第100回全国高校野球選手権 愛知大会 高校野球TOPへ

応援メッセージ

パロマ瑞穂球場

西愛知 7月21日 第1試合(10:00) Bブロック 4回戦

高蔵寺 - 至学館
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
高蔵寺 0 0 0 0 0 0 0
至学館 1 2 5 1 0 1x 10

6回コールドゲーム

(高)水野世、杉本−水野颯
(至)笠川、伊豆本、笠川−牧山
本塁打 村瀬、竹内(至)

 投打に安定した至学館が危なげない試合運びでコールド勝ちした。
 至学館は二回の村瀬の本塁打、三回の竹内の2点本塁打などで着実に点を重ねた。先発笠川は変化球を織り交ぜたテンポの良い投球で相手打線を封じた。
 高蔵寺は二塁打を2本放つなど食い下がったが、適時打が出なかった。

西愛知 7月21日 第2試合(12:30) Cブロック 4回戦

名城大付 - 愛知
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
名城大付 0 0 0 0 0 0
愛知 5 0 6 0 x 11

5回コールドゲーム

(名)牧野、服部−寺井
(愛)福島、川人、中野−山本

 愛知が切れ目ない攻撃で名城大付を圧倒した。
 愛知は一回に打者一巡の猛攻で5点を先制し波に乗った。三回には七連続安打などで6点を奪い勝負を決めた。三人の投手は緩急を付けた投球で巧みに打者を打ち取った。
 名城大付は五回に得点圏に走者を進めたが、生かせなかった。


春日井市民球場

西愛知 7月21日 第1試合(10:00) Gブロック 4回戦

旭丘 - 東邦
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
旭丘 0 1 0 0 0 0 0 1
東邦 1 2 0 0 1 0 4x 8

7回コールドゲーム

(旭)小松、石脇、前川−五十川
(東)植田、奥田−反頭
本塁打 梅田(東)

 東邦が終盤の猛攻で旭丘を退けた。
 東邦は同点の二回、梶田の三塁打を足掛かりに敵失などで2点を勝ち越し。七回には石川の二塁打や梅田の本塁打などで4点を奪ってコールド勝ちを収めた。
 旭丘は二回無死一塁から後藤の三塁打で1点を返したが、先発小松が六回で降板したことが惜しまれた。

西愛知 7月21日 第2試合(12:30) Eブロック 4回戦

中村 - 享栄
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
中村 0 0 0 0 0 0
享栄 0 0 3 0 7x 10

5回コールドゲーム

(中)有田、岡田、横井−松本
(享)沖山−籾山
本塁打 嘉名、佐久間(享)

 享栄が14安打の猛攻で中村に大勝した。
 享栄は3点リードの五回、嘉名と佐久間の本塁打など打者一巡の攻撃で一気に7点を奪い、コールド勝ちを決めた。沖山は打たせて取る好投で5回を1安打に抑えた。
 中村は一回と四回に浅野が塁に出たが、得点につなげられなかった。


小牧市民球場

西愛知 7月21日 第1試合(10:00) Aブロック 4回戦

誉 - 天白
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
天白 0 0 0 3 0 0 0 0 x 3

(誉)白石、小栗−林山
(天)岡本−浅井
本塁打 浅井(天)

 リードを守り切った天白が春の王者・誉を退け8強入りを果たした。
 天白は四回、2死一、二塁から浅井が試合を決める3点本塁打を放った。岡本は緩急を織り交ぜた投球で要所を締め完封した。
 誉は、天白を上回る7安打で何度も好機をつくったが本塁が遠く、投手陣を援護できなかった。

西愛知 7月21日 第2試合(12:30) Dブロック 4回戦

愛産大工 - 中京大中京
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
愛産大工 0 0 0 0 2 0 0 1 0 3
中京大中京 0 2 1 0 0 1 0 0 x 4

(愛)上ノ原、茶谷−佐守
(中)浦野、板倉−関岡
本塁打 浦野(中)

 中京大中京が序盤と中盤に加点し、粘る愛産大工を振り切った。
 中京大中京は二回、2死二塁から浦野が中越えの2点本塁打を放ち先制。六回には中山の左犠飛で貴重な追加点を挙げた。
 愛産大工は五回に適時打とスクイズで2点を返し、八回にも1点を挙げ食い下がったが及ばなかった。


一宮市営球場

西愛知 7月21日 第1試合(10:00) Fブロック 4回戦

名市工 - 日進西
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
名市工 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
日進西 0 1 0 0 0 5 1 0 x 7

(名)深谷、黒田−角井
(日)長谷川−高橋

 投打がかみ合った日進西が名市工を突き放しベスト8に名乗りを上げた。
 日進西は同点の六回、長谷川、黒田の連続適時打など打者十一人の猛攻で5点を挙げ主導権を握った。長谷川は10奪三振の力投で危なげなく完投した。
 名市工は一回に1点を先制したが、その後は打線が精彩を欠いた。

西愛知 7月21日 第2試合(12:30) Hブロック 4回戦

愛工大名電 - 大成
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
愛工大名電 0 1 5 4 4 0 0 0 2 16
大成 0 1 7 3 0 0 0 3 0 14

(愛)横井、森、大谷、室田、秋山−粟田、安井
(大)小島圭、滝、近藤、松本皐−松岡、小島諒
本塁打 西脇、粟田(愛)服部(大)

 両チーム計37安打の乱打戦は愛工大名電に軍配が上がった。
 愛工大名電は1点差の五回、牛島の適時三塁打などで4点を挙げ逆転。同点で迎えた九回には、敵失と稲生の中犠飛で決勝の2点を奪った。
 大成は猛打で強豪を追い詰めたが、5失策と守備の乱れが悔やまれた。


刈谷球場

東愛知 7月21日 第1試合(10:00) Hブロック 4回戦

横須賀 - 安城
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
横須賀 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
安城 0 0 1 0 2 0 0 0 x 3

(横)奥原、道嶋−安永
(安)伊藤−杉浦拓

 安城が1点差を守り横須賀を振り切った。
 安城は三回、左前打で出塁した鈴木輝が盗塁で三進し、杉浦智の適時二塁打で生還。五回には藤橋の中前適時打で2点を加えた。伊藤は5安打に抑え完投。
 横須賀は六回、村沢の二塁打と敵失で2点を返したが、終盤は打線が沈黙し惜しくも敗れた。

東愛知 7月21日 第2試合(12:30) Cブロック 4回戦

刈谷工 - 刈谷
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
刈谷工 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2
刈谷 1 0 0 0 1 0 1 0 x 3

(工)上野−南
(刈)田村蒼−古市

 刈谷が四番の活躍で刈谷対決を制した。
 刈谷は一回1死一、三塁の好機で古市が右越え二塁打を放ち1点を先制。古市は七回にも2死二塁で左越え適時二塁打を放つなどチームの全打点を挙げた。
 刈谷工は2点を追う九回に1点を返し、さらに1死二、三塁と攻めたが、後続が倒れ惜敗した。


豊田市運動公園

東愛知 7月21日 第1試合(10:00) Eブロック 4回戦

日福大付 - 新城東
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
日福大付 1 0 1 0 4 0 0 0 1 7
新城東 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

(日)山本、谷輪、榊原−小林
(新)上田、中尾、山本龍−白井
本塁打 小林(日)

 投打ががっちりとかみ合った日本福祉大付が準々決勝進出を決めた。
 日本福祉大付は一回2死一、二塁に鳥越の適時打で先制。五回には小林の2点本塁打などで4点を加えた。継投した三投手は反撃の隙を与えなかった。
 新城東は九回に2死一、二塁とする粘りを見せたが、後続が倒れ涙をのんだ。

東愛知 7月21日 第2試合(12:30) Aブロック 4回戦

蒲郡東 - 半田
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
蒲郡東 0 0 0 0 0 0
半田 2 0 4 3 1x 10

5回コールドゲーム

(蒲)岡田、小林、山脇−庄司
(半)中谷、新美−山盛
本塁打 竹内澪(半)

 打線が爆発した半田がコールド勝ちを収めた。
 半田は一回、1死二塁から竹内澪が2点本塁打を放ち先制。三回には5安打に犠打や四球を絡めて4点を追加した。先発の中谷は、4回を無安打に抑える好投を見せた。
 蒲郡東は投手陣が誤算。五回に山脇が中前打を放ち意地を見せた。


岡崎市民球場

東愛知 7月21日 第1試合(10:00) Fブロック 4回戦

杜若 - 愛産大三河
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
杜若 0 0 0 0 0 0
愛産大三河 8 0 3 0 x 11

5回コールドゲーム

(杜)真井、鈴本晃−佐藤
(愛)上田−桜井

 愛産大三河が序盤に大量点を奪い、杜若にコールド勝ちした。
 愛産大三河は一回1死一、二塁から上田の適時二塁打で先制。さらに長短打を連ね、この回計8点を挙げ相手を圧倒した。上田は5回で8三振を奪う力投。
 杜若は四回、曽我の二塁打で1死二、三塁と攻めたがあと一本が出なかった。

東愛知 7月21日 第2試合(12:30) Bブロック 4回戦

西尾東 - 西尾
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
西尾東 0 2 5 3 0 2 0 12
西尾 5 0 0 0 0 0 0 5

7回コールドゲーム

(西東)磯村−中村
(西)木下、関根、木下−榊原

 西尾東がシード校の西尾に快勝した。
 西尾東は3点を追う三回、加藤の適時二塁打などで5点を挙げ逆転。その後も好機を生かし得点を重ね、コールド勝ちとした。
 西尾は一回、3四死球に犠打や長打を絡めて5点を先制したが、その後は立ち直った西尾東・磯村に完全に抑え込まれた。


豊橋市民球場

東愛知 7月21日 第1試合(10:00) Dブロック 4回戦

豊川 - 大府
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
豊川 4 0 1 7 0 12
大府 0 2 0 0 0 2

5回コールドゲーム

(豊)竹田−桑名
(大)大西、奥平、甲斐−津田
本塁打 立花、竹内2(豊)

 強豪同士の一戦を豊川が猛攻で制した。
 豊川は一回、野選とスクイズで2点を挙げ、さらに立花が2点本塁打を放ち4点を先制。四回には三連続適時打や本塁打などで7点を加え圧倒した。竹内は2本塁打5打点の活躍。
 大府は二回、2死満塁から馬渕の適時打で2点を返したが、後続を断たれた。

東愛知 7月21日 第2試合(12:30) Gブロック 4回戦

豊橋中央 - 岡崎工
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
豊橋中央 0 0 0 0 0 0 0 1 6 7
岡崎工 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2

(豊)三浦、花井、渡辺−小林
(岡)三矢、柵木、西岡−栗本

 豊橋中央が終盤に大量点を挙げ岡崎工を退けた。
 豊橋中央は同点の九回、1死三塁から山内が左前適時打を放ち1点勝ち越し。その後も小林、彦坂、中西の適時打で5点を加え勝利を決定づけた。
 岡崎工は七回、野々山の左犠飛で1点を先制するなど、シード校と互角に戦ったが、最後は押し切られた。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ一時雨
30 ℃/21 ℃
東京
曇り
26 ℃/18 ℃
大阪
雨のち晴れ
29 ℃/23 ℃
  • 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集