明治村の鉄道3…蒸機列車の客車にも注目を 2017/4/21

明治村で蒸気機関車に乗る…といっても、実際に蒸気機関車に乗れるわけではなく、蒸気機関車が牽引する客車に乗ることになります。

その客車も、実は明治時代に製造された新製後100年を優に超える車両たちで、なかなか貴重なものです。今回は、その客車の楽しみ方をご紹介します。

なお、今回紹介する写真は特別に許可を得て撮らせてもらったもので、通常はこの角度から撮ることができません。その点を予めご了承下さい。

3両編成の客車両端は、オープンデッキ付のハフ13とハフ14

明治村の蒸気機関車は、3両の客車を牽引しています。その両端は、ハフ13とハフ14という客車となっています。上の写真を見るとわかるとおり、乗降口がオープンデッキになっています。車輪は2軸4輪で、2軸車と呼ばれているタイプです。いまや鉄道車両が一般的に採用している、台車を客車の前後に1つずつとりつけたボギー車に比べると、簡易な走り装置であることが見るだけでわかります。

2軸車は、一部のレールバスと呼ばれるディーゼルカーに採用されたこともありましたが、いまや営業線からは全滅しました。それだけに、この2軸車の乗り心地は貴重な体験です。

上の写真では屋根上が判りにくいですが、丸く沿った屋根の上に、もう一つの屋根が載っています。モニター屋根と呼ばれるもので、二つの屋根の間にはガラス窓がついていて、車内にできるだけ外光を注ぎ込むようにしているのです。これも、電気照明が発達したいまでは、見ることがなくなった構造です。

窓にも注目です。窓の下には前後方向に一枚板が渡してあることが判ります。ウィンドウシルと呼ばれるもので、客車の長手方向の中央部が自分の重さによりたるんでくるのを防ぐ目的で取り付けられています。

窓そのものも、ガラス窓とカーテン代わりのよろい戸が二重にあり、開けるときには少し持ち上げてから下に落とすようにできています。これは知らないと、どうやって窓を開け閉めするか判らない代物です。

なお、ハフ13とハフ14は明治45年(1912)年に新宮鉄道が自社で新製した車両で、3年前にはハフ13が故郷に里帰りしました。そのときは、和歌山県新宮駅(紀勢本線)の駅前で公開展示されたのですが、その際の搬出風景は、当コラムで紹介していますので、最下段に同コラムへのリンクを張っておきます。

3両編成の真ん中に連結されているハフ11

3両編成の真ん中に連結されているのは、出入口扉が客室内になっているハフ11です。

前述のハフ13,14と比べると、二重屋根の様子が異なることが見て取れるでしょう。また、ウィンドウシルだけでなく、ウィンドウヘッダーと呼ばれる窓の上側の板もついています。やはり車体中央部が垂れないように付けられているもので、シルとまとめて、シル・ヘッダー付と呼んだりします。

この車両はハフ13,14より4年前となる明治41年に天野工場で新製されています。天野工場は、大正時代に日本車輌製造に買収されて東京支店工場となった鉄道車両メーカーです。新製後は東京の青梅鉄道(現・JR東日本青梅線)で活躍したあと、山形県の高畠鉄道を経て秋田県の雄勝(おがち)鉄道に譲渡されます。高畠鉄道・雄勝鉄道ともにいまは廃線となっています。この雄勝鉄道時代に、新宮鉄道からやってきたハフ13,14と合流します。雄勝鉄道は戦時統合で羽後交通雄勝線となったうえで、昭和48(1973)年に廃止されました。

このころ明治村で蒸気機関車の動態保存を計画していたことから、明治村にやってきて今に至ります。

いまも動いている松葉スポーク車輪は貴重

上の写真は、ハフ11の車輪を写したものです。

ハフ13,14とともに2軸4輪車ですが、その車輪に特徴があります。最近の車輪は車軸部と周囲のタイヤ部の間に空間がありませんが、古い車両はこのように車軸とタイヤ部分をスポークで結んでいます。

余談ながら、国際線と国内線を両方持つ主要空港をハブ空港と呼びますが、より正確にはハブ・アンド・スポークです。車軸のことをハブとも呼びますが、ハブ・アンド・スポークとは、この車軸から放射状にスポークが伸びている様子を指します。

つまり、国際線がハブ空港に着くと、そこからスポークのごとく国内線が国内各地を結んでいる、もしくはその逆という意味です。この車輪を見ると、ハブ空港のサイトにでている航空路線案内図を思い出しますよね。

閑話休題

通常、スポーク車輪は車軸から棒が一本ずつ出ています。ところが、上の写真に写っているスポークは、車軸部分が2本で、タイヤに接するところで一つになっています。これが松の葉っぱが根本から先に向かって2本に分かれている様子に似ていることから、松葉スポーク車輪と呼ばれています。

いまも古い車輪として残っているものは時折見ますが、毎日動いている鉄道車両で松葉スポーク車輪を履いているのは、おそらく全国でもこの明治村のハフ11だけだと思います。

貴重な現役の松葉スポーク車輪として、長く使い続けて欲しいものです。ただ、このようにホームの反対側に行かないと見られないのが残念ですね。

PR情報

記事一覧

リニア・鉄道館に行こう(29)クハ111形:近郊形電車の決定版

戦後、国鉄は「電車」による幹線系の整備を進めました。諸外国が機関車牽引の客車列車で近代化を推し進めるなか、国鉄のとった方針は異例ともいえるものでした…

2015/9/9

名古屋市地下鉄 東山線初の冷房車が引退に

名古屋市営地下鉄の東山線は、かつて「黄電(きいでん)」と呼ばれる真っ黄色の電車ばかりでした。名古屋市出身の画家・杉本健吉氏が、昭和32(1957)年11月に名…

2015/8/29

超電導リニアが実際に走るところを見学に行く

中央新幹線が2027年に世界初の超電導リニア方式で開業予定ということは、いまや誰もが知っていることですよね。では、その超電導リニア車両が実際に走っている…

2015/8/19

リニア・鉄道館に行こう(28) 鋼製電車クモハ12形

戦前の国鉄(当時は鉄道省)車両は、黒色か茶褐色、台車が黒色塗装が基本でした。電車も例外ではなく、関東や関西で活躍した近郊形のいわゆる「国電(省電)」…

2015/8/8

大井川鐵道と静岡空港を結ぶ無料クルーズバス

大井川鐵道で「きかんしゃトーマス号」が今年も夏から秋にかけて走っていることは、6月12日付の当欄『本物の「きかんしゃトーマス号」が今年も走りはじめた!』…

2015/7/28

七夕飾りを楽しめる路面電車…万葉線

梅雨明けがいつか気になる時期となりました。梅雨が明けると、各地で行われる行事のひとつに七夕祭りがあります。7月に行うところも少なくありませんが、旧暦で…

2015/7/15

リニア・鉄道館に行こう(27) スハ43形優等客車

華やかな車両がならぶリニア・鉄道館において、少々地味な雰囲気があるこのスハ43形客車ですが、かつて特急「つばめ」に使用されたこともある形式です。 戦後…

2015/7/5

レール運搬用の、キヤ97が見られる名古屋港線

JR東海のキヤ97という車両をご存知でしょうか。90番台であることから、事業用ということは推測できるものと思います。 上の写真がその車両ですが、前後に運転…

2015/6/23

本物の「きかんしゃトーマス号」が今年も走りはじめた!

蒸気機関車(SL)が走ることで知られる大井川鐵道ですが、今年も6月から「きかんしゃトーマス号」が走りはじめました。もちろん、煙を吐いて走る本物の蒸気機関車…

2015/6/12

リニア・鉄道館に行こう(26) 花形国産電機EF58形

EF58形は、スマートなボディと華麗な経歴で人気のあった、戦後生まれの直流旅客用電気機関車です。終戦直後から設計がはじまり、翌1946(昭和21)年にはもう登場…

2015/6/2

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年間のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを立ち上げて代表取締役に就任。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退したため、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、多数のCD-ROMやDVDタイトルの企画制作にも関わる。監修した「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)が話題となってTV番組タモリ倶楽部に出演したこともある。

最新著書は「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
雨のち晴れ
18 ℃/13 ℃
東京
曇り時々雨
15 ℃/11 ℃
大阪
曇り一時雨
20 ℃/13 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集