初陣以来9年ぶりに三河吉良(西尾)へ侵攻した22歳の信長 2013/2/10

1556年(弘治2年)、この年信長は満22歳になります。前年11月に叔父の信光が死んだため、清須城の信長は尾張下四郡(海西、海東、愛智、智多)を名目上支配していることになっています。

しかし実際は東から今川の侵略をうけ、南の海岸部には一向宗がおり、北には上四郡を支配する織田大和守家があります。また家臣の中にも、品行方正な弟の末森城主織田信勝を支持する勢力がいました。

まわりは敵ばかりなのですが、この頃清須城には尾張守護がおり、信長はその守護を守る立場という地位を利用して権威を保っていたという側面があります。2年前に清須城で起きたクーデターの時に信長のところへ逃れてきた、前守護の嫡男岩竜丸が、斯波吉銀という名で守護となっていました。

このため信長は清須城の本丸ではなく北櫓に住んでいました。信長は伝統的な権威を否定する人という印象が強いのですが、案外そうでもなくて、当時の人として普通に武家の秩序を守っていたようです。

西尾市歴史公園として整備されている西尾城址は江戸期以降のもの

この頃、三河はすでに今川義元の手に落ちていました。幼い頃の義元の教育係で、親代わりともなっていた太原雪斎は、長じて義元の軍師となり、信長の父信秀とも戦いました。

そして松平清康死後弱体化した松平家を抑えて、三河方面の担当者としてこの地を占領していました。幼い家康はこの頃今川の人質であり、その父広忠は松平一族をまとめきれず、雪斎に屈服していたのです。

それでもこの頃三河にも守護はいました。それが吉良義昭という人で、忠臣蔵の吉良上野介はその子孫筋にあたります。吉良氏は御所(足利幕府)が絶えれば吉良が継ぎ、吉良が絶えれば今川が継ぐ言われた名門の一族でした。

吉良義昭は今川に従属していましたが、1555年10月に雪斎が死ぬと、信長に擦り寄り、56年3月にはその手引きで信長が三河に攻め入ります。はっきりしたことはわかりませんが、おそらく盟友であった水野信元の刈谷城を拠点として、義昭の城である西条城(現在の西尾城址・西尾市錦城町229)を目指したようで、矢作川の手前、野寺原で一戦におよんでいます。この野寺原は安城市野寺町野寺でまちがいないでしょう。現在は古戦場跡などの案内はまったくない田園地帯ですが。

荒川城址背後の八ツ面山山頂へはクルマでも登れます

さらに矢作川を渡って西尾市の八ツ面山麓にある荒川城を攻めました。荒川義広が城主であった荒川城は現在の八ツ面小学校(西尾市八ツ面町字市場)が城址です。あまり地元の人も知らないようですが、離れて眺めると、一段高くなった学校はまるで城のように見えますよ。

このころの信長は、四面楚歌でありながらも、果敢に清須から直線で約45キロもある敵地まで攻め入っているのです。なお詳細なガイドは拙著「信長公記で追う桶狭間への道」をぜひご覧ください。通販でお求めいただけます。

★信長ドライブにオススメのクルマ 14

マツダ アテンザ セダン XD L パッケージ

スタイリングも美しいこの大きめのセダンは、クリーンディーゼルを搭載。割安な軽油で走ります。でも、音も振動も、もちろん排気も問題ありません。そしてエンジンはガソリンのように軽々と回ります。経済的で走りの楽しいディーゼル車の時代がいよいよ到来か。ぜひ試乗して確かめてみてください。(2.2直4ターボディーゼル・6AT・340万円)

PR情報

記事一覧

中部圏のお城が関東に攻め入り、大PR合戦を展開ーお城EXPO2018の報告

終わってしまったイベントの紹介をするのはあまり意味がないのですが、今回ご紹介するイベントは今年も行われる予定ですので、ここでぜひご紹介しておきたいと…

2019/1/19

信長の父信秀は斎藤道三に大敗北を喫した

先回、樹木が伐採された岐阜城の姿をご紹介しましたが、正月休みに岐阜城へ登ってみよう、という人もいらっしゃるかと思います。そのときに織田信秀関連の遺構…

2018/12/28

岐阜城発掘調査で山頂部に信長時代の石垣が確認されました!

先日は信長の小牧山城で画期的な発掘調査が発表されましたが、信長の岐阜城でも発掘調査は続いています。これまでは山麓部分の居館跡が発掘されてきましたが、…

2018/12/8

信長の屋敷か!? 小牧山城山頂部でついに建物跡が発掘されました

毎年、発掘によって着実に信長の小牧山城の姿を明らかにしてくれている小牧市の「史跡小牧山城主郭地区発掘調査」。今年の第11次発掘調査では、またまた素晴ら…

2018/11/27

信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その3

いろいろ書いているうちに、津島を巡るルートの第三回目をすっかり書かないままでしたので、それを今回は。前の二回をもう一度お読みいただければ幸いです。 …

2018/11/7

年内の歴史講座、歴史イベントをまとめてみました。充実しすぎです!

まもなく名古屋まつりですが、信長、秀吉、家康は郷土の誇り、とはもはや、多くの人は思っていませんよね。ちょっと考え直さないといけないのではと思ったりし…

2018/10/13

末森城は安土城の原型ではないか、そんなことを思いながら現地ガイドしました

私は鳴海中日文化センターで「若き信長の軌跡」という講座をやっていますが、テーマを信長の若い頃、つまり父親信秀の活躍した時代にして、お話をし、その現地…

2018/9/19

秀吉功路!「人生大出世夢街道」の現地見どころをご紹介(先回の続き)

前回記事はこちら 『今度は秀吉功路!名古屋市が中村区で「人生大出世夢街道」事業をスタート』 人生大逆転の信長に続いて、人生大出世の秀吉で武将観光を進め…

2018/8/25

今度は秀吉功路! 名古屋市が中村区で「人生大出世夢街道」事業をスタート

名古屋市が進める武将観光ですが、信長攻路の整備が一段落して、次は27年のリニア中央新幹線開業で注目される駅西、中村区を新たに武将で開発しようという話に…

2018/8/21

信長が攻めた金山城、その麓に可児市戦国山城ミュージアムがオープン

今回は津島の話を一回お休みして、新しくオープンした可児市戦国山城ミュージアムと可児市観光交流館のお話です。 可児市といっても戦国山城ミュージアムがあ…

2018/8/4

プロフィール

15

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
10 ℃/3 ℃
東京
晴れ後時々曇り
11 ℃/2 ℃
大阪
晴れ時々曇り
11 ℃/6 ℃
  • 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集