記事一覧

[注目校監督]「考動力」で目指す2年ぶりの頂点 津商・宮本健太朗監督

一つ一つの動きに無駄がない。練習の内容と意味を把握できているから、次のメニューへの移行も実にスムーズ。グラウンドに広がる部員104人の大所帯だが動きは常にスピード感がある。 「動きを速くする」。指導…

2017/7/7

[三重大会展望]混戦予想でノーシード校にもチャンス 強打の近大高専、投手力の菰野などに注目

昨年、春夏連続出場を果たしたいなべ総合学園のような本命は見当たらない。近大高専、津田学園、津商、菰野のシード校も決め手を欠く。ノーシード校にも十分チャンスがあり、混戦が予想される。 '>[愛知大会展望…

2017/7/5

[注目校監督]打ち勝つ野球で一つでも上へ 揖斐・大場裕介監督

グラウンドで打球音が絶えることがない。練習時間の大半をシート打撃に割く。「打たないことには勝利を呼び込めない」が持論。どの試合も打ち勝つ野球を目指す。 守りが乱れて負けたこともある。ただ高校生にミス…

2017/7/3

[注目校監督]指導者の夢かなえ母校で目指す次の舞台 大垣商・有賀竜也監督

グラウンドに立つ姿は喜々としている。昨年4月に監督に就任。「高校野球の指導者になりたかったが、母校で実現するとは思っていなかった」。目標は一つに定まっている。後輩たちと甲子園のグラウンドに立つことだ…

2017/7/1

[注目校監督]観察眼で選手とシンクロ 豊橋中央・樋口靖晃監督

完投能力がある投手を複数抱える。打線、守備にも不安材料はない。2008年の東愛知大会でシード校になったことはあるが、全国屈指の激戦区となる愛知大会でシード権を得たのは初めて。「今年は総合力で戦う」。…

2017/6/29

[注目校監督]つかめ、最後の勝利を 愛知工・仲山宏幸監督

部員は10人しかいない。全員が3年生。学校全体を見渡しても1、2年生は1人もいない。2016年に生徒の募集が中止となり、来年3月に閉校される。115年以上の歴史を誇る愛知工として挑む最後の夏。「選手…

2017/6/27

[岐阜大会展望]大垣日大がややリードも本命不在 近年にない混戦か

昨秋、今春の県大会でいずれも8強に入ったのは多治見と美濃加茂の2校だけだった。各校の戦力は拮抗(きっこう)し、大混戦の様相を呈している。今春までは東濃地区勢の活躍が目立ったが、伝統校が多い岐阜地区の…

2017/6/25

[愛知大会展望]勢いに乗る至学館と中京大中京、東邦の3強を有力私立校が追う

上位校の力に大きな差はなく、混戦が予想される。至学館、中京大中京、東邦がややリード。豊橋中央、愛産大三河、桜丘、栄徳、愛知と他のシード勢が追う。 '>[岐阜大会展望]大垣日大がややリードも本命不在近年…

2017/6/23

[注目校監督]指導者でも甲子園 選手たちと同じ目線で 津田学園高校(三重)・佐川竜朗監督

高校、大学と厳しい練習に明け暮れていた。苦しかった思い出しかない。だから切に願っている。「今の選手には卒業するまでずっと野球好きであってほしい」。動きを温かく見守っている。 PL学園で甲子園出場。明治…

2016/7/12

[注目校監督]選手への信頼こそ「高校野球」 愛知県立千種高校・北川智晴監督

初めてシード校として夏を迎える。私立の強豪がひしめく愛知で、県内有数の公立進学校がどんな戦いを見せてくれるのか。注目が集まるが気持ちの高ぶりはない。あるのは選手への信頼感だけ。大会の開幕を首を長くし…

2016/7/11

プロフィール

中日新聞編集局運動部記者

1955年生まれ。スポーツ紙記者を経て、中日新聞編集局運動部記者。

記者としてプロ野球や甲子園大会などの野球取材一筋30年。応援するチームは福岡ソフトバンクホークス。心に残った甲子園のベストゲームは1998年夏の横浜−明徳義塾。

長年に渡る野球取材の経験から、今年の地方大会の見どころや、情熱を持って選手の指導にあたる監督へのインタビューなどをじっくりお届けします。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
12 ℃/5 ℃
東京
晴れ時々曇り
14 ℃/4 ℃
大阪
晴れ後曇り
12 ℃/7 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集