リニア・鉄道館の楽しみ方[番外編] 2017/9/13

前回から少し間が開いてしまいましたが、リニア・鉄道館についてもう少しお知らせしたいことがあるので、記します。

ガイドツアーに参加すると「そうだったのか!」と初めて知ることがある。

リニア・鉄道館では、ガイドツアーを数多く実施しています。館内の「みどころガイド」については基本的に開館日の毎日14時30分から実施しています。また、テーマを絞ったガイドツアーも期間を区切って実施しています。

今秋だと、9月13日〜9月25日の休館日を除く毎日11時からと15時30分から(9/23,24は15:30-のみ)「超電導リニアのひみつを探ろう!」というテーマでガイドツアーがあり、続く10月7日〜11月5日の土休日には15時30分から「きっぷを発券してみよう!」というガイドツアーがあります。

これらガイドツアーは、「リニア・鉄道館」ホームページの「ニュース一覧」もしくはJR東海のホームページにある「ニュースリリース」に掲載されるイベント情報で知ることができます。いずれも定員制で先着順です。入館後、早めに予約すると良いでしょう。

ガイドツアーの良いところは、誰にも判る平易な言葉を使って、しっかりとした内容の説明をしてくださることです。このコラムを読んでいる方は、それなりに知識を持っている方が少なくないと思いますが、そういった方でも、20-30分のガイドツアー中、一つや二つは「そうだったのか」と改めて知る事実があることと思います。かくいう筆者もそうでした。

「鉄道のしくみ」エリアでは、多様な技術の集大成である鉄道の技術面を知ることができる。

リニア・鉄道館の1階には多くの展示車両がありますが、その700系新幹線に近い壁に沿って「鉄道のしくみ」コーナーがあります。やや地味な展示ですが、そのひとつひとつをみていくと、なかなか興味深い内容となっていることが判ります。

線路構造の基礎知識や、安全に走行するためのノウハウといったことから、切符や座席、保線や運転技術まで、幅広い内容を判りやすく模型やパネルを使って解説しています。

なかには実物もあり、前述のガイドツアーにある「きっぷを発券してみよう!」は、実際にその場で発券したきっぷで、設置してある自動改札機を通ることができます。

300系の本物のグリーン車座席が展示してあり、実際に座ってそのかけ心地を確認することもできます。次世代の新幹線車両となるN700Sについても、パネルで解説しているところなど、JR東海が運営するリニア・鉄道館ならではのことでしょう。ひとつひとつをじっくり見ていると、このコーナーだけでも結構な時間を必要とします。

ミュージアムショップも見逃せない

リニア・鉄道館の見学を終えたら、最後に寄りたいのがミュージアムショップです。

エントランス部分にあるので、入館しないときでも立ち寄ることができますが、やはり一通り見学を終えて、軽い興奮を感じているときに寄りたいところです。リニア・鉄道館オリジナルの商品が多数ありますが、なかでもドクターイエロー関係は人気ということです。思い出のグッズを買って帰りましょう。

ところで、リニア・鉄道館最寄りのあおなみ線金城ふ頭駅近くに、今年、新たな複合施設「メーカーズピア」(Maker's Pier)ができました。

駅を挟んでリニア・鉄道館とはちょうど反対側になりますが、どちらも駅から近いのでさほど離れているわけではありません。そのメイカーズピアとリニア・鉄道館がこのほどタイアップ企画を打ち出しました。

メイカーズピアのレシート税込1,000円(複数枚合算可)につき、リニア・鉄道館の入館料1人分を大人200円、高校生以下100円割引きするというものです。また、リニア・鉄道館の大人入館券をメイカーズピアのウェルカムセンターに持参すると、200円分の割引券がもらえるそうです。ただし、休館日を除く平日だけが対象で、リニア・鉄道館もメイカーズピアも同日に利用することなど、いくぶん制約があります。詳しくは各公式サイトもしくは現地でご確認ください。

タイアップ期間は、2017年9月13日〜同12月4日です。

以上をもって、リニア・鉄道館についてのご案内はお終いとなります。2013年1月からご案内してきたリニア・鉄道館については、今回で45回目となりました。約5年かかっていますが、今もすべてをご覧いただくことができます。必要に応じて読み返していただけますと幸いです。(「リニア・鉄道館に行こう(1) 同館の概要など 」)


今後は、リニア・鉄道館に新たな動きがあった際などにお知らせできればと思っています。

PR情報

記事一覧

東海道新幹線が開業50周年に

東海道新幹線は、2014年10月1日に開業50周年を迎えました。 開業日となる1954(昭和39)年10月1日は、東京オリンピックの開幕が10日に控えていました。その直前…

2014/10/4

神岡鉄道の廃線跡を活用した、レールマウンテンバイク

岐阜県の北部、富山県境に近いところにある神岡は、鉱山で栄えた町です。その掘削した地下空間を、宇宙素粒子(ニュートリノ)の研究に活用するスーパーカミオ…

2014/9/23

リニア・鉄道館に行こう(19) 幸せを呼ぶドクターイエロー

いつからか、東海道・山陽新幹線に黄色い新幹線が走っていることが知られるようになり、それが“ドクターイエロー”と呼ばれることも広まりました。 さらに、な…

2014/9/12

お得な『鉄軌道王国とやま』周遊乗り放題きっぷ

今年(2014年)11月30日までの土休日に、『鉄軌道王国とやま』周遊乗り放題きっぷが販売されています。富山県の富山市・射水市・高岡市を周遊するのに便利なきっ…

2014/8/27

木曽森林鉄道のボールドウィンが100歳に

かつて、森林の伐採には鉄道が多く使われていました。いまのように道路が整備されておらず、自動車の技術も未熟だった頃には、山の中で重い荷物を運ぶのに鉄道…

2014/8/15

リニア・鉄道館に行こう(18) 100系2階にできたあこがれの食堂車

前回の「リニア・鉄道館に行こう(17)」では、 「0系から100系への進化でサービス向上」と題して100系新幹線電車の特徴を記しました。 そのなかで、100系の最大…

2014/8/3

高知で元名鉄車に乗る…土佐電気鉄道モ590形

この電車をみて、懐かしいと思う方もおいでではないでしょうか。もと、名鉄の岐阜市内線や美濃町線で走っていたモ590形592号です。 名鉄は岐阜市内線とともに…

2014/7/22

名鉄創業120周年と明治村開村50周年で里帰りした、名電1号

去る6月28日(土)から、明治村に一両の路面電車が展示されています。名電1号という、名古屋電気鉄道の開業当初に使用された車両のうちの1両です。 名古屋電気鉄…

2014/7/9

リニア・鉄道館に行こう(17)  0系から100系への進化でサービス向上

東海道新幹線50年の歴史のうち、当初の21年間は走っているのが0系だけでした。もちろん、その間に12両編成が16両編成になり、窓が小さくなり、食堂車が連結され…

2014/6/30

関西をめぐるなら、スルッとKANSAI2day,3dayがお得!

・スルッとKANSAI 2dayチケット 大人4,000円 小児2,000円 ・スルッとKANSAI 3dayチケット 大人5,200円 小児2,600円 をご存知ですか?関西へいくなら、知ってお…

2014/6/20

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年間のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを立ち上げて代表取締役に就任。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退したため、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、多数のCD-ROMやDVDタイトルの企画制作にも関わる。監修した「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)が話題となってTV番組タモリ倶楽部に出演したこともある。

最新著書は「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り
11 ℃/--
東京
曇り
10 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
11 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集