2014年9月の記事

全身を巡る気の旅に出よう! 〜 その30・足の先から頭頂部までの長いルートの肝経の旅・2 〜

では、肝経に所属する幾つかの駅に降りてみることにしましょう。 【太衝】(たいしょう) 足の甲で、第一指(親指)と第二指の骨の間を、指の股側から撫で上げていき、骨の股に突き当たったところにあります。

2014/9/29

全身を巡る気の旅に出よう! 〜その29・足の先から頭頂部までの長いルートの肝経の旅〜

肺経から始まった私たちの旅も、大腸→胃→脾→心→小腸→膀胱→腎→心包→三焦→胆と十の経絡を経て、最終ルートの肝経へとやってきました。 肝経は、胆経の「臨泣」から分かれたルートが足の親指の第二指側に流れ、そこか…

2014/9/15

全身を巡る気の旅に出よう! 〜その28・体側部を支配する胆経の旅・2〜

《わき腹から脚の外側を降りて足の薬指へ》 わき腹まで降りてきた胆経の旅は、脚に下り、大腿、下腿と下って外踝(くるぶし)から足の薬指に続いていきます。

2014/9/8

全身を巡る気の旅に出よう! 〜その27・体側部を支配する胆経の旅・1〜

《肩の上から即胸部、即腹部へ》 首筋(僧帽筋)の外、耳の後ろの乳様突起との間の「風池」まで来た胆経の流れは、一旦前に行った後、下って肩の上の「肩井」という駅に降りていきます。

2014/9/1

プロフィール

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師

1993年から、栄中日文化センターにて「癒しの気功法」の講座を担当させて頂いています。

他に、鍼灸院「和気」(名古屋市中村区)にて鍼灸(はり、おきゅう)の治療をしています。

また、愛知県立名古屋盲学校の非常勤教諭として、専攻科の学生たちに鍼灸と気功の技を指導しています。

昨年の9月から、月に一度、京都の妙心寺大心院にて東日本大震災復興支援のための「元気のつどい」という気功の講習会もしています。

和歌山県出身、日本福祉大卒です。趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなどです。

1〜4 / 4件
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
12 ℃/5 ℃
東京
晴れ時々曇り
14 ℃/4 ℃
大阪
晴れ後曇り
12 ℃/7 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集