動画コーナー

ノスタルジックに映画鑑賞 羽島市映画資料館

おすすめ 2016/10/31

 芸術の秋は、懐かしい映画で…。岐阜県羽島市には、映画に関する貴重な資料を集めた資料館がある。

 1971(昭和46)年に惜しまれつつ営業を終了した映画館「竹鼻朝日館」の跡地に、市がまちおこしの期待を込めて、1996(平成8)年に「羽島市映画資料館」としてオープン。同市の文化財や民俗資料などを展示する「羽島市歴史民俗資料館」と併設された。 映画が大衆娯楽の中心として楽しまれたに昭和中期の映画ポスターをはじめ、フィルム映画に必要な映写機など約10万点の資料を収蔵、展示。現在も全国各地の映画ファンや映画館などから寄贈の協力を受けて、資料を保管している。

 毎月第2土曜には「映画のつどい」を開催。来館者のアンケートをもとに選ばれた作品を上映。1日2回(午前10時と午後2時)、懐かしい旧作映画を鑑賞することができる。

 月曜休館。大人(高校生以上)300円、中学生以下無料。営業時間は午前9時〜午後5時まで(入館は午後4時半まで)。問い合わせは、羽島市歴史民俗資料館・映画資料館=電058(391)2234=へ。

【映像】岐阜県羽島市の市映画資料館で(田中康介撮影)

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち一時雨
26 ℃/19 ℃
東京
曇り時々晴れ
27 ℃/21 ℃
大阪
曇りのち一時雨
28 ℃/21 ℃
  • 東名, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集