フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (100/2269)

2018年1月10日 待ち構える鬼祭の主役 豊橋駅構内にお目見え

【愛知】改札前で待ち構える赤鬼の人形。後ろに豊橋張子の面が見える=豊橋駅東西連絡通路で(2018/1/10 東三河総合版)

【愛知】改札前で待ち構える赤鬼の人形。後ろに豊橋張子の面が見える=豊橋駅東西連絡通路で(2018/1/10 東三河総合版)

 毎年2月10、11両日に開かれる国重要無形民俗文化財「豊橋鬼祭」を前に、主役の赤鬼の人形が豊橋駅構内にお目見えした。鬼祭最終日まで、高さ1.8メートルの巨体が改札前で利用客を出迎える。

 人形は祭りで使われているのと同型。普段は祭りの会場となる豊橋市八町通の安久美神戸(あくみかんべ)神明社に飾られている。

 豊橋駅では、しめ縄の結界の中で砂利を踏み締め、武器の棒「撞木(しゅもく)」を振りかざす様子を再現。利用客らがしきりに写真を撮っていた。

 今回は、かつて鬼祭で露店の土産物として親しまれたお面「豊橋張子(はりこ)」も展示。豊橋市豊城中学校の生徒有志が復刻した鬼やてんぐなど15個が並ぶ。

 鬼祭は五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈り1000年ほど続く神事。クライマックスには、あばれる赤鬼がてんぐに懲らしめられ、おわびにたんきりあめをまき散らす田楽がある。(高橋雪花)


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
39 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
37 ℃/--
大阪
晴れ
36 ℃/--
  • 東名, 名神, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集