今年は最高の条件!8/12夜にペルセウス座流星群が極大 2018/8/11

流れ星(流星)は、いつ見ても神秘的。その流れ星がたくさん流れるペルセウス座流星群がやって来た

●8月12日深夜ペスセウス座流星群が極大
 花火大会と同じように夏の風物詩として定着した「ペルセウス座流星群」が8月12日から13日かけてピークを迎える。いったい、いつ頃どの方向を眺めれば、いくつぐらいの流星が見られるのだろう。

流星は、宇宙空間に漂うチリが地球と衝突して発する光のすじ

●流星の元は砂粒のようなもの
 流星(流れ星)は、まさか夜空に輝く星が流れるとは思っていないだろう。もしそうだとしたら、夜空の星はとっくになくなってしまっているはずだ。流星というのは、宇宙空間を漂っている砂粒のようなチリが、地球にマッハ180程の速さで衝突して大気との摩擦で発生した熱が、大気の中の酸素原子や窒素原子を電離して発光する現象だ。流星群とは、そのチリが、大量に衝突したくさんの流星が見られる現象のこと。彗星の軌道上には彗星がまき散らした大量のチリが回っている。その軌道と地球の軌道が交差していれば、毎年同じ時期に地球はそのチリの帯(ダストトレイル)を横切ることになる。その時地球にはたくさんのチリが衝突し流星群となって見えるというわけだ。
 
 ちなみにペルセウス座流星群の元となる彗星は、スイフト・タットル彗星と呼ばれる。 

8月12日夜から13日明け方にかけて、北東から天頂を中心に、たくさんの流星が流れるだろう

● 今年は最高の条件
 今年のペルセウス座流星群の極大時刻は、8月13日の午前10時ごろと予想されている。すでに明るくなっている時刻だが、12日夜から13日の夜明けにかけて北東のから天頂に昇った放射点から、たくさんの流星が四方八方に流れるようすが、山間地で1時間当たり40個、市街地でも20個程度見られるだろう。

 おまけに気になる月齢は、8月12日の月齢が新月直後の0.7なので、一晩中全く月明かりの影響を受けることなく観望・観測することができる。もちろん11日と13日の夜も流れるので要チェックだ。

PR情報

記事一覧

今年は最高の条件!8/12夜にペルセウス座流星群が極大

●8月12日深夜ペスセウス座流星群が極大 花火大会と同じように夏の風物詩として定着した「ペルセウス座流星群」が8月12日から13日かけてピークを迎える。いった…

2018/8/11

7/31に火星が超大接近!東の夜空を見上げてみよう

●7月31日火星超大接近 猛暑お見舞い申し上げます。なぜ今年はこんなに暑いのか?7月31日に火星が大接近するからなのか?なんて少し調べてみたが何の因果関係も…

2018/7/28

7月の宵空(午後8時ごろ)に並ぶ4大惑星

5月は木星、6月は土星と毎月のように惑星の話題が尽きないが、7月は火星の大接近、8月は金星の東方最大離角とまだまだ続く。そんな話題の惑星たちが、7月の宵空…

2018/7/7

土星の観望チャンスがやって来た

木星に次いで太陽系ナンバー2の惑星、土星。リングのある惑星として、観望会でも月とともに人気度No.1の天体だ。リング自体は、木星にも天王星にも海王星にも発…

2018/6/12

木星の観望チャンス到来!

●5月9日木星がてんびん座で衝 太陽系最大の惑星、木星。直径は実に地球の11倍もある。もし木星の質量が600倍ほど大きかったら、第2の太陽となって自ら輝き出し…

2018/5/9

金星が夕空に還って来た

★おうし座の中の月と金星 4月の宵ともなると、夜空を賑わしてくれた冬の星座たちは桜の花が春風に舞い散るように、西の空を賑わしている。特に冬の星座として真…

2018/4/16

本日3月21日は「春分の日」その意味とは?

●3月21日は春分の日 春分とは、二十四節気の旧暦2月の中期に当たる日で、太陽暦では3月21日前後となる。天文学的には、太陽の見かけの通り道である黄道と、地球…

2018/3/21

今年は戌年〜おおいぬ座とこいぬ座

2月16日には旧暦の新年も迎え、本格的に2018年がスタートした。今年の干支は「戊戌」で戌年である。星座のなかにも「おおぬ座」「こいぬ座」「りょうけん座」と…

2018/2/22

見えた!皆既月食

1月31日は、全経過が見られる月食としては3年4か月ぶりとなる皆既月食が起こった。当初不安視されていた天気は、何とか良い方向に転んでくれて東海地方でも薄雲…

2018/2/6

ブルームーンがレッドムーンになる?!1月31日皆既月食

1月2日の満月はスーパームーンだったが、今月2回目の満月となる1月31日は、俗にいうブルームーン。ところが今度の満月はブルームーンどころか満月とは少し違う…

2018/1/28

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
32 ℃/--
東京
晴れ
29 ℃/--
大阪
晴れ
34 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集