フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (109/2225)

2017年10月26日 四日市のご当地キャラ「こにゅうどうくん」 快進撃 頂点見えた!?

【三重】森市長の応援演説を受けるこにゅうどうくん(右)=四日市市富州原町のイオンモール四日市北で(2017/10/26 北勢版)

【三重】森市長の応援演説を受けるこにゅうどうくん(右)=四日市市富州原町のイオンモール四日市北で(2017/10/26 北勢版)

 全国1158のキャラクターが参戦する「ゆるキャラグランプリ(GP)2017」の本大会が11月18、19の両日、桑名市のナガシマリゾートで開かれる。四日市市の「こにゅうどうくん」は24日現在、ご当地ランキング4位とラストスパート次第で頂点を狙える好位置。衆院選の候補者さながら、駅前や商業施設を「最後のお願い」に駆け回る。(曽田晋太郎)

 選挙活動は投票開始1カ月後の9月上旬に始めた。会員制交流サイト(SNS)やブログでの発信を期待し、市内7高校の文化祭でも顔を売った。街頭では通勤、通学者や買い物客にチラシやテッシュを渡してPR。一部の会場では森智広市長が“応援演説”した。

 当初の目標は10位以内。2カ月前は22位だったが、選挙戦終盤に来てごぼう抜きの快進撃を見せている。市によると、こにゅうどうくんへの1日当たりの投票数は8月の約1000票から、9月中旬には5000票前後に急増。市観光・シティプロモーション課の担当者は「活動の成果が目に見えて表れてきた」と声を弾ませる。

 こにゅうどうくんはGP初出場の2012年に83位。参加キャラ数が大幅に増えた翌13年は280位だったが、昨年は過去最高の17位に躍進した。今年は7月に東海3県のご当地キャラが集う「JIMOキャラ総選挙」で優勝し、勢いにも乗る。

 市民からも期待の声が上がる。「今回は上位を狙える位置。わくわくする」と、石川畳店(四日市市中部)の石川淳二さん(43)。2年前からこにゅうどうくんの顔をデザインした畳の縁を作る。「GPで上位になれば確実に四日市の知名度が上がる。経済効果も期待できるだろう」

 投票はインターネットのみで受け付け、11月10日まで。ナガシマリゾートの2日間で来場者による決選投票があり、最終順位が決まる。

 最後の街頭活動は11月1日午後5時から、近鉄四日市駅東口で30分間を予定。応援に駆け付ける森市長は「JIMOキャラを制した誇りを胸に、市民と市職員が心を1つにして全国ベスト3を目指したい。決選投票の開催地が近いので、足を運んで票を投じてほしい」と呼び掛ける。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
30 ℃/13 ℃
東京
晴れ
28 ℃/14 ℃
大阪
晴れ
25 ℃/14 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集