フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (44/2289)

2018年5月23日 「うとう」デス よろしく 地元PRへ 両小野中生が制作

【長野】うとうのクリアファイルなどを山田教育長(右)に手渡した(左から)矢野さん、赤羽さん、井口さん=塩尻市の塩尻総合文化センターで(2018/5/23 中信総合版)

【長野】うとうのクリアファイルなどを山田教育長(右)に手渡した(左から)矢野さん、赤羽さん、井口さん=塩尻市の塩尻総合文化センターで(2018/5/23 中信総合版)

 塩尻市北小野にある両小野中学校の生徒が、地元の活性化や空き家対策などを目的に昨年度制作した地域PRキャラクター「うとう」の関連グッズが出来上がり、21日に生徒代表3人が山田富康市教育長に贈呈した。 (一ノ瀬千広)

 うとうは、地元にある善知鳥(うとう)峠の名の由来となった鳥のウトウをモチーフにしたキャラクターで、昨年度のアントレプレナー(起業家)学習の一環で作った。本年度は、地域への浸透を図るため、市の交付金を活用してクリアファイルやハンカチ、木製キーホルダーとコースター、PRパネルを作った。

 生徒会長の3年井口颯(はやて)さん(14)、キャラクターグループ長の3年赤羽恭帆(みづほ)さん(14)、キャラクターの原画を考えた2年矢野七海さん(13)が塩尻総合文化センターを訪れ、クリアファイルなどのグッズを山田教育長に手渡した。

 山田教育長は「地域課題を共有し、大人と中学生が一緒になって地域をつくっていってほしい。うとうと皆さんの活動に期待しています」と述べた。

 井口さんは「キャラクターがグッズになってうれしい。地域のイベントなどで販売するなどして、うとうと両小野の知名度を上げたい。地元は人口が減ってきているので、人を地域にとどめ、人を呼び込む活動にみんなで取り組みたい」と抱負を語った。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り
32 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
34 ℃/--
大阪
曇り
33 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集