フォトギャラリー

2018 お花見写真館 (55/174)

2018年4月4日 満開では白い花 散り際 淡い墨色 伊賀・大村神社の淡墨桜

【三重】白い花を咲かせる淡墨桜。散り際には薄いグレーになる=伊賀市阿保で

【三重】白い花を咲かせる淡墨桜。散り際には薄いグレーになる=伊賀市阿保で

 伊賀市阿保にある大村神社で、淡墨桜(うすずみざくら)が咲いている。薄いピンクのつぼみが満開になると白、散り際には淡い墨色に変わるのが特徴で名前の由来にもなっている。あと数日は花を見ることができるという。

 境内の木は高さ16メートルほど。周囲にうっすらと灰色を帯びた花びらが舞っている。

 淡墨桜は岐阜県本巣市にある木が有名で国の天然記念物に指定されている。宮司の金山修さん(61)によると、大村神社の桜は20年ほど前に淡墨桜を顕彰する本巣市の団体から贈られたという。

 金山さんは「近くにソメイヨシノもあるので雰囲気の違いを感じてほしい」と話した。

 (日暮大輔)

<この写真をご希望の方は> 掲載写真をお分けします 中日新聞フォトサービス

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ
37 ℃/--
東京
晴れ後時々曇り
36 ℃/--
大阪
晴れ
36 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集