小牧山城でまた新たな大発見がありました。現地説明会は11月18日一日限りです! 2017/11/14

現地地図です

信長の城として、歴史がどんどん書き換わっていると言ってもいい小牧山城の発掘調査、今年も大変なことになっています。

主郭地区第10次発掘調査で、北西の急斜面でもついに石垣がみつかりました。屈曲を繰り返す石垣は「虎口」の可能性もあるようで、残存延長は7.4m、推定高さ1~1.5m。滋賀県立大学・中井均先生の見解では「虎口であり、軍事的なものではなく、石垣を用いることで門という空間を儀礼の場としていたことが明らかになった」とのこと。

二年前の発掘調査現地説明会の模様

小牧山城は別名「火車輪城」と呼ばれたようです。そのわけを私は、石垣の段の間で松明を炊いてライトアップしたからではないかと、以前に書きました。今回の発見のように、山をぐるりと囲んだ石垣があれば、松明の明かりが石垣に反射して、車輪のようなライトアップ効果がより高まったと思います。今回の発見でますますそうではないか、と思えてきました。その視覚効果は、今回発見された石垣の向く北西方向の稲葉山城(岐阜城)からもよく確認できたはず。

小牧山城にある俯瞰案内看板です

小牧山城は城の周りに堀がなく、城下町にも惣堀(町全体を囲む堀)はないようですから、防御性には乏しく、当時の戦闘用の城とはまったく違うものといえそうですが、となるといったいこの城は何なのか、信長は何のために作ったのか、その謎はさらに深まったように思えます。今度発行する「現代語訳 天理本・信長公記首巻」では、守護所のようなものではないかとの仮説を書いていますので、ぜひお読みいただければと思います。

岩崎山から見た小牧山城。城を松明でライトアップしたと想像してみてください

とにかく、ついに450年の時を越えて石垣が現代に姿を表したのです。信長が作った石垣が、ですよ。これを見られるのはたった一日だけ(また埋め戻されますから)。それが今度の土曜日、11月18日です。現地説明会は午前10時30分から。最終受付は11時30分ですから、登山時間も考えて遅れないようにお出かけください。当日は市役所の駐車場が臨時に開いています。北駐車場も使えますが、南の公園の駐車場は閉鎖されていますのでご注意ください。小雨決行ですが、問合せは0568-72-2101へ。

今も巨石がある岩崎山の熊野神社と高さ5mの五枚岩

さて、午前中に小牧山城を見たら、午後は石を切り出した岩崎山(愛知県小牧市大字岩崎)へ行ってみてはどうでしょうか。クルマでの移動は15分ほどです。

小牧山城の巨石の多くはここから切り出された花崗岩です。岩崎山山頂の熊野神社には愛知県指定の天然記念物である五枚岩という高さ5mの巨石があり、これの迫力は圧巻です。名古屋城築城時には小牧山城の石も持ち出されたようですが、この岩崎山からも切り出されており、その当時の家紋や矢穴のある石が、そのままあちこちに放置されており、今もたくさん見られます。これも楽しいですね。

割るための矢穴と何かの模様が掘られた岩崎山の石

岩崎山は小牧山から北北東へ直線で約3km。小牧山城の築城時にここから信長が石を切り出したということになると、当時の信長はかなり犬山方面へ勢力を伸ばしていたことになります。小牧山城ができていくのを見て小口城が撤退したと考えられていますが、小口城が堀としていた五条川の北側まで岩崎山から直線で3.5km。これらを考えると、五条川から南は信長の領土だったということになりそうです。

岩崎山はごく小さな山だが、その存在意義は大きい

現代語訳 天理本・信長公記首巻」では、小口城が戦わずして撤退したのは小牧山築城のせいではなく、岩崎山よりさらに北の青塚古墳の上に信長方が砦を築き始めたからと考えています。信長公記に書かれた内容を見ると、そう考えるのが合理的ではないでしょうか。

砦跡の碑

岩崎山は標高54.9mとそう高くはないですが、熊野神社の舞台からの眺望は素晴らしいですよ。小牧山がよく見えますから、小牧・長久手の戦いでは小牧山の家康に対する最前線砦として構築され、秀吉方の西美濃衆である稲葉一鉄が入りました。また小牧山城では以前市役所が建っていたところを発掘調査して、小牧・長久手の戦いで家康が作った堀を再現してますので、こちらもお見逃しなく。

小牧市役所を移転させたあとに再現された、家康が作った巨大な堀
PR情報

記事一覧

信長の尾張支配研究に重要な、天白元屋敷遺跡発掘調査の見学会

小牧山城のお話をちょっとまたお休みして、今回は去る1月10日に名古屋市内、守山区中志段味の「天白元屋敷遺跡発掘調査」の見学会と説明会に行ってきたご報告を。

2015/1/13

初日の出ならここ! 尾張の新たな首都小牧、誰も見たことのない石垣の城「小牧山城」その3

1563年(永禄6年)からわずか4年使われただけの小牧山城。前にご紹介したように、発掘調査で上下二段の石垣を持つことがわかったこの城は、この時代の城として…

2014/12/21

「第7回信長学フォーラム」と「あいち合戦ワールド」

今回は小牧山城の話を一回お休みして、11月24日の祝日に開催された「第7回信長学フォーラム」と11月30日に行われた「あいち合戦ワールド」の報告を。 11月24日…

2014/12/2

尾張の新たな首都小牧、誰も見たことのない石垣の城「小牧山城」その2

1562年(永禄5年)美濃との間で停戦した信長は考えました。 「そう簡単に美濃は落ちない。犬山もまた同様。となればまず尾張で自分の立ち位置を再検討すべき…

2014/11/15

尾張の新たな首都小牧、誰も見たことのない石垣の城「小牧山城」 その1

小牧山城。歴史好きの間でこの城ほど最近脚光を浴びている城はありません。というのもここ10年ほどの継続的な発掘調査によって、この城が従来考えられてきたも…

2014/10/25

犬山の反乱を抑えるべく、丹羽郡の於久地城(小口城)を攻める

先回、信長は1561年の6月半ばに岐阜県北西部の神戸町にまで兵を進めたことを書きました。しかしこの頃、犬山城の織田信清(信長の従兄弟)が反旗を翻して美濃方…

2014/10/9

西美濃の安八郡神戸町まで侵攻を拡大するも、それ以上は攻められず

桶狭間合戦の翌年である1561年(永禄4年)5月、現在の岐阜県本巣市軽海まで兵を進めた信長ですが、信長公記では一旦兵を退いていることになっています。 しか…

2014/9/24

あまり知られていない軽海・十四条の戦い

先回紹介した森部の戦いで美濃での勝利を納めた信長勢は、そのまま攻め上り大将を失った墨俣の砦(森部の4キロ北のあたり)を奪い取ります。 墨俣といえば、…

2014/9/9

義龍亡き後の森部の戦いで初めて美濃勢に勝利

桶狭間合戦の翌年、1561年に信長はいよいよ本格的に美濃へ侵攻します。前年にも桶狭間勝利の勢いをかって二度、美濃を攻めてはいますが、敗退。また当時は三河…

2014/8/20

信長の時代の木曽川本流の流れはどこなのでしょうか

桶狭間合戦以降の信長の美濃攻めですが、その前に知っておきたいのが当時の大河の流れに関してです。 尾張からはいくつかの大河を越えないと美濃へ攻め入れな…

2014/7/25

プロフィール

15

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
雨のち晴れ
15 ℃/--
東京
雨のち晴れ
14 ℃/--
大阪
曇り一時雨
15 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集