「山形国際ドキュメンタリー映画祭」に行ってきましたB 2018/1/13

1988年に名古屋シネマテークで4夜に渡って行われた小川監督のトークをおさめた書籍。蓮實重彥氏の追悼講演も収録。発行=名古屋シネマテーク

 2回に渡り山形国際ドキュメンタリー映画祭の話をしてきたが、

「山形国際ドキュメンタリー映画祭」に行ってきました。
「山形国際ドキュメンタリー映画祭」に行ってきましたA

この映画祭のことを書くならば、どうしても触れねばならない人がいる。日本のドキュメンタリー映画史に聳え立つ巨人・小川紳介監督のことだ。

 60〜70年代には三里塚で成田空港建設反対闘争のドキュメンタリー映画を連作した小川監督は、次第に闘争から現地の農民の生活や歴史に興味を移し、それを極めようと1974年に山形県上山市にスタッフとともに移住した。そこで農業に従事しつつ、『ニッポン国古屋敷村』(82年)、『1000年刻みの日時計ー牧野村物語』(86年)という土地・風土・歴史に根ざした雄大なスケールの2作を発表し、ベルリン映画祭など海外でも大きな注目を集める。とりわけ後者では、田村高廣らプロの役者陣が出演するドラマ部分を入れ込み、ドキュメンタリーとドラマを自由闊達に往来する独創的な作風で見る者を驚かせた。

 山形への移住当時は“三里塚から赤い鳥(反体制の奴ら)がやってきた”と白い目で見られた小川たちだが、根気良く人間関係を構築し、また彼らの映画が国内外で高く評価されたこともあって、次第にその地で信頼を得ていった。そんな頃、山形市は1989年に市制百周年を迎えるに当たり、何らかの目玉となる事業を模索していた。そこで、「国際ドキュメンタリー映画祭」を開催すべく奔走したのが、小川だったのだ。

 つまり小川紳介と彼のスタッフ集団・小川プロが拠点を山形に移住していなかったら、この映画祭はなかったと言っていい。代わりに別の地で開催されたかもしれないが、今に至るまで続いたかは分からない。小川は、1992年に55歳で世を去ったが、彼が蒔いた種は、今も「ヤマガタ」に息づいている。日々発行される映画祭新聞「デイリー・ニュース」をボランティアが制作することにこだわったのも小川だ。参加監督へのインタビューを中心に構成される「デイリー」に、専門家ではなく一般市民や映画ファンを起用することは、彼らに責任と同時に「映画に自ら近づいて、何かを発見することの楽しさ」を植え付けたと思う。結果、初期のボランティア・スタッフがその後の映画祭運営の強力なスタッフとなっていったし、ボランティアによる「デイリー」の編集・発行は今も続く。

 そして、もうひとつ。生前から小川の作品はアジアのドキュメンタリー映画の作り手に大きな刺激を与えていた。小川自身、アジアの映画作家たちに注目し、「ヤマガタ」がそうした作り手の交流の場になるよう力を尽くしていた。それが「アジア千波万波」という企画として継続されていることは言うまでもない。そして、その部門のグランプリは「小川紳介賞」と命名されている。

 さて、小川が世を去って、もう26年が過ぎた。気がつけば自分も、小川の生きた年齢を超えてしまった。あの行動力と破天荒な創造力の100分の1も持ち得ていない我が身を嘆かわしく思いつつ、時々、彼が生きていたらと想像することがある。映画大学ドキュメンタリー学科の教授におさまっていたりして。小川本人は、かつて当館でのトークで「小川研究室?笑っちゃうね。高崎経済大学や三里塚の闘争の現場にいて、それを撮ったことで今の僕たちがいるんだからさ、国の作る文化に加担なんてしたら、最低だよ」と語っていたが、さてどうだろう。いや、そんなつまらない想像よりも、やはり彼の新しい映画が見たかった。『1000年刻みの日時計』の世界をさらに推し進めた、リアリティ満点のホラ話のような、それでいて反骨に貫かれたドキュメンタリーが。それを「ヤマガタ」で見られたら、最高だ。

小川作品は長年DVD化されていなかったが、2016年全20作品がDVDで発売された。写真は『1000年刻みの日時計』のパッケージ(発売元=ディメンション)。ぜひ見てほしい。
PR情報

記事一覧

「イスラーム映画祭2」(前編)

2015年12月、東京・渋谷のユーロスペースで開催され、話題となった「イスラーム映画祭」。その第2回が1月14日から開催される。前回は、東京のみの開…

2017/1/12

アッバス・キアロスタミ監督特集

気がつけば師走。もう一年の終りだ。歳をとるにつれ月日の流れが速くなっているように感じるのは気のせいだろうか。こんなスピードでは、人生の終わりもすぐ来…

2016/12/6

『チリの闘い』

映画はなるべく予備知識無しで見るようにしているが、その作品を名古屋シネマテークで上映するかどうか決める試写などの場合、チラシや解説書も未だ出来ておら…

2016/10/14

『ソング・オブ・ラホール』

ヌスラット・ファテ・アリー・ハーンというパキスタンの歌手が好きだった。イスラーム神秘主義の儀礼音楽、カッワリーの名手として知られた人で、欧米でも積極…

2016/9/2

『映画よ、さようなら』と『華魂 幻影』

老舗の映画館が、力尽きて閉館する…そんな内容の映画を2本続けて見た。1本は、ウルグアイで作られた『映画よ、さようなら』。とあるシネマテークが、財政難に…

2016/7/27

『A』から『FAKE』へ 〜森達也の帰還〜   

私が勤めているミニシアター、名古屋シネマテークは1982年の6月27日にオープンした。これを書いているのは、6月24日だから、間もなく35年目に突入…

2016/6/28

『ひそひそ星』

園子温監督の最新作『ひそひそ星』の公開が、東京、大阪、名古屋などで始まった。昨年は1年間に新作が4本も公開された園監督。その活躍ぶりは、今や日本映画…

2016/5/24

今、見てほしい映画 『バックドロップ クルディスタン』

昨年11月にパリで起きたテロや3月にベルギーで起きたテロの影に隠れ、日本での報道は目立ってはいないが、トルコでもテロが頻発している。 首都アンカラや…

2016/4/12

クラシック音楽ファンも見逃せない 『もしも建物が話せたら』 

何を隠そうクラシック音楽好きである。元々、学生時代に少しは聴いていた。が、いわゆる有名曲を一通り聴いたところで、興味を無くしてしまった。「ジャジャジ…

2016/2/24

120歳の映画と『ヤクザと憲法』

2016年がはじまった。当館のお正月映画、 『氷の花火山口小夜子』 『美術館を手玉にとった男』 は、いずれも賑わいのうちに終了した。お正月、それはクー…

2016/1/19

プロフィール

19

名古屋シネマテーク 支配人

1961年、名古屋市生まれ 。南山大学卒。在学時から、自主上映団体「ナゴヤシネアスト」のスタッフに参加。

卒業後は、同会が1982年に設立したミニ・シアター「名古屋シネマテーク」の専従スタッフとなり、1987年より支配人。

1993年〜2002年、愛知芸術文化センターオリジナル映像制作作家選定委員。

ピックアップ

  • 中日ボイス
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
26 ℃/--
東京
曇り
20 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
25 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集