450年前、信長はついに岐阜へ入りました 2017/4/21

瑞龍寺山から北、尾根続きに岐阜城が見える

いよいよ今から450年前、1567年(永禄10年)に稲葉山城(井口山城・今の岐阜城)が落ちます。信長は満33歳でした。そのきっかけは力攻めではなくやはり調略によるもの。

この年の夏、道三時代からの斎藤家の家臣であった美濃三人衆(稲葉良通、安藤守就、氏家直元)と呼ばれる西美濃の国人衆が斎藤龍興を見限り、信長につくことを申し出てきたようで、さっそく人質の請け取りに村井民部丞貞勝と島田所之助秀順の二人が西美濃へ派遣されました。

ところが信長はその人質が尾張に到着する前に突然出陣し、稲葉山城の山続きの瑞龍寺山に駆け上って井口の町を見下ろしながら、片っ端から火をかけさせました。龍興側は「一体何事だ、敵か味方かと」と騒いでいるばかり。大風が吹いて町が焼け、稲葉山城は裸城となってしまいました。

信長は翌日、とるものもとりあえず城に入って籠城した龍興側を干しあげるべく、城の四方に二重三重に柵(鹿垣)を作って閉じ込めてしまいました。

瑞龍寺の奥に見えるのが瑞龍寺山

信長に寝返った美濃三人衆も軍勢を率いてやってきましたが、すでに全ては終わったあとで、その迅速な動きを驚き、さすが信長と肝をつぶして挨拶をしました。その後結局8月15日に、龍興は稲葉山を出て、長良川を船で下って落ちていき、一向宗の巣窟である長島へ入りました。

これによって信長はついに美濃を手に入れ、上洛への道を確保したのです。そして小牧山城から稲葉山城へ本拠を移すことにし、美濃国に一通り支配者としての触れを出したあと、井口を改名して岐阜と命名しました。

これが信長公記に書かれた岐阜入りの話です。大筋はこういうことだったのでしょう。ただ、いくつかの疑問もあります。まず龍興が逃げたのは信長の公認だったのかということ。鹿垣で囲ったのになぜ逃げられたのでしょうか。

また、最近の研究では8月15日ではなく、9月15日だったのでは、というものもあります。そして岐阜と命名したのは本当に信長だったのか、ということにも最近いろいろな話が出てきています。これらは次回以降にまたご紹介しましょう。

瑞龍寺は修行道場に付き拝観禁止

で、この時の信長の動きですが、駆け上ったという瑞龍寺山はどこでしょうか。これは今もある瑞龍寺(ずいりょうじ・岐阜市寺町19)の裏山のことですね。稲葉山(今の金華山)が北西の端でそこから峰続きの南西端が瑞龍寺山となります。標高158m、登れば南から西に濃尾平野が一望できます。

山頂には弥生時代後期(2世紀)の墓があり、人為的に割られた青銅鏡が発見されていますから、そんな時代からここは権力者にとっては特別な眺望の場所だったのでしょう。

尾張方面の眺望。真ん中が名古屋駅ビル群
火をつけた井口(岐阜市)は眼下に見える

瑞龍寺(岐阜県岐阜市寺町19)は信長が美濃に入る約100年前の1468年に、守護を越えるほどの実力者となった斎藤妙椿(道三と血縁はありません)が守護の土岐成頼の菩提寺として建立した寺。妙椿も葬られています。信長が井口に火を放った時に焼失し、その後も何度か燃えています。

現在は禅の修行寺のため、残念ながら入ることはできません。瑞龍寺山に登るのはこの寺の西、柏森公園から石畳の道を上がっていきます。30分ほどで大きな展望台(岐阜市上加納山)へ着きますが、ここから濃尾平野の絶景が望めます。

山頂部にあった案内図

信長も稲葉山城に入る前に、まずはこの絶景を見たのでしょう。信長は尾張や美濃を見通せる、小牧山城よりさらに素晴らしいこの眺望に魅せられて、小牧山からの移転を決めたのかもしれませんね。

なお、ここはクルマでも登ることができます。瑞龍寺より2キロほど東の岩戸公園(岐阜市長森岩戸)から金華山ドライブウェイに入るとその終点がこの展望台になります。ただ、信長気分を味わうならやはり徒歩で駆け上がってみてください。

信長ドライブにおすすめのクルマ

トヨタ プリウスPHV Aプレミアム

プリウスの後部を改造し、大きな電池を積んで、実走で30キロほどは完全にモーターだけで走れるようにしたのがこのクルマです。その滑らかで力強い走りはさすが電気自動車というところ。急速充電器なら15分ほどで充電可能で、もちろん電池が無くなっても普通のハイブリッド車として乗れますから、遠出も安心。フル充電からハイブリッドに切り替わって、急速充電してまた電気になって、といったトータル約370kmの試乗燃費は27.2km/Lでした。(1.8L直4 プラグインハイブリッド・422万2800円)

PR情報

記事一覧

「第7回信長学フォーラム」と「あいち合戦ワールド」

今回は小牧山城の話を一回お休みして、11月24日の祝日に開催された「第7回信長学フォーラム」と11月30日に行われた「あいち合戦ワールド」の報告を。 11月24日…

2014/12/2

尾張の新たな首都小牧、誰も見たことのない石垣の城「小牧山城」その2

1562年(永禄5年)美濃との間で停戦した信長は考えました。 「そう簡単に美濃は落ちない。犬山もまた同様。となればまず尾張で自分の立ち位置を再検討すべき…

2014/11/15

尾張の新たな首都小牧、誰も見たことのない石垣の城「小牧山城」 その1

小牧山城。歴史好きの間でこの城ほど最近脚光を浴びている城はありません。というのもここ10年ほどの継続的な発掘調査によって、この城が従来考えられてきたも…

2014/10/25

犬山の反乱を抑えるべく、丹羽郡の於久地城(小口城)を攻める

先回、信長は1561年の6月半ばに岐阜県北西部の神戸町にまで兵を進めたことを書きました。しかしこの頃、犬山城の織田信清(信長の従兄弟)が反旗を翻して美濃方…

2014/10/9

西美濃の安八郡神戸町まで侵攻を拡大するも、それ以上は攻められず

桶狭間合戦の翌年である1561年(永禄4年)5月、現在の岐阜県本巣市軽海まで兵を進めた信長ですが、信長公記では一旦兵を退いていることになっています。 しか…

2014/9/24

あまり知られていない軽海・十四条の戦い

先回紹介した森部の戦いで美濃での勝利を納めた信長勢は、そのまま攻め上り大将を失った墨俣の砦(森部の4キロ北のあたり)を奪い取ります。 墨俣といえば、…

2014/9/9

義龍亡き後の森部の戦いで初めて美濃勢に勝利

桶狭間合戦の翌年、1561年に信長はいよいよ本格的に美濃へ侵攻します。前年にも桶狭間勝利の勢いをかって二度、美濃を攻めてはいますが、敗退。また当時は三河…

2014/8/20

信長の時代の木曽川本流の流れはどこなのでしょうか

桶狭間合戦以降の信長の美濃攻めですが、その前に知っておきたいのが当時の大河の流れに関してです。 尾張からはいくつかの大河を越えないと美濃へ攻め入れな…

2014/7/25

わからないことが多すぎる、信長の美濃攻め7年間

さて、この連載記事は基本として「信長公記」という信長の家臣であった太田牛一という人が残した信長の一代記、その首巻部分をベースにしています。 信長公記…

2014/7/8

豊田スタジアム界隈は信長の時代、なんと尾張だったのです

6月7,8日、今度は豊明市で桶狭間古戦場祭りがありました。特に8日は幹線道路を封鎖しての武者行列やら、合戦再現劇などがあり、縮小版名古屋まつりみたい…

2014/6/16

プロフィール

15

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
雨
15 ℃/13 ℃
東京
雨
12 ℃/10 ℃
大阪
雨のち曇り
15 ℃/13 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集