フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (58/2144)

2017年8月26日 伊賀にササぐ「パンダさん」 昨秋移住 久保さん自作キャラ活用

【三重】オリジナルキャラクターのパンダさんを紹介する久保さん=伊賀市伊勢路で(2017/8/26 伊賀版)

【三重】オリジナルキャラクターのパンダさんを紹介する久保さん=伊賀市伊勢路で(2017/8/26 伊賀版)

 昨年11月に夫婦で伊賀市伊勢路に移り住んだハンドメイド作家の久保千晴さん(34)は、自作キャラクター「パンダさん」で伊賀を盛り上げようと地域イベントに参加している。市が進める「空き家バンク」制度の利用第1号でもある。久保さんは「地域の催しで使ってもらい、県外からも人を呼ぶきっかけになればうれしい」と意欲的だ。(日暮大輔)

 「パンダさん」はパンダをデフォルメしたデザインで、ほっぺが赤い女の子。スマホケースやバッグ、缶バッジのグッズとして名古屋などの百貨店や展示場での催事で販売している。

 移住前は愛知県岡崎市で夫の孝之さん(35)と暮らしていた。昨秋、孝之さんが大阪のIT企業に移ることになり、通勤できる地域として伊賀市が候補に挙がった。

 転機になったのは昨夏に雑誌の懸賞で当たった伊賀市高尾の古民家の宿泊券だった。夫婦で訪れて稲刈りも体験。「家と田んぼの風景にひかれた。すごく楽しかった」

 久保さんは南伊勢町出身。テレビでも紹介された京都・大原の古民家で暮らす英国人女性を知り、彼女のような田舎での生活にあこがれていた。市が移住者募集のホームページを開設していたこともあり、昨年10月、築約50年の民家を見学し、その場で入居を決めた。夫婦とも家を好みに改修していくことが楽しみという。

 住民との交流にも積極的で「伊勢路のご近所さんは優しい。これ以上の環境はない」と声を弾ませる。

 イベントへの参加は「地域に貢献したい」という思いから。今年3月には高尾の親子向け催しで、パンダさんのスタンプラリーを開き、子どもたちに大人気だった。

 今月27日は、伊賀市の桐ケ丘アミティで開かれる「みんなあつまれ!青山のこども青山ステキ見つけ隊員になろう」(市社会福祉協議会が主催)にも参加する。

 読み聞かせやフードコーナー、竹細工などが楽しめる催しで、久保さんのブース「パンダさん工房」では、スタンプラリーやお面作りをする。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
11 ℃/--
東京
曇り
8 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
11 ℃/--
  • 東名, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集