フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (56/2319)

2018年7月2日 名古屋−女満別線 25周年 全日空、中部空港で記念式典

【愛知】搭乗客を見送る生田さんとキャラクターのフー=常滑市の中部国際空港で(2018/7/2 県内総合版)

【愛知】搭乗客を見送る生田さんとキャラクターのフー=常滑市の中部国際空港で(2018/7/2 県内総合版)

 全日空の名古屋−女満別(めまんべつ)(北海道大空町)線が1日、就航25周年を迎え、常滑市の中部国際空港で記念式典があった。

 1993年に名古屋空港(現・県営名古屋空港、豊山町)で就航し、2005年2月から中部空港で発着している。就航以来、1日1往復。

 記念式典は搭乗口であり、大空町に隣接する網走市の観光PRを担う「流氷パタラ」の生田萌笑(めばえ)さん(21)が、空港周辺の魅力スポットを紹介した。パタラは北方少数民族の言葉で「お嬢さん」の意味。

 生田さんは搭乗客に「今回の旅行をきっかけにオホーツク地域を気に入ってもらい、冬の観光シーズンには目玉の流氷を見に来て」と呼び掛けた。

 中部空港のキャラクター「なぞの旅人フー」も駆け付けた。搭乗客115人は保冷バッグなどの記念品を受け取り、女満別に向けて出発した。(辻晃平)


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇りのち雨
25 ℃/--
東京
曇りのち雨
19 ℃/--
大阪
曇りのち雨
25 ℃/--
  • 東名, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集