第100回全国高校野球選手権 愛知大会 高校野球TOPへ

応援メッセージ

熱田愛知時計120スタジアム

西愛知 7月15日 第1試合(10:00) Aブロック 2回戦

天白 - 名古屋
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
天白 0 0 0 0 0 3 0 4 0 1 8
名古屋 0 0 0 0 0 1 0 0 6 0 7

延長10回

(天)岡本、湯浅、岡本−浅井、赤岡
(名)戸田、岩田、安在、岩田、鬼山、星野、広畠−星野、久保木、星野
本塁打 山田(天)

西愛知 7月15日 第2試合(12:30) Cブロック 2回戦

名城大付 - 東郷
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
名城大付 0 2 0 0 0 0 0 0 2 4
東郷 0 0 1 1 0 0 0 1 0 3

(名)牧野−寺井
(東)金子、真田−茶木

 名城大付が終盤の逆転劇で接戦をものにした。
 名城大付は1点を勝ち越された直後の九回、後藤の中前適時打で追い付き、柴田に勝ち越しの右前適時打が飛び出した。牧野は緩急を交えた低めへの丁寧な制球で3失点の完投。
 東郷は八回から救援したエース真田の乱調が誤算だった。


パロマ瑞穂球場

西愛知 7月15日 第1試合(9:00) Bブロック 2回戦

一宮南 - 一宮北
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
一宮南 1 0 1 0 0 0 2 0 1 5
一宮北 0 0 1 2 0 0 0 0 0 3

(南)打田、小川−大橋、宮下
(北)野田−小島

西愛知 7月15日 第2試合(11:30) Dブロック 2回戦

大同大大同 - 中京大中京
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
大同大大同 0 0 2 0 0 2 0 0 0 4
中京大中京 0 0 3 0 1 0 2 0 x 6

(大)荒川、八坂、浅井−山口
(中)坂口、板倉−関岡

 中京大中京が終盤に勝ち越し、粘る大同大大同を振り切った。
 中京大中京は2点差の三回、沢井や谷中の適時打で逆転。七回には、板倉と小河原の連続適時二塁打で決勝の2点を挙げた。
 大同大大同は三回、2本の二塁打などで2点を先制。六回にも2点差を詰めるなど強豪相手に健闘した。

西愛知 7月15日 第3試合(14:00) Cブロック 2回戦

新川 - 清林館
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
新川 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2
清林館 0 0 0 0 0 0 4 0 X 4

(新)大島、関沢−山上
(清)中尾、清水−土井
本塁打 三木(清)


春日井市民球場

西愛知 7月15日 第1試合(10:00) Aブロック 2回戦

桜台 - 名市工芸
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
桜台 0 0 1 2 1 0 1 0 0 5
名市工芸 0 0 0 1 0 0 0 0 2 3

(桜)加藤海−佐藤峻
(名)奥瀬、伊藤幸−南
本塁打 中谷(名)

 桜台が着実に得点を重ね、名市工芸を退けた。
 桜台は1点リードの四回1死二、三塁、佐藤峻の適時二塁打で2点を追加。七回にも加藤敦の適時二塁打で1点を挙げ優位に立った。加藤海は7安打を許したが要所を締め完投した。
 名市工芸は九回、浅野の適時二塁打で2点差とする粘りを見せたが惜敗した。

西愛知 7月15日 第2試合(12:30) Dブロック 2回戦

菊華 - 小牧南
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
菊華 4 0 0 0 2 0 0 0 0 6
小牧南 0 0 0 0 0 0 4 0 0 4

(菊)西、平井−西村
(小)河上、榎並、安藤−池田
本塁打 小島(菊)


小牧市民球場

西愛知 7月15日 第1試合(9:00) Dブロック 2回戦

愛産大工 - 愛知黎明
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
愛産大工 0 0 1 2 9 12
愛知黎明 0 0 0 0 1 1

5回コールドゲーム

(産)茶谷−永田
(黎)打田、林大、富田、大野−小田

 愛産大工が、春の全尾張大会王者の強豪・愛知黎明にコールド勝ちした。
 愛産大工は四回、スクイズと本盗で2点をもぎ取ると、五回には四死球に3本の二塁打を絡め、打者十四人の猛攻で9点を奪った。茶谷は5回を1失点にまとめた。
 愛知黎明は五回、3安打で1点を返したが、投手陣の乱れが誤算だった。

西愛知 7月15日 第2試合(11:30) Gブロック 2回戦

名経大市邨 - 旭野
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
名経大市邨 0 0 1 9 0 10
旭野 0 0 0 0 0 0

5回コールドゲーム

(名)鈴木亮、服部−佐藤
(旭)可児、永野、山内佑、山内康−光田

西愛知 7月15日 第3試合(14:00) Eブロック 2回戦

中村 - 瑞陵
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
中村 1 1 0 0 1 3 0 0 0 6
瑞陵 1 0 1 0 0 0 0 2 0 4

(中)有田、岡田−松本
(瑞)中村、斎藤−川合


一宮市営球場

西愛知 7月15日 第1試合(9:00) Eブロック 2回戦

犬山南 - 春日井商
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
犬山南 0 0 0 5 1 0 0 6
春日井商 3 0 4 0 0 6 x 13

7回コールドゲーム

(犬)中川、山田、高木、中川−津田
(春)高橋−伊藤真

 春日井商が中盤の大量点で犬山南との乱打戦に終止符を打った。春日井商は1点リードで迎えた六回、森本の適時二塁打、米沢の適時三塁打などで一挙6点を挙げ、コールド勝ちした。高橋は自責点0で7回を投げきった。
 犬山南は四回、打者九人の猛攻で5点を奪うなど奮戦したが、実らなかった。

西愛知 7月15日 第2試合(11:30) Bブロック 2回戦

高蔵寺 - 津島
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
高蔵寺 0 1 0 3 0 6 3 13
津島 2 0 0 0 0 0 0 2

7回コールドゲーム

(高)小室、藤井、水野世−水野颯
(津)冨田、平田−宇佐見
本塁打 杉本(高)

西愛知 7月15日 第3試合(14:00) Gブロック 2回戦

旭丘 - 一宮商
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
旭丘 3 0 1 1 4 1 0 10
一宮商 0 0 0 0 1 0 0 1

7回コールドゲーム

(旭)石脇−五十川
(一)谷口、岩田、立川瑛−水谷


阿久比球場

東愛知 7月15日 第1試合(10:00) Dブロック 3回戦

大府 - 科技高豊田
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
大府 0 0 1 0 0 3 0 1 0 5
科技高豊田 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(大)大西、垣波、奥平−津田
(科)藤田、木村−八木

 小刻みに得点した大府が零封で勝利した。
 大府は1点リードの六回、水野の2点適時打や敵失で3点を加え主導権を握った。五回2死満塁で救援した垣波が後続を打ち取り、その後も好投してチームに勢いをもたらした。
 科技豊田は中盤に何度も得点圏に走者を送ったが、本塁が遠かった。

東愛知 7月15日 第2試合(12:30) Bブロック 3回戦

豊橋東 - 西尾東
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
豊橋東 0 0 0 5 0 0 0 0 2 7
西尾東 2 0 0 1 2 0 1 0 2x 8

(豊)井箟−宮部
(西)磯村、山田−中村

 激しい点の奪い合いの末、西尾東がサヨナラ勝ちを収めた。
 一回に先制しながら苦しい戦いを強いられた西尾東は1点差の九回、2死一、二塁から木村の適時二塁打で試合を決めた。
 豊橋東は四回に猛攻で5点を挙げ、九回にも逆転するなど勝利をつかみかけたが最後に力尽きた。


刈谷球場

西愛知 7月15日 第1試合(9:00) Fブロック 2回戦

春日井 - 昭和
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
春日井 0 0 0 2 1 0 0 1 0 4
昭和 0 0 1 2 2 0 0 0 x 5

(春)村上、山田−中西
(昭)内藤、水谷、山田−城

東愛知 7月15日 第2試合(11:30) Hブロック 3回戦

安城 - 豊田南
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
安城 3 1 0 0 0 0 0 0 2 6
豊田南 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2

(安)伊藤−杉浦拓
(豊)藤原−平泉、田中

 序盤に得点を重ねた安城が粘る豊田南を振り切った。
 安城は一回、1死三塁から鈴木輝の適時打で先制。さらに1死満塁として谷川恵が2点適時打を放ちこの回3点を挙げた。九回にも2点を加えだめを押した。
 豊田南は八回、米川と五嶋の二塁打などで2点を返したが、及ばなかった。

東愛知 7月15日 第3試合(14:00) Cブロック 3回戦

三好 - 刈谷
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
三好 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
刈谷 0 0 0 1 2 1 3 0 x 7

(三)西依、安藤、稲垣−井戸
(刈)沢田−古市

 刈谷が中盤に逆転し、三好に快勝した。
 刈谷は同点で迎えた五回、渡辺の内野安打を足掛かりに好機をつくり、田中、古市の連続適時打で勝ち越しに成功。六、七回にも着実に加点した。三好は三回、1死三塁から林田の内野安打で先制したが、その後は打線がつながらなかった。


豊田市運動公園

西愛知 7月15日 第1試合(9:00) Hブロック 2回戦

鳴海 - 大成
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
鳴海 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
大成 0 0 0 0 0 3 0 0 x 3

(鳴)半田、向島−横井
(大)小島圭−松岡
本塁打 渡部(鳴)

 大成が中盤の好機を生かして逆転し、鳴海との接戦を制した。
 大成は1点を追う六回、無死一、三塁から山田の左前適時打で同点。さらに太田、松岡にも適時打が出て2点を勝ち越した。小島圭は9回1失点の好投。
 鳴海は渡部の本塁打で先制したが、その後は攻撃の糸口をつかめなかった。

西愛知 7月15日 第2試合(11:30) Fブロック 2回戦

名市工 - 明和
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
名市工 3 0 0 2 0 1 0 0 0 6
明和 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2

(名)深谷、黒田−角井
(明)長江、本田−磯村
本塁打 小林(名)

東愛知 7月15日 第3試合(14:00) Eブロック 3回戦

日福大付 - 知立東
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
日福大付 0 1 0 0 0 0 1 4 0 6
知立東 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2

(日)榊原−小林
(知)渡辺−釜田

 終盤に得点を重ねた日本福祉大付が知立東を押し切った。
 日本福祉大付は同点の七回、横山の適時打で勝ち越し。八回には山口の中前適時打などで4点を加え、試合を決めた。
 知立東は三回に足を絡めた攻撃で追い付き、九回にも1点を返したが、8残塁が響いた。


岡崎市民球場

西愛知 7月15日 第1試合(9:00) Hブロック 2回戦

向陽 - 一宮興道
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
向陽 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
一宮興道 3 0 0 0 0 0 0 0 x 3

(向)福沢、前沢−浅井
(一)藤−鈴木雄

東愛知 7月15日 第2試合(11:30) Fブロック 3回戦

東海南 - 愛産大三河
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海南 0 1 0 0 0 0 1
愛産大三河 1 0 0 3 1 6x 11

6回コールドゲーム

(東)岩川、桂川−古野
(愛)松原−桜井

 愛産大三河が大量点で順調に勝ち上がった。
 愛産大三河は同点の四回、桜井、石原が連打をたたみかけ勝ち越しに成功。六回には6本の長短打を浴びせて6点を挙げコールド勝ちを決めた。
 東海南は二回、本田の適時打で1点を返し意地を見せたが、その後は打線が1安打に抑え込まれた。

東愛知 7月15日 第3試合(14:00) Bブロック 3回戦

西尾 - 豊田工
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
西尾 3 0 0 0 0 0 3 0 0 6
豊田工 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(西)木下−榊原
(豊)中森、永田、横田−市川

 西尾が好機を生かし豊田工に快勝した。
 西尾は一回、1死満塁から木下が2点適時打を放つなどして3点を先制。七回にも三連打などで3点を加えて優位に立ち、そのまま押し切った。
 豊田工は三回2死満塁と攻め、九回も得点圏に走者を送るなど粘ったが、適時打が出なかった。


豊橋市民球場

東愛知 7月15日 第1試合(9:00) Dブロック 3回戦

豊川 - 渥美農
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
豊川 1 5 0 0 3 1 0 3 13
渥美農 0 0 0 0 0 4 0 0 4

8回コールドゲーム

(豊)竹田、堀田−桑名、加藤
(渥)西川、上谷、西川−鈴木翼
本塁打 藤沢、竹内、桑名(豊)

 豊川が持ち前の長打力を発揮し大勝した。
 豊川は1点リードの二回、竹田の適時打と藤沢の満塁本塁打で5点を挙げた。五回には竹内と桑名の本塁打などで3点を追加し、攻撃の手を緩めなかった。
 渥美農は六回、五連打で4点を返すなどシード校相手によく戦ったが、投手陣が支えきれなかった。

東愛知 7月15日 第2試合(11:30) Gブロック 3回戦

豊橋中央 - 岡崎北
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
豊橋中央 0 0 3 1 0 8 12
岡崎北 0 0 0 0 0 0 0

6回コールドゲーム

(豊)杉田、中山、花井、渡辺−小林
(岡)永井、鈴木脩−小島

 シード校の豊橋中央が岡崎北を投打に圧倒し、四回戦に進んだ。
 豊橋中央は三回、1死満塁から中西の2点適時打で先制。六回には青山の適時二塁打などで一挙8点を挙げてコールド勝ちした。
 岡崎北は五回、投手の制球の乱れにつけ込んで1死満塁と攻め立てたが、得点につなげられなかった。

東愛知 7月15日 第3試合(14:00) Aブロック 3回戦

半田 - 桜丘
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
半田 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
桜丘 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(半)新美−山盛
(桜)鈴木、浜田−小柳津

 互いに譲らぬ投手戦の末、半田が強豪桜丘に競り勝った。
 半田は二回、2死満塁から榊原の内野安打で貴重な1点をもぎとった。新美は打たせて取る巧投で強打線を散発6安打に抑えた。
 桜丘は四回に1死一、三塁と詰め寄ったが後続が倒れて好機を生かせず、投手陣を援護できなかった。


  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ一時雨
30 ℃/21 ℃
東京
曇り
26 ℃/18 ℃
大阪
雨のち晴れ
29 ℃/23 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集