リニア・鉄道館の楽しみ方[番外編] 2017/9/13

前回から少し間が開いてしまいましたが、リニア・鉄道館についてもう少しお知らせしたいことがあるので、記します。

ガイドツアーに参加すると「そうだったのか!」と初めて知ることがある。

リニア・鉄道館では、ガイドツアーを数多く実施しています。館内の「みどころガイド」については基本的に開館日の毎日14時30分から実施しています。また、テーマを絞ったガイドツアーも期間を区切って実施しています。

今秋だと、9月13日〜9月25日の休館日を除く毎日11時からと15時30分から(9/23,24は15:30-のみ)「超電導リニアのひみつを探ろう!」というテーマでガイドツアーがあり、続く10月7日〜11月5日の土休日には15時30分から「きっぷを発券してみよう!」というガイドツアーがあります。

これらガイドツアーは、「リニア・鉄道館」ホームページの「ニュース一覧」もしくはJR東海のホームページにある「ニュースリリース」に掲載されるイベント情報で知ることができます。いずれも定員制で先着順です。入館後、早めに予約すると良いでしょう。

ガイドツアーの良いところは、誰にも判る平易な言葉を使って、しっかりとした内容の説明をしてくださることです。このコラムを読んでいる方は、それなりに知識を持っている方が少なくないと思いますが、そういった方でも、20-30分のガイドツアー中、一つや二つは「そうだったのか」と改めて知る事実があることと思います。かくいう筆者もそうでした。

「鉄道のしくみ」エリアでは、多様な技術の集大成である鉄道の技術面を知ることができる。

リニア・鉄道館の1階には多くの展示車両がありますが、その700系新幹線に近い壁に沿って「鉄道のしくみ」コーナーがあります。やや地味な展示ですが、そのひとつひとつをみていくと、なかなか興味深い内容となっていることが判ります。

線路構造の基礎知識や、安全に走行するためのノウハウといったことから、切符や座席、保線や運転技術まで、幅広い内容を判りやすく模型やパネルを使って解説しています。

なかには実物もあり、前述のガイドツアーにある「きっぷを発券してみよう!」は、実際にその場で発券したきっぷで、設置してある自動改札機を通ることができます。

300系の本物のグリーン車座席が展示してあり、実際に座ってそのかけ心地を確認することもできます。次世代の新幹線車両となるN700Sについても、パネルで解説しているところなど、JR東海が運営するリニア・鉄道館ならではのことでしょう。ひとつひとつをじっくり見ていると、このコーナーだけでも結構な時間を必要とします。

ミュージアムショップも見逃せない

リニア・鉄道館の見学を終えたら、最後に寄りたいのがミュージアムショップです。

エントランス部分にあるので、入館しないときでも立ち寄ることができますが、やはり一通り見学を終えて、軽い興奮を感じているときに寄りたいところです。リニア・鉄道館オリジナルの商品が多数ありますが、なかでもドクターイエロー関係は人気ということです。思い出のグッズを買って帰りましょう。

ところで、リニア・鉄道館最寄りのあおなみ線金城ふ頭駅近くに、今年、新たな複合施設「メーカーズピア」(Maker's Pier)ができました。

駅を挟んでリニア・鉄道館とはちょうど反対側になりますが、どちらも駅から近いのでさほど離れているわけではありません。そのメイカーズピアとリニア・鉄道館がこのほどタイアップ企画を打ち出しました。

メイカーズピアのレシート税込1,000円(複数枚合算可)につき、リニア・鉄道館の入館料1人分を大人200円、高校生以下100円割引きするというものです。また、リニア・鉄道館の大人入館券をメイカーズピアのウェルカムセンターに持参すると、200円分の割引券がもらえるそうです。ただし、休館日を除く平日だけが対象で、リニア・鉄道館もメイカーズピアも同日に利用することなど、いくぶん制約があります。詳しくは各公式サイトもしくは現地でご確認ください。

タイアップ期間は、2017年9月13日〜同12月4日です。

以上をもって、リニア・鉄道館についてのご案内はお終いとなります。2013年1月からご案内してきたリニア・鉄道館については、今回で45回目となりました。約5年かかっていますが、今もすべてをご覧いただくことができます。必要に応じて読み返していただけますと幸いです。(「リニア・鉄道館に行こう(1) 同館の概要など 」)


今後は、リニア・鉄道館に新たな動きがあった際などにお知らせできればと思っています。

PR情報

記事一覧

リニア・鉄道館に行こう(28) 鋼製電車クモハ12形

戦前の国鉄(当時は鉄道省)車両は、黒色か茶褐色、台車が黒色塗装が基本でした。電車も例外ではなく、関東や関西で活躍した近郊形のいわゆる「国電(省電)」…

2015/8/8

大井川鐵道と静岡空港を結ぶ無料クルーズバス

大井川鐵道で「きかんしゃトーマス号」が今年も夏から秋にかけて走っていることは、6月12日付の当欄『本物の「きかんしゃトーマス号」が今年も走りはじめた!』…

2015/7/28

七夕飾りを楽しめる路面電車…万葉線

梅雨明けがいつか気になる時期となりました。梅雨が明けると、各地で行われる行事のひとつに七夕祭りがあります。7月に行うところも少なくありませんが、旧暦で…

2015/7/15

リニア・鉄道館に行こう(27) スハ43形優等客車

華やかな車両がならぶリニア・鉄道館において、少々地味な雰囲気があるこのスハ43形客車ですが、かつて特急「つばめ」に使用されたこともある形式です。 戦後…

2015/7/5

レール運搬用の、キヤ97が見られる名古屋港線

JR東海のキヤ97という車両をご存知でしょうか。90番台であることから、事業用ということは推測できるものと思います。 上の写真がその車両ですが、前後に運転…

2015/6/23

本物の「きかんしゃトーマス号」が今年も走りはじめた!

蒸気機関車(SL)が走ることで知られる大井川鐵道ですが、今年も6月から「きかんしゃトーマス号」が走りはじめました。もちろん、煙を吐いて走る本物の蒸気機関車…

2015/6/12

リニア・鉄道館に行こう(26) 花形国産電機EF58形

EF58形は、スマートなボディと華麗な経歴で人気のあった、戦後生まれの直流旅客用電気機関車です。終戦直後から設計がはじまり、翌1946(昭和21)年にはもう登場…

2015/6/2

いま注目される稲沢のDD51形ディーゼル機関車

かつて、国鉄近代化の象徴であり、蒸気機関車を廃止に追いやった張本人と悪役イメージをもたれたDD51形ディーゼル機関車ですが、いまや定期運用をもっているの…

2015/5/23

急行「飯田線秘境駅号」の停車駅を訪ねる (最終回)大嵐駅

昨年10月26日から連載してきた“急行「飯田線秘境駅号」の停車駅を訪ねる”は、今回の第7回で最終回です。連載を重ねるにつれてディープになっていく印象だった飯…

2015/5/12

リニア・鉄道館に行こう(25) 東海道新幹線の誕生

リニア・鉄道館では、3月18日(水)〜9月28日(月)の約半年間、第4回企画展を開催しています。そのタイトルは、 【東海道新幹線の誕生〜東海道における東西の難所…

2015/4/29

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年間のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを立ち上げて代表取締役に就任。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退したため、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、多数のCD-ROMやDVDタイトルの企画制作にも関わる。監修した「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)が話題となってTV番組タモリ倶楽部に出演したこともある。

最新著書は「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
29 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
30 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
28 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集