紙面ビュー

中日新聞が発行するセレクト紙面をご覧になれます。

紙面ビューの使い方

平成のスポーツ

 中日新聞朝刊運動面に火曜日〜土曜日に掲載されるコーナーです。残り1年を切った平成時代を振り返り、30年の間に起こったスポーツの出来事を紹介しています。紙面をクリックすると、紙面ビューに入ります。

紙面ビューの使い方

  • 大相撲夏場所千秋楽。優勝決定戦で負傷を押し出場の貴乃花が武蔵丸に勝ち22度目V。小泉首相は「痛みに耐えてよく頑張った。感動した」。 平成13(2001)年5月27日

  • 日米24勝のプロゴルファー宮里藍が今季限りでの引退を発表。31歳の決断に衝撃が走った。2010年には、世界ランク1位にもなった。 平成29(2017)年5月26日

  • 日米24勝のプロゴルファー宮里藍が今季限りでの引退を発表。31歳の決断に衝撃が走った。2010年には、世界ランク1位にもなった。 平成29(2017)年5月26日

  • Jリーグ名古屋の元イングランド代表のFWリネカーが横浜F戦で日本初得点。CKからヘディングで決めた。リーグ開幕から4試合目。 平成5(1993)年5月26日

  • 大相撲夏場所で2場所連続優勝した若乃花の66人目の横綱昇進が確実に。貴乃花との兄弟同時横綱が誕生した。大関在位は29場所だった。 平成10(1998)年5月25日

  • バドミントン国・地域別対抗戦、トマス杯決勝で日本男子が桃田賢斗らの活躍でマレーシアを破り初の世界一。同杯は1949年から続く。 平成26(2014)年5月25日

  • プロ野球日本ハム新人の大谷翔平が交流戦ヤクルト戦で投手デビュー。150キロ台を連発。最速157キロ。5回6安打2失点2奪三振。 平成25(2013)年5月23日

  • ゴルフのアニカ・ソレンスタムが、米男子ツアーに、58年ぶりに女子選手として出場。第1ラウンドは71で、113人中73位だった。 平成15(2003)年5月22日

  • 米マリナーズのイチローが、タイガース戦で日米通算2000安打(日本1278、米722)。13年目(実質11シーズン)の速さで達成した。 平成16(2004)年5月21日

  • 石川遼がゴルフマンシングウェアKSB杯で優勝。15歳8カ月は日本男子ツアー史上最年少記録。「自分がここにいていいのかな」 平成19(2007)年5月20日

  • 大相撲夏場所千秋楽。前頭7枚目の旭天鵬が栃煌山と初の平幕同士の優勝決定戦を制する。11年ぶり平幕V。37歳8カ月初優勝は最年長。 平成24(2012)年5月20日

  • 大相撲夏場所千秋楽。前頭7枚目の旭天鵬が栃煌山と初の平幕同士の優勝決定戦を制する。11年ぶり平幕V。37歳8カ月初優勝は最年長。 平成24(2012)年5月20日

  • プロ野球巨人の槙原寛己が広島戦で史上15人目の完全試合。201球で7奪三振。「生きていて良かった」。 平成6(1994)年5月18日

  • ゴルフの日本プロ選手権。尾崎3兄弟の三男・直道が5アンダーで初優勝。2位に長男・将司、3位に次男・健夫と3位まで独占した。 平成11(1999)年5月16日

  • 大相撲夏場所4日目。23歳遠藤が横綱鶴竜を寄り倒して初金星。初土俵から8場所目は史上2番目の早さだった(1位は武双山の7場所)。 平成26(2014)年5月14日

  • 大相撲夏場所初日。18歳9カ月の貴花田が35歳11カ月の横綱千代の富士に初挑戦。寄り切りで破る。金星獲得の最年少記録だった。 平成3(1991)年5月12日

  • プロ野球で、セ・パ両リーグが対戦する交流戦(各36試合)が開始。2リーグ分立から56年目で実現した。 平成17(2005)年5月6日

  • プロ野球で、セ・パ両リーグが対戦する交流戦(各36試合)が開始。2リーグ分立から56年目で実現した。 平成17(2005)年5月6日

  • プロ野球元巨人・長嶋茂雄さん、松井秀喜さんの国民栄誉賞授与式が東京ドームで、巨人−広島戦の前に行われた。 平成25(2013)年5月5日

  • プロ野球元巨人・長嶋茂雄さん、松井秀喜さんの国民栄誉賞授与式が東京ドームで、巨人−広島戦の前に行われた。 平成25(2013)年5月5日

  • プロ野球元巨人・長嶋茂雄さん、松井秀喜さんの国民栄誉賞授与式が東京ドームで、巨人−広島戦の前に行われた。 平成25(2013)年5月5日

  • プロ野球中日・谷繁元信監督兼捕手(44)が阪神戦で今季1号。自身の日本記録を更新する27年連続本塁打(通算229号)を達成した。 平成27(2015)年5月4日

  • プロ野球近鉄から米ドジャースに入団した“トルネード”野茂英雄が、ジャイアンツ戦でメジャーリーグ初登板。5回91球1安打7奪三振。 平成7(1995)年5月2日

  • 石川遼(18)が中日クラウンズ最終日で主要ゴルフツアー最少となる58ストロークを達成し逆転優勝。12バーディー、ノーボギーだった。平成22(2010)年5月2日

  • 石川遼(18)が中日クラウンズ最終日で主要ゴルフツアー最少となる58ストロークを達成し逆転優勝。12バーディー、ノーボギーだった。平成22(2010)年5月2日

  • 石川遼(18)が中日クラウンズ最終日で主要ゴルフツアー最少となる58ストロークを達成し逆転優勝。12バーディー、ノーボギーだった。平成22(2010)年5月2日

  • 石川遼(18)が中日クラウンズ最終日で主要ゴルフツアー最少となる58ストロークを達成し逆転優勝。12バーディー、ノーボギーだった。平成22(2010)年5月2日

  • F1ドライバーのアイルトン・セナがサンマリノGP決勝レースで時速300キロ超の速度でフェンスに激突し死亡。通算41勝。34歳だった。 平成6(1994)年5月1日

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
30 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
26 ℃/--
大阪
晴れ
29 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集