記事一覧

手掛けた作品について「手筋絞り(ウール)」

今日は、同じ技法であっても素材や色を変えると印象がガラリと変わる有松絞りの面白さを画像で皆さんに紹介していきたいと思います☆ 前回は、綿素材で染料を中に泣き(にじみ)入れた浸透染めをご紹介しました。次…

2017/3/9

手掛けた作品について「手筋絞り(綿素材)」

今日は私が手掛けた手筋絞りの作品を紹介したいと思います(^_-)-☆前回綿素材でしたが、素材が変われば雰囲気はまたすごく変わっていきますよ。手掛けた商品は必ず写真に記録するようにしています(^_-)今日はその写…

2017/2/22

ここからが本題! 私が目指す技法について

こんにちは。今日は私が伝統工芸士を目指している「手筋絞り」についてご紹介したいと思います。布を横に手繰り寄せ、その名の通り手で筋をとり柄を出し開いた時に均等に柄を出すのが職人技です。はじめから最後ま…

2017/2/7

絞り道具について

絞り技法の核となる「括り(くく)り」は、技法の種類によって加工方法も使う道具も異なります。 道具といっても、小さな台や糸を巻きつける棒・針など実に簡単なものでしかなく、両手のみを働かせて非常に緻密で…

2017/1/22

絞り染めの種類

有松・鳴海絞りは400年の歴史を持ち、100種類以上もの技法を生み出しています。 一つの技法によってもくくる位置を変化させることによって種類が変わり「くくる」「縫う」「はさむ」の三つに代表される絞り職人は…

2017/1/2

日本における絞り染めについて

はじめまして、有松鳴海絞りの括り職人「大須賀彩」と申します。職人をはじめて10年目になりました。ブログを書いてくのは初めてですが、皆様と楽しくお話できたらと思います。 ここでは、有松絞りって何だろう?…

2016/12/14

プロフィール

達人に質問をする

有松・鳴海絞り職人

2007年に名古屋学芸大学のファッションショーをきっかけに有松を訪れる。ヨーロッパで有松絞りのインテリアを展開していたsuzusanに弟子入りし、仕事を手掛けながら、技術を習得してきた。第23回、24回有松絞りまつりで作品を発表し最優秀賞を受賞(第24回有松絞りまつり)。その後も400年続いた有松鳴海絞りを現代に活かした作品で、数々の賞を受賞。現在、職人歴は10年目を迎え、山上商店で若手初の伝統工芸士を目指している。ISSEY MIYAKE、Yohji Yamamoto、COMME CA ISMなどオートクチュールからfast fashionまで幅広く手掛けている。他にもラシックや高島屋などの百貨店の売り場で「括り職人 大須賀 彩」として括りの実演を行い、職人が提案する商品を目指している。一方で若手作家のグループ「ist」を結成し、ワークショップを開いたり今までになかった伝統工芸のありかたを模索している。伝統工芸を学びたいという学生は後を絶たない。大学で働いていた経験を活かして産地と学生をつなげる役割もしている。

関連リンク

1〜7 / 7件
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
14 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
14 ℃/--
大阪
曇り
13 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
中日こどもウイークリー ママリポーター募集
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集