第100回全国高校野球選手権 愛知大会 高校野球TOPへ

応援メッセージ

岡崎市民球場

西愛知 7月25日 第1試合(9:00) 準決勝

至学館 - 東邦
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
至学館 3 0 0 0 0 0 0 3
東邦 3 0 0 0 2 2 3x 10

7回コールドゲーム

(至)笠川、伊豆本、笠川、加藤、笠川−牧山
(東)扇谷−反頭
<本塁打>梅田(東)

 強豪を破って勢いに乗る至学館を、東邦が自慢の強打で退けた。
 東邦は一回、梅田の本塁打などで同点とし、五回は敵失や長短打で2点勝ち越し。七回には無死満塁から林の走者一掃の適時三塁打で試合を決めた。扇谷は二回以降を0点に抑えた。
 至学館は一回に竹内、牧山の適時打で3点を先制し波に乗りかけたが、8四死球、5失策と投守が乱れ大量失点を許した。

西愛知 7月25日 第2試合(11:30) 準決勝

愛工大名電 - 享栄
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
愛工大名電 0 0 0 0 0 4 0 0 0 1 5
享栄 0 0 0 0 0 0 0 3 1 0 4

延長10回

(愛)室田、秋山−安井
(享)沖山、上田、奈加−籾山
<本塁打>佐久間(享)

 「私学四強」同士が激突した好ゲームは愛工大名電に軍配が上がった。
 愛工大名電は六回、四球や敵失に安井の適時打などを絡めて4点を奪い均衡を破った。延長十回では再び安井が中越え適時二塁打を放ち、突き放した。
 享栄は八回に佐久間の本塁打などで3点を返し、九回も2死から敵失の間に同点として食い下がったが、度重なる好機を生かせなかったことが響いた。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
30 ℃/--
東京
曇り
27 ℃/--
大阪
曇り
28 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集