珈琲美美・森光充子さんと珈琲の話でも・・Part2 2017/11/22

森光充子さん(右)と私

いつもありがとうございます。前回からの続きとなります。

・・・森光充子さんが淹れた「ゴールデンハラール」を頂き、会場を旧店舗に移して、第二部「森光宗男さんを偲ぶ会」を開催しました。

森光充子さん、私、小坂章子さん、田中智子さん(左から)

MCは私が務めさせていただきました。まずは森光宗男氏を偲び、黙とうから始めました。故人を偲ぶことが大切なのですが、実は、これでみんなの気持ちが一つになるのです。

先ず私が、森光さんとの出会いや何度もご一緒した珈琲の旅の思い出、師としての教え等々をお話させていただきました。私自身も、故人思いに浸りながらの話でしたので、なかなかまとまりのない話になったのではないかと思いますが、生徒たちは私の気持ちを何とか汲み取ろうと一生懸命聴いてくれていました。実際、森光さんとのは一時間二時間で話せる程度のものではありませんが、出会いからの話を、その思いをプリント資料として配りましたので理解いただけたと思います。

名著 「モカに始まり」

******************************
◎【プリント資料】
New 珈琲美美「森光充子さんの珈琲を飲もう!」2017年10月2日

「故・森光宗男氏」
1947年福岡県久留米市生まれ、72年より5年間、東京吉祥寺「もか」標交紀師のもとで珈琲を学ぶ、77年福岡市今泉で自家焙煎・ネルドリップの店「珈琲美美」を開く、2009年同市赤坂に移転、2010年「モカに始まり・・」森光宗男・著作本出版。2016年12月7日、韓国ソウル空港で突然お亡くなりになられました。

〇「珈琲美美」
言わずと知れた九州の名店。あくまでも「一杯の珈琲」から世界を観るという立場を貫き、ネル・ドリップの澄んだ珠玉の珈琲にこだわり多くの珈琲通に支持されています。2016年店主森光宗男氏が突然お亡くなりになり、その後、奥さんの森光充子さんが継承しています。

「滴一滴」
珈琲美美に飾られている言葉です。私が「心の師」と尊敬している森光宗男さん。40年も珈琲だけで営業している店です。私が森光さんと知り合ったのは、1996年に都留市「バンカム都留」の中村さんに「福岡にモカコーヒーに精通した方がいますよ!」と教えていただいたのがきっかけでした。その年、毎年通っていた倉敷珈琲館の帰り?に、時間がありましたので、お電話して寄らせていただきました。

こじんまりとした店(今は赤坂に移転しましたが、当時はまだ今泉にありました)は珈琲の香りが染みついていて、すべてに重厚感がありとても雰囲気のある落ち着いた店でした。その時は、その後何度もこのドアを開けることになろうとは思いもよらなかったのですが・・・。

挨拶をして、珈琲を注文しました。豆の計量、選別、粉砕、ネルの準備、お湯の温度の確認、蒸らし、抽出、出来上がり、湯煎されたカップに注ぐ、提供まで、すべての工程に一縷の緩みもないその姿に、私は見惚れてしまいました。ゆったりと丁寧に行われるそれらの所作から生み出される珈琲は、飲む前から心の中に入り込んでくるのです。こんなに丁寧にコーヒーを淹れる方がいるのか?と、同業者ながら感心しきりでした。

珈琲は、静かで柔らかく何の抵抗もなく口の中に広がりました。少し頼りないくらいの静かな味ですが、飲み込んでいくうちに香りとともに満足感でいっぱいになるといった珈琲です。

森光さんといえば、モカコーヒーの第一人者だということは当時から誰もが認めるところでしたので、2杯目はここでしか飲めない「エチオピア・ゴールデンハラール・モカ」を頂きました。エチオピアのハラ―ル地方の奥地ハラワチャ村の近辺のゴールデンビーンズの木からしか取れない豆で、当時、エチオピアのモプラコ社のヤンニ社長が森光さんにと特別に携えた豆で、日本でも美美でしか飲めなかったまさに幻の珈琲でした。その香味は、モカの独特の花のような香りとスパイシーな風味。これぞナチュラル・ハラールというとてもインパクトのある香味でした。

珈琲を飲みながらいろいろなお話をしていたら、「来年の正月から2週間イエメンに珈琲の旅にいきます」との話が出ました。以前からコーヒー産地に行くことが夢だった私は即座に、「私もご一緒できませんか?」と口走っていました。すると、

「いいですよ。現地で珈琲豆一粒食べるだけでも勉強になりますよ。一緒に行きましょう!」

いとも簡単にこんな言葉が返ってきたではありませんか。

確かに初対面で「連れてって」とお願いする方もどうかと思うのですが、初めて会ったどこの馬の骨ともわからない人物に、いとも簡単に「OK」を出す方もいかがなものでしょう・・・?いまさらながらその懐の深さにびっくりするとともに本当に感謝しています。

さて、一緒に行くことが決まったことは良いのですが、それまでの20年間の珈琲屋人生で2週間も現場を離れることはなかったので、2週間のスケジュールをどのように組むかも含め、いろいろな難問が満載で、まずはそれを一つ一つクリアーしなければなりませんでした。出発を決めたその日からまさに「イエメン珈琲の旅」は始まったのです。

それから2週間くらいして、森光さんからイエメンの歴史や文化の資料が送られてきました。その中には、イエメンはどんな気候なのか、何を持っていけばいいのか、何が必要なのかなどの資料は一切入っていませんでした。それは森光さん特有の優しさで、暗黙のうちに、「私が連れて行くのではないですよ。今井さんの旅にするのですよ!」と言っているのだと私は理解しました。それからイエメン渡航までの間、資料を買いあさり猛勉強しました。

年が明けいよいよイエメン珈琲の旅が始まりました。成田空港で落ち合い、まずはエジプトのカイロに向かいました。その後、カイロからイエメンの首都サヌアに到着です。その地の風景はアラビアンナイトの世界で、一瞬夢かと思うような場所に立っている自分が本当に不思議でした。

降り立った時間が深夜だったため、ホテルは閉まっていましたが、必死でノックをして何とか中に入れてもらいました。次の日からの珈琲の旅は今までにない経験をたくさんしてきました。毎日が初めて経験する衝撃的な事ばかりで、あっという間の2週間で、私の中の「珈琲」という観点が根底から変わった旅でもありました。

旅の時の森光さんの口癖は、「珈琲の神様がついているから大丈夫!」です。実際、沢山の苦難に出会ったのですが、その度に「珈琲の神様がついているから大丈夫!」で乗り越え、それを良い方向に持って行っていく奇跡を何度も一緒に体験しました。まさに神通力とでも言うのでしょう!

森光さんには本当に珈琲の神様がついていたと、私は今も思っています。これは森光さんと苦難を共にしてきた人だけが感じる事なのでしょうが・・・。コーヒーを志す人、携わっている人には、是非、赤い実を食べに産地に出かけていただきたいです。森光さんとはその後、イエメン3回、エチオピア3回、ケニア、タンザニアとさまざまなコーヒーの旅をご一緒させていただきました。私の今があるのは、森光さんのおかげです。森光さんの話をすると、それだけで一冊の本が書けるくらい思い出が強く深いのです。

森光さんは2012年、モカコーヒー産地めぐりの体験を一冊の本にまとめました。手の間文庫から出版された「モカに始まり・・」という本で、生涯で出版した本はこれだけです。素晴らしい内容で、コーヒーに携わる方にはすべてが参考になる名著中の名著です。私も昭和初期から、名著といわれる珈琲本はほとんど持っています(約200冊)が、こんなに素晴らしい本はめったにありません。特にモカコーヒーに関しての資料は永久保存版と呼ぶに値します。ぜひ多くの方にお読みいただきたいのですが、すでに絶版になっています。

中古市場では一時的に一万円の価格が付きましたが、それも今は買うこともできません。再版本の声が日増しに高まり、今回再版に向けて「クラウドファンティングで再版を可能にしよう!」という動きとなりました。前回の本に過筆して「産地版」として出版されます。是非みんなで力を合わせて応援しましょう!!(注)現在は終了しました

森光さんは全人生をモカコーヒーの研究と共にネルドリップの普及にも努めた方です。ネルドリップの信仰者、または伝道師としても有名です。「コーヒーはドリップで始まりドリップで終わる」といわれていて、いろいろな抽出器の中でも、ドリップコーヒーが一番良い香味が出るということは何度もお話ししてきましたね。その元、原点にあるのがネルドリップです。

一手間も二手間もかかるネルドリップで淹れたコーヒーは、他の追従を許さない素晴らしい香味のコーヒーが出来上がります。「手の中にだけ真実がある」。これは森光さんの著書の中の言葉です。滴一滴・・丁寧な手仕事によってのみ抽出される「珠玉の珈琲」。

2014年の渋谷のヒカリエで行った「ネルドリップを楽しむ会」を皮切りに、日本各地、韓国のソウルなどでも、ネルドリップの良さを知っていただくための会を多く行っていました。

森光さんは病気を抱えていて体調が万全ではないにもかかわらず、本当に精力的に自らの身体を酷使して普及に努めていました。まさに「命懸けで・・・」2016年12月7日、まさに青天の霹靂。12月7日に韓国ソウル空港の待合室で帰らぬ人となったのです。もうすぐ69歳となられるところでした。死因は不明ですので「突然死」と判断されました。森光さんは、生涯を、ネルドリップの普及に努め、モカコーヒーの研究に尽力された方です。

私は、報告を受けた日からしばらくはどうしてよいかわからず、茫然自失状態でした。仮通夜、通夜、本葬と3日間博多にてお悔みに行って参りました。私にとっての珈琲の師「森光宗男」は、真に珈琲の神様になったのです。師の功績は計り知れません。前にも書いたように、師を語る時、一冊の本では到底おさまらないくらい濃くて深い素晴らしい珈琲人生を歩まれた方なのです。

残された私達(森光氏と珈琲の旅を共にした同志グループ)は、森光氏が開いてくれた「モカの道」を繋げていく事に全力で取り組んでいかなければなりません。珈琲美美は現在もそのまま営業を続けています。自らの死を予言していたのでしょうか?2年ほど前から奥様の充子さんに焙煎の技を伝えていて、奥様が焙煎を任されていたようです。

森光さんはもういませんが、これからも森光宗男流珈琲を充子さんが進化させ「森光充子流美美珈琲」として繋いで行き、多くの方に感動と安らぎを与え愛されていくことでしょう!

今日の珈琲とお話を皆様の記憶に留め置いてください。本日はご来場いただき誠にありがとうございました。
待夢珈琲店
*****************************

森光充子さん、田中智子さん、小坂章子さん(左から)

私の後は、充子さんに少しお話をしていただきまして、その後、小坂章子さんが森光宗男さんとの思いでや、エチオピア旅行のビデを撮影での出来事をとても優しくお話しいただきました。

最後は田中智子さんが、「モカに始まり」の本ができるまでの苦労話や森光宗男さんとの思い出話をまるで前もって携えた原稿を読むがごとく流暢にお話していただきました。

その後、質問タイムを設けましたが、沢山の質問を頂きエンディングにふさわしい盛り上がりで終了しました。生徒の皆さんからは、その後、とても良かったとの声を多く頂きました。

お陰様でクラウドファンディングは最終目標額も達成して出版が決定しました。2冊構成になっていまして、今回は12月7日の森光さんの命日に出版される「産地版」の応募でした。2冊目は「抽出版」で、発売予定が来年の5月になるようです。今から楽しみですね。

当店よりに応募した方が73名もいて委員会のスタッフの方々に喜ばれると同時にその人数の多さに驚かれました。我が生徒は素晴らしく珈琲の好きな方ばかりで、25年以上珈琲教室をしてきた甲斐があったと嬉しく思いました。全国に誇れることのできる生徒達に囲まれて、これからも珈琲の世界を皆と共に広めていきたいと思います。

11月6日(月)
森光宗男 メモリアルコンサートが福岡あいれふホールで開かれ盛況だったそうです。

PR情報

記事一覧

ドリップコーヒーの抽出技術 Part9  〜ネル(布)ドリップの実践編〜

いつもありがとうございます。今回は前回の続き、ネル(布)ドリップの実践編です。基本的にはペーパードリップと大きく変わりませんが、その準備に少し手間と…

2015/11/11

ドリップコーヒーの抽出技術 Part8

いつもありがとうございます。前回は最も手軽なペーパー式ドリップ法を紹介いたしました。今回はその基となった「布(ネル)式ドリップ法」をご紹介いたします。

2015/10/21

ドリップコーヒーの抽出技術 Part7

いつもありがとうございます。前回はカリタ式とメリタ式のペーパーフィルター式抽出法を紹介いたしました。 今回は、もう一つのペーパーフィルター法の円錐式…

2015/9/23

ドリップコーヒーの抽出技術 Part6

@紙フィルター式ドリップ ネルドリップの良さを残しながら、手入れの面倒を省いたものが「紙フィルター」です。ハンドドリップでコーヒーを淹れる方やコーヒー…

2015/9/3

ドリップコーヒーの抽出技術 Part5

ドリップコーヒーのおいしさの秘密 抽出には浸漬法と透過法があることは以前説明いたしましたね。軽くおさらいしますと、 ●ボイルド式(浸漬法) コーヒーの粉…

2015/8/6

コレステロールと血糖値を上げるコーヒー・ジテルペン

いつもありがとうございます。最近、コーヒーと健康がいろいろと取り上げられて報道されていますね。とても良いことで、約1世紀近く飲まれ続けていて、現在では…

2015/7/7

浅煎り・深煎りでコーヒーの薬用効果が違う!?

いつもありがとう御座います。また、先日のNHK「あさイチ」をご覧いただきありがとうございました。 先の、国立がんセンターの国立がん研究センターや東京大な…

2015/6/15

緊急報告「5/25 NHK あさイチ」に出演

先回ご報告した、緑茶やコーヒーを毎日多く飲むと、心臓病や脳卒中などで死亡するリスクを低下させるとの東京大や国立がん研究センターなどの研究チームの発表…

2015/5/23

岡希太郎「珈琲と健康のお話&ドリップコーヒーの秘密」講座

4月28日に待夢珈琲店旧店舗と可児市桜ヶ丘公民館で、東京薬科大学名誉教授の岡希太郎氏をお招きして「珈琲と健康のお話講座」を開催しました。講座は超満員、大…

2015/5/9

日本で唯一の焙煎士【大坊勝次氏】焙煎講座

いつもありがとうございます。先回はコーヒーを選ぶときに最も重要な焙煎のお話をさせていただきました。 近年はコーヒーブームと言われています。また、自家…

2015/4/22

プロフィール

19

達人に質問をする

日本コーヒー文化学会 理事、日本スペシャルティーコーヒー協会会員(SCAJ)、SCAJ公認 コーヒーマイスター(NO.169)、前・金沢大学講師 (文部科学省公認)

1977年岐阜県瑞浪市に「待夢珈琲店」開店、コーヒーの歴史書や専門書を読みあさり、独学で焙煎を覚え、自家焙煎の珈琲専門店をスタートさせる。

その後、世界のコーヒー産地を自らの足で回り、納得のいく優良な豆を買い付け、良質で新鮮な体に良いコーヒーを提供しています。

また、現在、中日文化センターの珈琲教室をはじめ、基礎クラスから専門クラスまで12講座をこなしています。

産地歴訪はエチオピア3回、イエメン4回、ブラジル、インドネシア、ケニア、タンザニア、ペルーなど。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
30 ℃/--
東京
曇り
27 ℃/--
大阪
曇り
28 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集