第100回全国高校野球選手権 愛知大会 高校野球TOPへ

応援メッセージ

熱田愛知時計120スタジアム

西愛知 7月14日 第1試合(10:00) Bブロック 2回戦

春日井工 - 丹羽
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
春日井工 0 0 0 2 1 0 0 3
丹羽 0 3 0 0 6 1 x 10

7回コールドゲーム

(春)明石、山田−錫木
(丹)河野、古田−村上

西愛知 7月14日 第2試合(12:30) Cブロック 2回戦

栄徳 - 中部大第一
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
栄徳 3 1 4 1 2 11
中部大第一 0 1 0 0 0 1

5回コールドゲーム

(栄)松原−野口
(中)遠山、大山、保崎−加藤修
本塁打 杉本(栄)

 栄徳が好機を確実にものにして中部大第一に大勝した。
 栄徳は一回、先頭西村の三塁打を足掛かりに打者九人を送り込み3点を先取。その後も走者を着実にかえし五回には杉本が2点本塁打を放って試合を決めた。
 中部大第一は二回に加藤修の適時二塁打で1点を返したが、三人の投手陣の制球の乱れが痛かった。


パロマ瑞穂球場

西愛知 7月14日 第1試合(9:00) Bブロック 2回戦

守山 - 至学館
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
守山 0 0 0 0 1 1
至学館 2 0 10 0 x 12

5回コールドゲーム

(守)末松、野田−小松崎
(至)笠川、伊豆本、熊谷、名城−牧山
本塁打 笠川(至)小松崎(守)

 打線が序盤から爆発した至学館が守山にコールド勝ちした。
 至学館は三回、笠川の3点本塁打など打者一巡の猛攻で10点を挙げた。上位打線は得意の走力を生かして9盗塁を決め、相手の守備陣に圧力をかけた。
 守山は五回、小松崎が本塁打を放ったが、届かなかった。

西愛知 7月14日 第2試合(11:30) Cブロック 2回戦

名南工 - 愛知
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
名南工 0 0 0 0 2 0 0 2
愛知 0 3 0 0 3 5 x 11

7回コールドゲーム

(名)平田−嶺山
(愛)福島、近藤、浅田−山本

西愛知 7月14日 第3試合(14:00) Aブロック 2回戦

瀬戸窯 - 瀬戸北総合
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
瀬戸窯 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
瀬戸北総合 0 0 0 0 1 0 0 0 3x 4

(窯)中島、山本−吉村巳
(北)内田、小栗−小嶋


春日井市民球場

西愛知 7月14日 第1試合(10:00) Gブロック 2回戦

瀬戸 - 東邦
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
瀬戸 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4
東邦 2 2 0 0 3 0 0 2 x 9

(瀬)井川、上野、工藤−細江
(東)扇谷、奥田−稲留
本塁打 扇谷(東)山崎(瀬)

 東邦が先制されたが地力を見せ逆転勝ちした。
 東邦は二回、扇谷の本塁打で2点勝ち越し、五回は石川の適時三塁打などで3点を追加し優位に立った。先発の扇谷は5四球と乱れたが4失点でしのいだ。
 瀬戸は一回に山崎の適時二塁打で先制し、八回も山崎が2点本塁打を放つなど強豪を最後まで苦しめた。

西愛知 7月14日 第2試合(12:30) Eブロック 2回戦

一宮西 - 享栄
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
一宮西 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
享栄 1 2 0 0 0 1 0 1 x 5

(一)砂田、山内、坂崎−吉田峻
(享)沖山、奈加−籾山
本塁打 坂野(享)


小牧市民球場

西愛知 7月14日 第1試合(9:00) Aブロック 2回戦

誉 - 犬山
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 2 0 1 0 0 0 0 0 3
犬山 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

(誉)白石、小栗−林山
(犬)後藤−飯沼

 緊迫した投手戦の末誉が三回戦進出を決めた。
 誉は二回、長打に敵失や適時打を絡め2点を先制。四回には盗塁や犠打などで1点を追加した。六回から小栗は4回を無安打に抑える好救援を見せた。
 犬山は五回に西岡の適時打で1点を返したが、その後は完投した後藤を援護できなかった。

西愛知 7月14日 第2試合(11:30) Dブロック 2回戦

名古屋工 - 西春
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
名古屋工 0 0 3 0 0 3 0 0 0 6
西春 3 2 1 2 4 0 0 0 x 12

(名)三浦−村瀬
(西)尾崎、庄部−伊吹
本塁打 村瀬(名)

西愛知 7月14日 第3試合(14:00) Eブロック 2回戦

杏和 - 名古屋大谷
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
杏和 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2
名古屋大谷 0 0 1 0 0 0 0 1 0 1x 3

(杏)小川−東
(名)平原、前田−百瀬貴
本塁打 竹内(名)


一宮市営球場

西愛知 7月14日 第1試合(9:00) Fブロック 2回戦

日進西 - 愛知啓成
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
日進西 3 4 0 0 1 0 0 2 0 10
愛知啓成 0 1 1 0 3 0 2 0 2 9

(日)長谷川−高橋
(愛)本多、永井、市川、榊原淳−藤田、山本
本塁打 市川(愛)

 日進西が序盤のリードを死守し、詰め寄る愛知啓成を破った。
 日進西は一、二回に計10安打を浴びせて7点を奪い主導権を握った。八回には緒方、長谷川の連続適時打で貴重な2点を加えた。
 愛知啓成は七回に2点を返して1点差とし、九回にも市川が本塁打を放ったが、後続を断たれた。

西愛知 7月14日 第2試合(11:30) Hブロック 2回戦

木曽川 - 誠信
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
木曽川 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
誠信 0 0 1 0 0 4 0 0 x 5

(木)大森、山角、大森−井手、水谷
(誠)柴田、橋上−柳沼

西愛知 7月14日 第3試合(14:00) Gブロック 2回戦

中部大春日丘 - 尾北
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
中部大春日丘 5 0 0 3 3 11
尾北 0 0 0 0 0 0

5回コールドゲーム

(中)品川−牧
(尾)後藤諒−石川


阿久比球場

東愛知 7月14日 第1試合(10:00) Aブロック 2回戦

成章 - 鶴城丘
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
成章 0 1 0 0 0 1 0 1 2 5
鶴城丘 0 0 0 1 1 2 0 2 x 6

(成)山北、音渕、菊永−石原、青木
(鶴)稲垣−宮地、石原、宮地
本塁打 竹口(鶴)

東愛知 7月14日 第2試合(12:30) Bブロック 2回戦

豊橋東 - 岡崎
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
豊橋東 5 3 2 1 0 0 0 0 1 12
岡崎 2 0 1 0 2 0 1 3 0 9

(豊)中嶋、井箟−宮部
(岡)大見、荻野、谷−荻野、一尾、荻野

 序盤に猛攻を展開した豊橋東が逃げ切った。
 豊橋東は一回、5本の長短打で5点を先制。二回も宮部の2点適時打などで3点を加えて優位に立った。九回には再び宮部が適時打を放ち突き放した。
 岡崎は八回、四球や敵失に安打を絡めて3点を返し、2点差まで詰め寄ったがあと1本が出なかった。


刈谷球場

東愛知 7月14日 第1試合(9:00) Gブロック 2回戦

安城南 - 知多翔洋
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
安城南 0 4 0 0 0 0 0 0 0 4
知多翔洋 0 1 0 3 0 2 0 1 x 7

(安)熊谷−岩瀬
(知)野村、松下−片山

 中盤に試合をひっくり返した知多翔洋が安城南に競り勝った。
 知多翔洋は3点差の四回に1点を返し、2死二、三塁から早川幸の適時打で同点。六回には竹内、小川の連続適時打で勝ち越した。
 安城南は二回、栗田の三塁打などで4点を先制したが、その後は救援の松下を打ち崩せなかった。

東愛知 7月14日 第2試合(11:30) Cブロック 2回戦

刈谷工 - 阿久比
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
刈谷工 2 0 1 0 0 0 6 9
阿久比 0 0 0 0 0 1 1 2

7回コールドゲーム

(刈)上野、山下−南
(阿)鈴木峻、伊藤、山本杏−品田
本塁打 三浦(刈)

西愛知 7月14日 第3試合(14:00) Fブロック 2回戦

岩倉総合 - 滝
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
岩倉総合 1 1 0 0 2 4
0 5 0 2 7x 14

5回コールドゲーム

(岩)桜井、中村−湯本
(滝)阿部、野々村−脇坂


豊田市運動公園

東愛知 7月14日 第1試合(9:00) Dブロック 2回戦

豊橋工 - 大府
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
豊橋工 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
大府 0 0 0 1 0 1 0 1 x 3

(豊)古川、永坂−守田
(大)甲斐、奥平、大西−津田

東愛知 7月14日 第2試合(11:30) Fブロック 2回戦

豊橋西 - 杜若
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
豊橋西 2 0 0 0 0 0 0 0 2
杜若 7 0 1 0 0 0 0 1x 9

8回コールドゲーム

(豊)田辺航、古川−田辺昂
(杜)真井、鈴本晃−佐藤
本塁打 佐藤(杜)

西愛知 7月14日 第3試合(14:00) Hブロック 2回戦

愛工大名電 - 星城
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
愛工大名電 0 0 0 6 0 0 5 0 0 11
星城 0 0 2 6 1 1 0 0 0 10

(愛)室田、森、秋山−安井
(星)石黒、池内、加藤−南
本塁打 牛島、永井(愛)、南2、石黒(星)

 愛工大名電が苦戦の末三回戦に駒を進めた。
 愛工大名電は4点を追う七回、牛島の本塁打で1点を返し、さらに無死満塁から永井の逆転本塁打で劣勢ムードを一気に覆した。
 星城は四回に南の二打席連続となる本塁打などで6点を挙げ、その後も加点し強豪を追い詰めたが投手陣が踏ん張りきれなかった。


岡崎市民球場

東愛知 7月14日 第1試合(9:00) Fブロック 2回戦

福江 - 豊田大谷
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
福江 0 0 0 0 0 0
豊田大谷 3 5 5 0 x 13

5回コールドゲーム

(福)木村、下沢、木村−西崎
(豊)三代、野田−生田

東愛知 7月14日 第2試合(11:30) Eブロック 2回戦

常滑 - 岡崎西
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
常滑 0 0 0 1 5 0 0 0 0 2 8
岡崎西 2 1 0 0 1 1 0 1 0 0 6

延長10回

(常)犬飼、小島、犬飼−河村
(岡)勝田、牧野、岩崎、浅井−松本

 延長の好機を得点につなげた常滑が、岡崎西との点の奪い合いを制した。
 中盤に6点を挙げながら同点に追い付かれた常滑は十回、竹内、犬飼の連続二塁打にスクイズを絡めて決勝の2点を挙げた。
 岡崎西は一回の永谷の適時三塁打などで一時3点差をつけたが、16残塁と好機を生かし切れなかった。

東愛知 7月14日 第3試合(14:00) Hブロック 2回戦

横須賀 - 三谷水産
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
横須賀 0 0 1 0 0 0 0 0 2 3
三谷水産 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(横)道嶋−安永
(三)藤岡−近藤


豊橋市民球場

東愛知 7月14日 第1試合(9:00) Hブロック 2回戦

豊橋商 - 蒲郡
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
豊橋商 0 0 0 2 2 1 0 1 0 6
蒲郡 4 2 2 1 0 0 0 0 x 9

(豊)福田、今泉涼、伊藤瑛−北添
(蒲)壁谷、岸塚−三浦

東愛知 7月14日 第2試合(11:30) Gブロック 2回戦

岡崎工 - 岩津
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
岡崎工 0 0 1 2 0 1 0 0 3 7
岩津 0 0 1 0 0 2 0 1 0 4

(岡)三矢、柵木−栗本
(岩)池津、近藤維、池津−中川、足立

 岡崎工が追いすがる岩津を振り切った。
 岡崎工は同点で迎えた九回、2死満塁から野々山が左中間に走者一掃の適時二塁打を放ち、勝負を決めた。守っては三矢と柵木の継投で反撃を食い止めた。
 岩津は八回、池津の適時二塁打で同点とするなど食い下がったが、最後は力尽きた。

東愛知 7月14日 第3試合(14:00) Dブロック 2回戦

科技高豊田 - 碧南工
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
科技高豊田 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2
碧南工 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

(科)木村、久保、年見口華、藤田−八木
(碧)横井、山下、山形−石井


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
雨のち晴れ
17 ℃/--
東京
曇り
17 ℃/--
大阪
雨のち曇り
17 ℃/--
  • 東名, 名神, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集