第100回全国高校野球選手権 愛知大会 高校野球TOPへ

応援メッセージ

熱田愛知時計120スタジアム

西愛知 7月16日 第1試合(10:00) Bブロック 3回戦

高蔵寺 - 一宮南
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
高蔵寺 0 0 0 2 0 0 0 0 1 0 1 4
一宮南 0 0 0 0 1 0 0 1 1 0 0 3

延長11回

(高)水野世−水野颯
(一)打田、小川−大橋、宮下

 白熱の好試合を高蔵寺が延長戦の末に制した。
 高蔵寺は四回、水野颯の適時二塁打などで2点を先制。十一回は1死二塁から正辻が中前に決勝の適時打を放った。水野世は11回を投げ抜き3失点の力投。
 一宮南は九回2死から追い付く粘りを見せたが、十回2死一、二塁のサヨナラ機を生かせなかった。

西愛知 7月16日 第2試合(12:30) Cブロック 3回戦

名城大付 - 清林館
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
名城大付 3 1 3 0 0 0 9 16
清林館 0 0 0 0 0 0 1 1

7回コールドゲーム

(名)牧野、服部−寺井
(清)中尾、江上、清水、宇佐美−土井
本塁打 天野(名)

 名城大付が15安打で16点を挙げ、清林館に大勝した。
 名城大付は一回、黒木の適時二塁打などで3点を先制。七回は天野に満塁本塁打が飛び出すなど打者十三人で一挙9点を奪った。先発の牧野は6回をテンポよく投げ無失点の好投。
 清林館は七回に川尻の適時打で1点を返したが、投手陣が踏ん張れなかった。


パロマ瑞穂球場

西愛知 7月16日 第1試合(9:00) Bブロック 3回戦

丹羽 - 至学館
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
丹羽 2 0 0 0 0 2
至学館 2 0 6 4 X 12

5回コールドゲーム

(丹)河野、古田、大倉−村上
(至)笠川−牧山
本塁打 村瀬(至)

 至学館が10点差を付ける圧勝で勝ち進んだ。
 至学館は初回から足を絡めた攻撃で2点を奪い、三回にも打者一巡の猛攻で6点を追加。四回も攻撃の手を緩めず、清水瑶の三塁打や村瀬の本塁打などで突き放した。
 丹羽は一回、稲垣、鈴川の連続適時打で先制したが、二回以降は抑えられた。

西愛知 7月16日 第2試合(11:30) Cブロック 3回戦

栄徳 - 愛知
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
栄徳 1 1 1 0 0 0 0 2 0 5
愛知 0 1 0 2 0 0 0 0 3x 6

(栄)松原、山田−野口
(愛)浅田、福島−山本
本塁打 渡辺(愛)杉本(栄)

 愛知が、昨夏の愛知大会準優勝の栄徳に逆転サヨナラ勝ちした。
 愛知は2点差の九回、敵失や福島の適時打で追い付き、さらに無死満塁の好機から小野沢が内野安打を放ち、試合を決めた。
 栄徳は八回に杉本の本塁打で2点を勝ち越し一時は優位に立ったが、土壇場で力尽きた。

西愛知 7月16日 第3試合(14:00) Fブロック 3回戦

名市工 - 昭和
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
名市工 1 0 0 0 0 0 5 4 10
昭和 0 1 0 0 0 0 0 0 1

8回コールドゲーム

(名)深谷、黒田−角井
(昭)山田、水谷、内藤−城
本塁打 幕(名)

 終盤に打線が爆発した名市工が、昭和に八回コールド勝ちした。
 名市工は一回に1点を先制。七回には幕の本塁打、岡の走者一掃の三塁打など打者一巡の攻撃で5点を追加した。八回にも4点を加え勝負を決めた。
 昭和は五回に無死一、二塁と攻めるなど粘りを見せたが、攻めきれなかった。


春日井市民球場

西愛知 7月16日 第1試合(10:00) Gブロック 3回戦

中部大春日丘 - 東邦
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
中部大春日丘 0 0 5 0 0 0 0 3 0 8
東邦 2 0 0 0 2 0 1 0 6x 11

(中)筋師、泉、田中、田坂−牧
(東)扇谷、西、植田−稲留、反頭
本塁打 梅田、梶田(東)

 春夏連続の甲子園を目指す東邦が、劇的なサヨナラ勝ちで勝ち進んだ。
 東邦は3点差の九回、1死一、二塁から梅田の本塁打で同点。さらに2死一、三塁から代打梶田が値千金の本塁打を放った。
 中部大春日丘は三回に6長短打などの猛攻で逆転し、八回も3点を勝ち越すなど最後まで強豪を苦しめた。

西愛知 7月16日 第2試合(12:30) Eブロック 3回戦

享栄 - 名古屋大谷
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
享栄 10 2 0 1 1 14
名古屋大谷 1 0 0 0 0 1

5回コールドゲーム

(享)沖山、上田、三島安−籾山、三島有
(名)平原、森野、福林、前田−百瀬貴

 序盤からたたみかけたシード校・享栄が名古屋大谷を退けた。
 享栄は一回、九連続長短打の猛攻で10点を挙げた。その後も着実に加点し、危なげなく試合を制した。
 名古屋大谷は一回、盗塁などで三塁に進んだ走者が捕逸で生還し1点を返したが、その後は相手投手を攻略できなかった。


小牧市民球場

西愛知 7月16日 第1試合(9:00) Aブロック 3回戦

誉 - 瀬戸北総合
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 5 3 2 1 12
瀬戸北総合 0 0 0 1 0 1

5回コールドゲーム

(誉)松原、杉本、白石−林山
(瀬)永石、小栗、内田−小嶋
本塁打 高木(誉)小嶋(瀬)

 投打に力を発揮した誉がコールド勝ちした。
 誉は一回に高木の先頭打者本塁打で先制すると、二回は長短打に四球と敵失を絡めて5点を奪取。その後も加点し圧倒した。守っては三人の継投で散発3安打、12奪三振と抑え込んだ。
 瀬戸北総合は四回に小嶋が本塁打を放ち一矢報いたが及ばなかった。

西愛知 7月16日 第2試合(11:30) Dブロック 3回戦

西春 - 愛産大工
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
西春 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2
愛産大工 0 0 2 0 2 0 0 0 x 4

(西)尾崎−伊吹
(愛)上ノ原、茶谷−佐守

 愛産大工がシード校の西春に競り勝った。
 愛産大工は三回、連続適時打で2点を先制。五回には三沢の適時打などで2点を追加した。上ノ原と茶谷の継投でリードを守った。
 西春は五回にスクイズで1点を返し、六回にも1点を追加したが、終盤の好機を生かせず、好投手・尾崎の力投も実らなかった。

西愛知 7月16日 第3試合(14:00) Hブロック 3回戦

大成 - 一宮興道
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
大成 5 1 4 0 1 11
一宮興道 0 0 0 0 0 0

5回コールドゲーム

(大)松本皐、近藤−松岡
(一)加藤、杉谷、征矢野−鈴木雄
本塁打 渡辺(大)

 大成が大量得点で一宮勢対決を勝ち抜いた。
 大成は一回、太田、横井の2点適時打や押し出し四球で5点を先制。三回には長短打に敵失を絡めて4点を奪った。守っては、松本皐と近藤の継投で5回を0点に抑えた。
 一宮興道は序盤に毎回走者を出したが、併殺などで好機を広げられなかった。


一宮市営球場

西愛知 7月16日 第1試合(10:00) Fブロック 3回戦

日進西 - 滝
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
日進西 0 1 2 0 3 0 1 4 11
0 0 1 3 0 0 0 0 4

8回コールドゲーム

(日)長谷川−高橋
(滝)阿部、森、野々村、森−脇坂

 日進西が好機を確実に生かし、滝に快勝した。
 日進西は1点差で迎えた五回、加藤と緒方の連続適時打で3点を挙げ逆転。八回には加藤の適時二塁打などで4点を加えてコールド勝ちとした。長谷川は8安打を浴びたが要所を締め8回を自責点2にまとめた。
 滝は四回に相田の適時打などで逆転したが、投手陣の制球の乱れが響いた。

西愛知 7月16日 第2試合(12:30) Hブロック 3回戦

愛工大名電 - 誠信
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
愛工大名電 0 0 0 0 3 2 4 9
誠信 0 0 0 0 0 0 1 1

7回コールドゲーム

(愛)室田−安井
(誠)柴田、橋上、柴田、川端−柳沼
本塁打 牛島(愛)

 中盤以降に打線が爆発した愛工大名電が、シード校誠信を大差で退けた。
 愛工大名電は五回、稲生の適時二塁打などで3点を先制。七回には永井、西脇、柳本の連続適時打で4点を加え試合を決めた。室田は7回を散発4安打9奪三振の好投。
 誠信は七回、毛利、内藤の連続二塁打で1点を返したが後続が倒れ涙をのんだ。


刈谷球場

東愛知 7月16日 第1試合(9:00) Cブロック 3回戦

刈谷工 - 碧南
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
刈谷工 0 0 0 1 0 0 1 2 0 4
碧南 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2

(刈)上野、山下、上野−南
(碧)瀬戸、金丸−岡田

 刈谷工が追いすがる碧南を振り切った。
 刈谷工は四回、1死二塁から上野の左中間適時二塁打で先制。七回には四球の走者を3本のバントで手堅くかえした。
 碧南は九回、田中の適時打で2点を返し、さらに1死満塁の好機を迎えたが、再登板した上野の前にあと一本が出なかった。

西愛知 7月16日 第2試合(11:30) Gブロック 3回戦

旭丘 - 名経大市邨
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
旭丘 0 3 0 0 4 0 0 0 2 9
名経大市邨 0 0 1 0 0 3 0 3 0 7

(旭)小松、佐野−五十川
(名)後藤、鈴木亮、服部、鈴木奨、梶野−佐藤

 旭丘が粘る名経大市邨を振り切った。
 旭丘は二回、後藤が三塁打で出塁すると、小松、五十川、山本に適時打が出て3点を先制。同点の九回には敵失に乗じて決勝の2点を挙げた。
 名経大市邨は3点を追う八回に丸山の適時打や大瀬の犠飛などで追い付いたが、最終回に力尽きた。

西愛知 7月16日 第3試合(14:00) Aブロック 3回戦

桜台 - 天白
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
桜台 0 0 1 0 0 0 0 1 0 2
天白 2 0 0 0 2 0 0 2 x 6

(桜)加藤海−佐藤峻
(天)岡本−浅井

 天白が効果的に加点し、桜台に勝利した。
 天白は一回、先頭の桜木が出塁すると、湯浅の適時三塁打で生還。鹿子島の犠飛で湯浅もかえり計2点を先制した。五回、八回にも2点ずつを挙げた。
 桜台は3点を追う八回、加藤海の内野安打を足掛かりに1点を返したが、あと一歩及ばなかった。


豊田市運動公園

東愛知 7月16日 第1試合(10:00) Aブロック 3回戦

鶴城丘 - 蒲郡東
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
鶴城丘 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2
蒲郡東 0 2 0 0 0 0 1 0 x 3

(鶴)樋之口、稲垣−宮地
(蒲)岡田−庄司

 序盤で逆転した蒲郡東が逃げ切った。
 蒲郡東は1点差の二回、牧原と岡田の適時打で2点を挙げた。七回は敵失に乗じ貴重な1点を加えた。岡田は8安打を浴びたが要所を締め2失点で完投した。
 鶴城丘は八回1死満塁から鈴木の中犠飛で1点差に詰め寄ったが、後続が凡退し惜しくも敗れた。

西愛知 7月16日 第2試合(12:30) Dブロック 3回戦

菊華 - 中京大中京
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
菊華 0 0 0 0 0 0 0 0
中京大中京 0 0 3 2 0 1 1x 7

7回コールドゲーム

(菊)鈴木、平井、西−西村
(中)浦野−関岡

 中京大中京が投打で菊華を圧倒し、順当に四回戦進出を決めた。
 中京大中京は三回、三連続四球と敵失に沢井の適時打で3点を先制。その後も好機に着実に加点した。浦野は六回まで二塁を踏ませない好投を見せた。
 菊華は七回、四球などで2死一、二塁と好機をつくったが生かせなかった。


岡崎市民球場

東愛知 7月16日 第1試合(9:00) Eブロック 3回戦

新城東 - 常滑
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
新城東 0 0 1 0 0 3 0 0 0 2 6
常滑 0 0 0 2 1 0 0 0 1 1 5

延長10回

(新)山本龍、上田−白井
(常)山田、小島−河村

 延長にもつれる接戦を新城東が制した。
 新城東は三回に1点を先制。十回は1死一、三塁から、菊地、田中の連続スクイズで2点を勝ち越し、勝利を引き寄せた。
 常滑は九回に1点差を追い付き、勝ち越された十回にも二塁打で出塁の小野恵が生還し1点を返したが、最後に力尽きた。

東愛知 7月16日 第2試合(11:30) Fブロック 3回戦

豊田大谷 - 杜若
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
豊田大谷 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
杜若 1 0 1 0 0 0 0 0 x 2

(豊)野田、三代−生田
(杜)真井、鈴本晃−佐藤

 杜若が少ない好機を生かし、豊田大谷との接戦をものにした。
 杜若は一回、二塁打で出塁の鈴木を佐藤の中前適時打でかえし先制。同点の三回には羽田野の内野安打に足を絡め、敵失を誘って貴重な1点を追加した。
 豊田大谷は三回、生田と沢井の長打で1点を返したが10残塁と逸機が響いた。

西愛知 7月16日 第3試合(14:00) Eブロック 3回戦

春日井商 - 中村
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
春日井商 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
中村 0 0 0 0 1 0 5 0 x 6

(春)高橋−伊藤真、松本聖
(中)有田、横井−松本

 中村が終盤の大量点で春日井商を突き放した。
 中村は同点で迎えた七回、無死満塁から松本の左前適時打で1点勝ち越し。その後も犠飛などで加点し、この回計5点を挙げた。
 春日井商は五回、秋葉の二塁打を足掛かりに先制。九回にも1点を返しさらに2死満塁と攻め立てたが、後続を断たれた。


豊橋市民球場

東愛知 7月16日 第1試合(10:00) Hブロック 3回戦

横須賀 - 蒲郡
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
横須賀 3 2 3 0 5 13
蒲郡 0 0 0 0 2 2

5回コールドゲーム

(横)奥原−安永
(蒲)壁谷、岸塚−三浦

 横須賀が序盤から攻撃の手を緩めず圧勝した。
 横須賀は一回、先頭畠山の右中間三塁打に村沢が適時打で続き早々に先制。五回には村沢の適時二塁打や本盗など大技小技を交えて5点を加え大勢を決した。
 蒲郡は五回、無死二、三塁から富田の三ゴロや遠山の右犠飛で2点を返し、意地を見せた。

東愛知 7月16日 第2試合(12:30) Gブロック 3回戦

岡崎工 - 知多翔洋
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
岡崎工 0 0 0 0 3 1 7 11
知多翔洋 0 0 0 0 0 0 0 0

7回コールドゲーム

(岡)三矢、西岡−栗本
(知)野村、松下、松田、早川拓−片山

 岡崎工が中盤以降大量点を奪い、知多翔洋に大勝した。
 岡崎工は五回2死三塁から中田の左前適時打で先制し、さらに2死一、二塁で栗本が中前適時打で続いた。七回は四死球や敵失に適時打を絡め7点を奪った。
 知多翔洋は三回、送りバントなどで2死三塁としたが後続が倒れた。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
30 ℃/--
東京
曇り
27 ℃/--
大阪
曇り
28 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集