信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その3 2018/11/7

津島祭りで船が集まる車河戸

いろいろ書いているうちに、津島を巡るルートの第三回目をすっかり書かないままでしたので、それを今回は。前の二回をもう一度お読みいただければ幸いです。

信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その1
信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その2

さて、津島神社を見学したあと、やはり見なくてはならないのが津島湊でしょう。といっても以前書いたように現在では川は残っておらず、当時の痕跡として大きな池があるだけです。『宗長手記』の1526年のところに「堤ゆく家路はしげるあし間かな この所のおのおの堤を家路とす。橋あり。三町(約300m)あまり。勢田の長橋よりは猶遠かるべし。中略 はしの本(元)より、舟十余艘かざりて、若衆法師誘引。此の川づらの里々数を知らず。」と書かれており、信長が生まれた1534年ごろの津島は、琵琶湖・瀬田の大橋よりも大きな橋がかかっていたようです。

それはそうと問題は船を飾って若衆(春を売る男性)が法師(僧侶)を誘っているというくだり。当時はホモセクシャルが普通だったとはいえ、そういう盛り場があったということなのでしょうか。まあそれくらい繁華街だったということと捉えておきましょう。しかしそもそもこの文はそういう意味ではないのか? もう少し調べてみたいと思います。

今はボートが浮かぶ公園の池だが、かつては大きな川と湊だった
津島の町歩きはこうした看板が充実していて飽きない

今もこの池で行われている津島天王祭は、その頃はまだ提灯船が出る宵祭はなく、朝祭りだけだったようです。これは信長も見たという記録が残っているようです。始まったのはよくわかりませんが、1200年代の津島はまだ寂しい状態だったようですから、やはり1400年代からでしょう。そうすると600余年という歴史を持つことに。1522年から車楽船の置物人形などが記された「大祭筏場車記録」という史料があるので、その頃にはすでに祭りが行われていたことは確かにわかります。江戸時代初期の1666年に尾張藩は津島湊を廃止しましたが、それでも祭りは続きました。

瑞泉寺の稚児門
瑞泉寺
お寺にも説明看板がしっかり用意されている

今もこの祭りの時に船が入る入江のようなところが車河戸です。このあたりは明治30年の川の締切頃から、地形を変えていないようですが、それ以前はさらに奥の舟戸町のあたりまで入江が張り出していたようです。現在は4つの屋台島もその頃は5つあったそう。その舟戸町の瑞泉寺は大橋家の菩提寺で、1507年に筏場といわれるこの一帯へ移転してきました。1748年に書かれた「尾張国海西郡津島之図」では、このあたりまで車河戸が来ているのがわかります。そのため川祭りの当日、稚児が門外の水路から小船で本船に向かったことから名付けられた稚児門が今も残っています。舟戸町の町名から分かるように、このあたりは低地で水際の地帯だったわけですね。この天王川東岸低地の橋詰・筏場・西御堂・船戸にかけての一帯は、信長の祖父信貞・父信秀の支配下になる1500年以降に開発が始まったようで、低湿地で水のつく場所を徐々に埋め立てて、そして筏場の町並が形成されたようです。

上の丸の一帯が古い湊の米之座あたりで、下の丸の一帯が信秀の時代に干拓された筏場あたり(地図は明治初期のもの)

つまり津島は信貞が支配を始める前から、北部の米之座あたりを中心地として1400年代には大橋家・堀田家などが自治する貿易港となっており、勝幡城の信貞はその利権を押さえるべく、津島神社の神宮寺の中でも本寺にあたる下三宅(勝幡の北)にある牛頭山長福寺を通じて、神仏混合の津島神社を支配し、やがて津島そのものを把握していったということなのでしょう。

さらに信秀の時代になると、下流の筏場あたりの低湿地干拓が進められ、津島湊は筏場あたりへ移り、新たな市もそのあたりで開かれたと思われます。この干拓事業で水辺に石を積む技術が進み、それが後に小牧山城築城時に石垣を積んだ技術に転用された、ということも考えられなくもありません。信長の時代には津島は完全に支配下におかれ、津島衆は服部小平太のように信長の親衛隊として組織されていったと思われます。そんなことを想像しながらの津島歩き、楽しんでみてください。

PR情報

記事一覧

信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その3

いろいろ書いているうちに、津島を巡るルートの第三回目をすっかり書かないままでしたので、それを今回は。前の二回をもう一度お読みいただければ幸いです。 …

2018/11/7

年内の歴史講座、歴史イベントをまとめてみました。充実しすぎです!

まもなく名古屋まつりですが、信長、秀吉、家康は郷土の誇り、とはもはや、多くの人は思っていませんよね。ちょっと考え直さないといけないのではと思ったりし…

2018/10/13

末森城は安土城の原型ではないか、そんなことを思いながら現地ガイドしました

私は鳴海中日文化センターで「若き信長の軌跡」という講座をやっていますが、テーマを信長の若い頃、つまり父親信秀の活躍した時代にして、お話をし、その現地…

2018/9/19

秀吉功路!「人生大出世夢街道」の現地見どころをご紹介(先回の続き)

前回記事はこちら 『今度は秀吉功路!名古屋市が中村区で「人生大出世夢街道」事業をスタート』 人生大逆転の信長に続いて、人生大出世の秀吉で武将観光を進め…

2018/8/25

今度は秀吉功路! 名古屋市が中村区で「人生大出世夢街道」事業をスタート

名古屋市が進める武将観光ですが、信長攻路の整備が一段落して、次は27年のリニア中央新幹線開業で注目される駅西、中村区を新たに武将で開発しようという話に…

2018/8/21

信長が攻めた金山城、その麓に可児市戦国山城ミュージアムがオープン

今回は津島の話を一回お休みして、新しくオープンした可児市戦国山城ミュージアムと可児市観光交流館のお話です。 可児市といっても戦国山城ミュージアムがあ…

2018/8/4

信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その2

信秀・信長が持っていた巨大経済力の源泉である貿易川湊・津島。信長時代の痕跡を求めて2018年6月に鳴海中日文化センターの講座として行ったツアーのご紹介、そ…

2018/7/19

信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その1

6月のはじめに、鳴海中日文化センターの私の講座の皆さんと、信長時代の津島の痕跡を求めて現地ツアーをしてきました。津島市も様々な市内観光コースを提案して…

2018/6/26

信長の祖父、信貞が攻めた貿易湊、津島の姿

若き信長は新興中小企業の三代目ともいうべき身分でした。信長の弾正忠家創業者ともいえそうな信長の祖父、信貞は経済力を獲得すべく1524年(大永4年)ごろまで…

2018/5/29

画期的な内容の「愛知県史 通史編 中世2・織豊」ほか、地元歴史本が続々刊行中

3月30日付けで「愛知県史通史編3中世2・織豊」が愛知県から発行されました。少し協力させていただきましたので、さっそく目を通すことができました。 通史…

2018/5/3

プロフィール

15

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り一時雨
13 ℃/8 ℃
東京
曇り一時雨
13 ℃/8 ℃
大阪
曇り一時雨
13 ℃/10 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集