の森川誠です。前回に引き続き高校ゴルフの話題をお伝えしたいと思います。今回ご紹介するのは、岡崎城西高校ゴルフ部です。 現在、愛…

2018/10/4

「人間力」を鍛えて全国の頂点へ〜中部大学第一高校ゴルフ部〜

「Standard愛知」編集長の森川誠です。8月31日発売のStandard愛知では、愛知県のゴルフを徹底取材しています。その中から今回ご紹介するのは、2015年から4年…

2018/9/7

もう一度聖地のマウンドへ/大垣日大・修行恵大投手〜東海3県の注目投手〜

「Standard愛知」編集長の森川誠です。今回は今年で100回目を迎える全国高校野球選手権大会の愛知・岐阜・三重の注目投手についてご紹介します。 今回ご紹介す…

2018/7/3

甲子園、100回目の夏 東海3県(愛知・岐阜・三重)の注目校&注目投手

「Standard愛知」編集長の森川誠です。 今回は、今年で100回目を迎える全国高校野球選手権大会の愛知・岐阜・三重の注目校と注目投手についてご紹介します。 …

2018/6/15

自分だけの究極のジャンプを〜BMXフリースタイル・パーク・高木聖雄選手〜

「Standard愛知」編集長の森川誠です。今回ご紹介する地元のアスリートは、東京オリンピックから新たに追加される自転車競技の新種目、BMXフリースタイル・…

2018/6/2

甲子園からパラリンピックへ〜パラ陸上・高橋峻也選手〜

「Standard愛知」編集長の森川誠です。今回ご紹介する地元のアスリートは、パラ陸上やり投げの高橋峻也選手です。現在、日本福祉大学に通う高橋選手は、大学に…

2018/5/19

初めての試合で負けた悔しさをバネに〜バドミントン・久湊菜々選手〜

「Standard愛知」編集長の森川誠です。今回ご紹介する地元のアスリートは、バドミントンの久湊菜々選手です。この春から中学3年生になったばかりの久湊選手で…

2018/5/1

プロの世界王者からアマへ異色の挑戦 〜ボクシング・高山勝成選手〜

みなさん、はじめまして!愛知のアマチュアスポーツを紹介する雑誌「Standard愛知」編集長の森川誠です。こちらでは愛知を中心に、地元東海地方のアスリートの…

2018/4/5

1〜8 / 8件

プロフィール

34

達人に質問をする

愛知発のローカルスポーツ専門誌

2014年創刊のアマチュアアスリートを応援するスポーツマガジン。一般のメディアでは取り上げられにくい競技や決して強豪ではないチームでも様々な地域で頑張っているチームやアスリートを積極的に取り上げています。

老若男女を問わず、スポーツを愛し、地元の為、学校の為、家族の為、会社の為に一生懸命頑張っている姿こそが人々に感動を呼び起こし、地域や家族との絆を深めます。スポーツの魅力を発信しながら各地域で頑張っているアスリートとの架け橋になるべく取材を続けています。取材を通じて多くの皆さんにお伝えしたいことを選りすぐり発信して行きます。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
24 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
22 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
24 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集