2015年10月の記事

<第28話>心に残る大関列伝(貴ノ花編)

大関を語るときに、貴ノ花を抜きにすることはできません。16年間の土俵人生の中で大関を50場所(当時最長記録)も務めた人です。まさに「名大関」という言葉を贈りたいと思います。 悲劇の大関とも言われました。そ…

2015/10/25

<第27話>心に残る大関列伝(豊山編)

力士にとって、大関に昇進することは大きな成功であることは間違いありません。しかし、大関で終わった人はもう一つの壁、「横綱に届かなかった」という悲運の一面も持ち合わせているのです。大関には強さもさるこ…

2015/10/12

<第26話>秋場所をふりかえって

鶴竜が一人横綱となった場所を優勝で締めくくりましたが、すっきりしない気持ちが残ることは禁じ得ません。理由は、肝心な取組で二番にわたり立ち合い変化したことがイメージを悪くしたことです。本人も重く受け止…

2015/10/1

プロフィール

日本福祉大客員教授、元NHKアナウンサー・相撲ジャーナリスト

1930年、北九州市生まれ。早大卒業後、53年NHK入局。初任地は名古屋局で、自身初の大相撲実況は54年2月に金山体育館で行われた大相撲名古屋場所(当時は準本場所)。

NHK在職中は名古屋、福岡、大阪、東京と大相撲の本場所開催地の放送局に在籍。81年、大関貴ノ花引退の放送で思わず絶句。“泣きの杉山、泣かせの杉山”と異名をとる。相撲以外でも東京、メキシコ五輪をはじめプロ野球など各種のスポーツ実況を担当。

現在は日本福祉大生涯学習センター名誉センター長、客員教授。名古屋・栄の中日文化センター講座「大相撲の魅力を語る」で講師を務める。深い知識と豊富な経験を基に、講座で興味津々の話題を紹介してくれる。

著書に「大相撲この名勝負」「土俵の鬼三代」「兄弟横綱−若貴の心・技・体」「土俵のチンギス・ハーン 白鵬」「土俵の真実」などがある。

1〜3 / 3件
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
17 ℃/--
東京
晴れ後曇り
17 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
17 ℃/--
  • 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集