第100回全国高校野球選手権 静岡大会 高校野球TOPへ

常葉大菊川が甲子園へ

2018/7/27

東のサヨナラ打で甲子園出場を決め喜ぶ常葉大菊川のナインと、マウンドでうずくまる島田商のエース小林(右から2人目)=草薙球場で

東のサヨナラ打で甲子園出場を決め喜ぶ常葉大菊川のナインと、マウンドでうずくまる島田商のエース小林(右から2人目)=草薙球場で

 第100回全国高校野球選手権静岡大会は27日、静岡市駿河区の草薙球場で決勝があり、常葉大菊川が接戦の末に6−5で島田商にサヨナラ勝ちし、2年ぶり6回目の夏の甲子園出場を決めた。78年ぶりの出場を目指した島田商は、あと一歩及ばなかった。

 強力打線同士の対戦は息詰まるシーソーゲームになった。三回に先制した常葉大菊川が主導権を握ると、島田商は七回表に逆転。同点の八回表に再び勝ち越した。その裏、常葉大菊川が2点を挙げて逆転すると、粘る島田商は九回表に2死から出塁し、同点打で食らい付いた。常葉大菊川はその裏、2死満塁から遊撃手強襲のサヨナラ打で試合を決めた。

応援メッセージ

草薙球場

7月27日 第1試合(13:00) 決勝

島田商 - 常葉大菊川
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
島田商 0 0 0 0 1 0 2 1 1 5
常葉大菊川 0 0 1 0 1 0 1 2 1x 6

(島)小林−斎藤
(常)漢人−根来

 常葉大菊川が最後に打ち勝った。小刻みな点の取り合いから、3−4と1点を追う八回、根来の適時打などで2点を入れて勝ち越し。九回に追いつかれたが、その裏、2死満塁から東がサヨナラ打を放った。
 78年ぶりの甲子園を目指した島田商は九回2死から追いつく粘りを見せたが、先発小林が力尽きた。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り一時雨
13 ℃/8 ℃
東京
曇り一時雨
13 ℃/8 ℃
大阪
曇り一時雨
13 ℃/10 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集